タブレットが登場する以前はパソコンで使うキーボードと言えば、物理的なキーボードが一般的でした。

しかし物理的にキーボードを持たないタブレットの普及と共に登場したのが、パソコンの画面に直接触れて操作するタッチキーボードです。

このパソコンのタッチキーボードは、今までにはなかった機能なだけに、まだ使い方を熟知している人は少ないようですね。

不意の操作で何かを消してしまったりすると、どうしていいか分からなくなったりしますので少し知識をつける必要があるかもしれません。。

今回の記事では、タッチキーボードをパソコンの画面に表示させる方法について見ていきたいと思います。

 

タッチキーボードを利用できるのはwindows8から

 

まず前提的な話になりますがタッチキーボードが実装されたのはwindows8からです。

なのでそもそも実装されていないWindows7ではこれから紹介する方法を実践してみても、タッチキーボードは表示できません。

どうしてもWindows7でタッチキーボードを利用したい場合は、下記で紹介するスクリーンキーボードを利用しましょう。

 

タッチキーボードがない場合はスクリーンキーボード

 

タッチキーボードはパソコンの画面上で操作するソフトウェアキーボードですが、何も初めてのソフトウェアキーボードがタッチキーボードというわけではありません。

Windowsでは実は以前から似たような機能は実装されていてwindows7以前からソフトウェアキーボードの1つである「スクリーンキーボード」を標準の機能として搭載していました。

こちらを利用する場合には次の手順をおこなってください。

 

⇒スタートメニュー

⇒全てのプログラム

⇒アクセサリ

⇒コンピュータの簡単操作

 

このようにフォルダを追っていくと文字通り「スクリーンキーボード」という名前のソフトが入っています。

 

スクリーンキーボードとタッチキーボードの違い

 

ではWindowsは何故すでにスクリーンキーボードがあるのに、それとは別にタッチキーボードが実装されたのでしょうか。

それにはwindows8から生まれた「画面を指でタッチして操作」するという操作方法が関係しています。

Windows7以前からスクリーンキーボードは物理的なキーボードとほぼ変わらない機能を搭載している分、サイズが大きめなのに対し、その反面1つ1つのキーは小さめです。

これはマウスなどの入力機器を通して入力する事を想定しているからです。

従ってカーソルなどよりも明らかに太くなる「人の指」のタッチを感知するには不向きなものとなっているのです。

そこで人の指のサイズを考慮して誤入力を起こしにくいように、再び設計し直したソフトウェアキーボードがタッチキーボードになります。

タッチキーボードはスクリーンキーボードと比較すると1つ1つのキーが大きい分、特定のキーが省略されていたりキーボードの設定を切り替えて入力する必要があります。

単純なキーボードの使い勝手という意味では、スクリーンキーボードよりも一歩劣ります。

もちろん重要なキーは出来るだけ入力しやすいように設計されているので、安心して使う事ができます。


スポンサーリンク


タブレットで誤ってタッチキーボード消してしまった場合

 

そんなタッチキーボードですが、タブレットの場合、初期設定ではインターネット検索やメモ帳などのキーボードによる入力が必要な場面になると自動で表示されるようになっています。

タブレットで誤って消してしまった場合、別に物理的キーボードを持っているノートPCやデスクトップ型の場合はタスクバーに格納された状態になっています。

タスクバーにある該当のマーク(一般にタッチキーボードボタンと呼ばれます)に触れればすぐにタッチキーボードが起動してくれます。

 

タスクバーに表示されていなかったら?

もしタスクバーにタッチキーボードボタンの表示されていない場合にはどうすればいいのでしょうか。

ここからの操作はOSによっても違いがあります。

 

Windows8の場合

Windows8では、タスクバー上の何も無い所で右クリックをすると表示される「メニュー」の中から、⇒「ツールバー」⇒「タッチキーボード」の手順で項目を追っていきます。

チェックボックス式なのでチェックを入れればタッチキーボードが表示されます。

 

Windows10の場合

Windows10でもタスクバーの何も無い所で右クリックをするのは一緒ですが、素右クリックで開くメニューの中に最初から「タッチキーボードボタンを表示」という項目があります。

それをクリックする事でタスクバーにタッチキーボードが表示されるようになります。

Widows10の場合もチェックボックス式なので再度同じ操作をすれば非表示にする事が可能です。

 

タッチキーボードは無効化する事も可能

 

タブレットでは標準的な入力方法として重宝するタッチキーボードですが、デスクトップPCや2in1PCを利用している人にとってはかえってその存在が邪魔になる場合もあります。

上記の方法でボタンを非表示にしても、それはただ手動で表示させるボタンを非表示にしているだけで機能としては生きています。

タッチキーボードを完全に無効にしたいのであれば、コントロールパネルから該当するサービスの機能の停止作業を行う必要があるので注意しておきましょう。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

タッチキーボードを表示させるのはそれほど難しくありませんが、重要なのはそれをストレスなく使えるようにすることです。

タブレットを利用する機会が増えた現在、物理的なキーボードはもちろん、タッチキーボードもある程度使いこなせるようになっておく必要があります。

タッチキーボードをどれだけ使いこなせるかが、タブレットPCを利用する価値を生むと言えるのではないでしょうか。

配列は物理的なキーボードに近い物からオリジナルの物まで複数の中から選択できるので、使いやすい物を見つけて慣れておきましょう。

以上がパソコンの画面にタッチキーボードを表示させる方法に関する記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。