若い人から高齢者まで、男女問わずに悩みの種となっている腰痛。

腰痛がひどく、日常生活に影響を及ぼしてしまっている人は多くいます。

また腰痛は医療機関で検査をしても8割ほどの腰痛は原因を特定できず、異常がみつけられないものだと言われています。

特に原因が見つかりにくいことが多いのが「慢性腰痛」です。

腰痛は「急性腰痛」と「慢性腰痛」に分類されますが、慢性腰痛とは特に体に異常がない、または治療が長引いているような場合で、3ヶ月以上腰痛が続いている状態を言います。

急性腰痛とは、体に異常があった時に警告信号として痛みを出すもので、この腰痛は治るのも比較的早いです。

背骨の骨の間にある椎間板が突出して、腰の神経を刺激してしまうことで痛みが起きる「椎間板ヘルニア」などが、急性腰痛の代表的なものですね。

慢性腰痛のように原因が見つかりにくく、長引いてしまう腰痛の中にはストレス、うつ、ヒステリーといった精神的なことが要因となっていることがあるのは、ご存知ない人もいるのではないでしょうか?

ストレス社会と言われる現代では、原因不明とされる腰痛や治りにくい腰痛には精神的な「心の問題」が関わっているケースが多く見られます。

では、そのような心の問題がなぜ腰痛に関係してくるのか?

この記事では、なぜストレスなどが原因で腰痛が発症するのかについて見ていきます。

 

ストレスが原因で腰痛が起きるメカニズム

 

ストレスの原因とは人によって様々とは思いますが、職場での人間関係や家庭での環境などが挙げられるのではないでしょうか。

身体には「鎮痛系」という痛みを抑える経路があり、痛みをの情報が上がってこれないようにブロックする仕組みがあります。

これを「下行性疼痛制御系」と呼びますが、ストレスがない、また少ない場合は通常この下行性疼痛制御系が働くことによって腰痛などの痛みを制御してくれます。

 

ですが身体がストレスにさらされると、痛みを制御する仕組みが機能しまくなってしまい、少しの痛みでも激痛に感じたり、また痛みが長引くといった状態になってします。

これは脳内の「ドーパミン」という神経伝達物質が関係しています。

痛みが発生した時、通常のストレスにさらされていない身体の場合では、ドーパミンの働きによって鎮痛作用のある物質が放出され、「セロトニン」「アドレナリン」といった神経伝達物質も放出されます。

すると脳に痛みを伝える経路をシャットアウトして、痛みを制御します。。

ところが、身体が長期間ストレスにさらされてしまうと、痛みを生じてもドーパミンが働かなくなってしまい痛みをシャットアウトできなくなって痛みを感じやすくなってしまいます。

また、このようなストレスなどによる心の問題が原因の腰痛を心因性腰痛(ストレス腰痛)と言います。

 

心因性腰痛の診断

 

心因性以外の、筋肉の疲労や腰そのものの異常が原因で起きる腰痛であれば、整形外科で診てもらうことで具体的な原因が特定でしょう。

またその場合、専門医の指導のもとで治療すれば、腰痛を軽減させ、改善に結びつけることができます。

ですが、心因性腰痛を発症している場合は、身体の治療をおこなっても改善はできません。

特に、肉体的なことが原因の腰痛と、心因性腰痛を同時に発症している場合は厄介で、原因は異なっていても症状の区別は専門医でも正しく判断できないことがあります。

そのような場合、身体の治療をおこなったにも関わらず改善といった状態になって、初めて精神的なことが原因である疑いがでてきます。


スポンサーリンク


慢性的なストレスのサインとは

 

腰痛の原因にもなることのあるストレスですが、ストレスにさらされた時には身体に何かしらの変化がみられることがあります。

典型的なものですが、どのような身体の変化がストレスにさらされている時のサインになるのかも見ていきましょう。

 

・なかなか寝付けないといった睡眠障害

・イライラしてしまうことが多い

・お腹は空いているはずなのに、食欲がでない

・なんとなく不安で、気持ちにゆとりが持てない

・仕事が休みの日なのに、仕事の事が頭か離れない

 

このようなものが挙げられます。

 

腰痛の原因になるストレスから抜け出すには

 

ストレスは仕事をしている人や、育児をしている人にはどうしてもたまりやすいものですね。

また、そのような方々がストレスを受けないように気をつけるというのも、なかなか難しいものです。

ですので、どうしたらストレスを受けないかではなく、ストレスを受けたらこまめに発散・解消していくことが理想です。

ストレスが原因で慢性腰痛を抱えている人は、ストレスを受けると腰痛がでてしまい、またその腰痛がさらにストレスを大きくしてしまうといった悪循環におちいってしまう人も少なくありません。

また腰痛のせいで、約束していた友人や恋人との予定や、仕事での大切なお得意様との打ち合わせに行けなかったりすることでさらにストレスは大きくなってしまうでしょう。

従ってストレスが原因で腰痛を抱えている人は、まずストレスをこまめに発散して溜めないことと、心のケアを大切にすることが、この悪循環から抜け出す方法でしょう。

 

腰痛とストレスの両方を対策できる方法

ストレスが原因で腰痛を抱えている人は、悪循環におちいりやすいということは先ほどもお伝えしましたが、実はそういう人におすすめな解消法があります。

それは身体を動かすことです。

ストレッチ、ウォーキングなどの軽い運動は、ストレスを解消すると共に腰痛の改善にも期待ができ、予防や再発防止に有効があることが近年わかってきました。

ですがストレッチや運動は、すでに腰痛を発症している状態である場合は逆に腰痛を悪化させてしまうことがあります。

ストレッチや運動はひとまず腰痛が改善されてから取り組んでいきましょう。

 

また、自己流で筋トレなども腰をかえって痛めてしまうケースが多いです。

確かに腹筋や背筋の筋肉を保つことも大切ですが、筋トレをする場合一度かかりつけの医師に相談することをおすすめします。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

ストレスは身体に様々な異常を起こしますが、腰痛も例外ではありません。

何が原因で腰痛が起きているのかが分からない場合、悩んで医師への相談や診察を先延ばしにするよりも、とりあえずは医師に相談して状態を見てもらうことが早く腰痛から解放されることに繋がります。

特に心の問題で腰痛を起こしている人は、何が原因かわからないという不安から解放されるだけでも腰痛を軽減できることがあるかもしれません。

この記事をごらんになられた方は、一度これをきっかけに医師に相談しに行ってみてください。

1人で悩んでいるよりもきっと良い方向に進みます。

以上が「腰痛の原因はストレス?現代人に増える慢性腰痛の正体」の記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。