杖は足腰の弱ってきた高齢者の方などにとって必要不可欠なものですね。

歩行が困難な方でも、やはり外で散歩したり、お買い物に行ったりすることは気持ち的にも前向きになれるでしょう。

杖は手軽にどこでも持ち運べますし、簡単に誰でも使えます。

また最近では折り畳み式の杖というのも一般的になっていますね。

ですが、稀に怪我をしてしまう方がおられるのも事実です。

意外と間違った杖の使い方をしている人は多く見られます。

便利な杖ではありますが、よければ今一度、杖の使い方について見てみませんか?

この記事では杖の使い方ついてお伝えしていきたいと思います。

 

杖の使い方の基本

 

杖を使う時の基本中の基本として、杖は悪い方の足とは反対の手で持ちます。(左足が悪い場合は右手で持ち、右足が悪い場合は左手で杖を持ちます)

これはどのような状況でも同じですので、必ず守ってください。

よくある、間違った杖の使い方として多いのが、悪い方の足に関係なく利き手で杖を持つことです。

これは非常に多く見られます。

右足が悪いのに右手で杖を持っていては、杖本来の役割を果たせていません。

杖の本来の役割は、悪い方の足にかかる体の重みを少し杖に逃がし、負担を和らげることです。

必ず悪いほうの足とは逆の方の手で杖を持ちましょう。

それでは、杖を使っての動き方について見ていきましょう。

 

歩き方


まずは、杖を前に出します。


杖を前に出したら、次に悪い方の足を先に一歩前へ出します。


悪い足を一歩前へ出したら、良い方の足も前に出し、両足を揃えた状態にします。

 

これを繰り返しおこなうのが、杖使っての基本的な歩き方です。

 

階段の昇り方


まずは、杖を前に出します。(自分の立っている段の一段上に出す)


杖を出したら、悪くない方の足を先に前に出します。(杖の乗っている段に乗せる)


杖と悪くない側の足を先に前に出したら、最後に悪い方(痛む方)の足も前に出し、両足を揃えた状態になりましょう。

 

階段を昇る時はこのように昇ります。

では階段の降り方についても見ておきましょう。

 

階段の降り方


まずは、杖を前に出します。(自分が立っている段の一段下に出す)


杖を出したら、次は悪い方(痛む方)の足を先に前に出します。(杖の乗っている段に降ろす)


杖と悪い方(痛む方)の足を先に降ろしたら、最後に悪くない方の足も降ろして両足を揃えた状態になりましょう。

 

※注意※ご覧になられた通り、階段を昇る時と降りる時では先に出す足が違いますので注意しましょう。

 

障害物の越え方

外を歩いていると、少し上に出っ張った障害物があることもありますね。

昇ったりする面積もなく、足を「よいしょっ」と越えさせなければならない時の杖の使い方も見ておきましょう。

 


まず、できるだけ障害物のそばまで体を近づけます。


障害物に近づいたら、一旦両足を揃えましょう。


そしたら、まずは杖を障害物の向こう側に置きます。


杖を障害物の向こう側に置いたら、杖に体重の乗せながら、悪い方(痛む方)から先に向こう側にまたがします。


そして最後に悪くない方の足も向こう側にまたがせて、両足を揃えた状態になるようにします。

 

溝などを越える時もこの要領でおこないます。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

杖の使い方は非常に簡単なものですが、知らなければしっかりと悪い足を支えてはくれません。

杖を持って歩いているだけで、支えられていると思い込んでいるだけなのです。

ちゃんと自分の知識とすることで、痛む足を少し楽にすることができるかもしれませんので、参考にしていただければ幸いです。

以上が杖の正しい使い方に関する記事となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。