統合失調症は、意外に身近な疾患というのはご存知でしょうか?

この疾患は生涯発症率が100人に1人、約1%と言われております。

また統合失調症は、症状が本格的になる前に治療することが非常に大事で、初期の段階で早期発見して早期治療することができればその人の将来を守ることに繋がります。

その人の人生を大きく左右すると言っても良いです。

 

ですが統合失調症の初期症状とは、特徴的でわかりやすい症状というものは少く見逃してしまうことが多いのが実情です。

この記事ではそのように見逃してしまいがちな初期症状についてお伝えしていきたいと思います。

どのような症状があらわれるのかを正しく理解することで、初期症状を見逃さずに済む確率は確実に上がるはずです。

 

統合失調症の経過とは

 

統合失調症の初期症状にはどのようなものがあるのかを理解するには、まずどうゆう流れで症状が進行していくかを知ることが必要です。

あくまでも典型的な例ですが、統合失調症の経過について見ていきましょう。

症状が進行していく流れとしては以下の4段階なります。

 

段階①「前駆期」:この段階では「なんとなくおかしい」といったような違和感があるが、はっきりした症状はでない時期です。

 

段階②「急性期」:この段階になると幻覚・妄想などといった症状が激しくあらわれてきます。

 

段階③「消耗期」:急性期の反動で、自閉、意欲低下、無気力、感情平板化といった症状があらわれます。

 

段階④「回復期」:少しずつ緩やかに症状が回復していきます。

 

これが統合失調症の4段階ある典型的な経過具合です。

専門の医師に診てもらい薬などでしっかり再発予防をすれば、この経過を一周するだけで済むでしょう。

ですがストレスの多い環境や、薬をちゃんと飲まなかったりすると再発してしまうことがあります。

再発するとこの段階①~段階④を何度も繰り返してしまうことになってしまうでしょう。

この記事で見ていく統合失調症の初期症状とは段階①の「前駆期」に起きる症状のことを言います。

症例や人によっても異なりますが、前駆期は一般的に3~5年続くと言われ、その後段階②の「急性期」に入ると激しい幻覚や妄想といった症状がでてきます。

統合失調症はできるだけこの前駆期と言われる段階で、「自分は統合失調症かもしれない」と気付くことが大切で、また理想とされています。

 

統合失調症の発症前(急性期にいたるまで)の異変について

悩む女性

統合失調症を発症してしまい専門医(精神科や神経科)へと受診する人の多くが、すでに幻覚や妄想などの症状がでている「急性期」です。

急性症状があらわれているのは、それだけ脳内の問題が深刻化していると言えますが、ほとんどの人が深刻化する前の前駆期にでる初期症状に気づけてないということになります。

ですが実際、急性期にいたるまでには数日前、数週間前、長い時には数年前といった頃から前駆症状があらわれています。

前駆症状のあらわれ方は人によって様々ではありますが

 

・意味不明な発言をよくしている

・昼と夜の逆転や不眠といった睡眠障害がでる

・すぐに周りの人を疑ってしまう

・学校の成績、仕事での成果が急に悪くなる

・気分が冴えず、イライラしやすくなる

・壁などの模様を見ると一瞬虫が止まっているように見えるといった錯覚が多くなる

・人との交流が急に減ってきた

・喜怒哀楽の感情表現があまり見られなくなった

・独り言、服装、行動など、周囲には理解できないような言動が増える

 

このようなケースがあります。

統合失調症は「現実と非現実の境界がわからなくなる」という状態に共通する、いくつかの病態の集まりという見方もされており、発症のメカニズムではなく、あらわれる症状に対して統合失調症と診断されることもあります。

また急性期にどのような症状があらわれるかも人によって異なりますが、統合失調症の再発予防には前回の急性期にどのような症状があらわれていたかが重要になってきます。

急性期に入る直前には急性症状と似た症状があらわれることが多く、予兆としてその人にどのような前駆症状があらわれるのかを予想しやすくなり、早期発見に繋げることができます。

 

統合失調症の可能性がある症状

診察する医師

上記でもお伝えしてきたように統合失調症の初期と言える前駆期の症状とは、これといった特徴的なものは乏しいと言えます。

うつ病や不安障害といった、他の精神病でも見られる症状がほどんどで「この症状は間違いなく統合失調症だ」と言えるようなものはありません。

ですが前駆症状の中でも、統合失調症の可能性が高いとされるものがあります。

 

ARMS

統合失調症の初期症状の中でも特異的ものとして、ARMSというものがあります。

このARMSとは「統合失調症を発症する危険性が高い精神状態」とされるもので、次の3つの状態が挙げられます。

 

・短期間の間欠的な精神病状態

・微弱な陽性症状

・遺伝的なリスクと機能低下

 

それでは一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

短期間の間欠的な精神病状態

この状態は、短期間に限り統合失調症の急性症状のような幻覚、妄想、興奮といった症状があらわれることです。

症状が長く続くことはなく、すぐに治まるので周りにいる家族は「ただの勘違いだったのかな?」と様子を見るだけになってしまうケースが多いようです。

ですがこのような症状は統合失調症へと移行してしまうことがあり、注意する必要があります。

 

微弱な陽性症状

微弱な陽性症状とは、統合失調症の特徴的な症状である

 

・「本来ないものが見える」幻覚

・「本来聞こえるはずのないものが聞こえる」幻聴

・「本来ある事のないことをあると思う」妄想

 

このような症状が統合失調症ほど明らかになものではないが、あらわれる事です。

 

遺伝的なリスクと機能低下

遺伝的なリスクと機能低下とは

 

・親や家族に精神障害の人がいる。

・精神状態や社会機能がここ最近明らかに低下している

 

といった場合のことです。

また、精神障害の人が親族にいるかいないかという家族歴は統合失調症だけではなく、うつ病や不安障害なども含みます。

このようなARMSと言われる「統合失調症を発症する危険性が高い精神状態」の場合、その後10~40%という確率で統合失調症を発症する可能性があります。

そのため、このような状態が見られる時は慎重に経過をみることが重要です。


スポンサーリンク


統合失調症の性格

 

統合失調症を発症する人には特徴的な性格があり、これを「病前性格」と言います。

この病前性格は「こうゆう性格は統合失調症を発症する原因となる」といったものではなく、その性格や症状自体が統合失調症の初期、前駆症状なのではないかというものです。

典型的な性格傾向としては

・自閉性

・敏感性

・鈍感性

この三つがあげられます。

もう少し具体的な例をあげますと

 

・人と話す、付き合うのが苦手

・あまり友人と言える人がいない

・引きこもりがち、引っ込み思案

・口数が少なく内気

・疑い深い性格

・鈍感と敏感といった極端な二面性を持っている

 

などといったものです。

このような性格傾向は統合失調症の病前性格と重なることから、当てはまる点が多い人は統合失調症を発症する確率が高くなると考えられてます。

 

統合失調症の初期症状に気付くメリット

 

統合失調症の初期の段階とは、統合失調症の「前駆期」にあたる時期というのは上記でお伝えしましたが、ではなぜその前駆期という早い段階で症状に気づき、診断や治療に結び付けることが重要なのでしょうか。

ではその理由を見ていきます。

 

脳のダメージを最小限に抑えられる

統合失調症を発症してしまうと脳はダメージを受けてしまいます。

特に再発を何度も繰り返してしまっている患者さんは、脳のダメージが蓄積することによって「脳萎縮」が認められることもあります。

そのような事態になってしまうと生活していくにあたっての必要な能力が失われ、患者さんのその後の人生に大きく影響してしまうことでしょう。

 

また、脳がダメージを受けて脳萎縮が生じやすい時期としては、「前駆期」と「急性期」と言われています。

そのためできるだけ早く初期症状に気付いて早期診断と治療に結び付けることが重要になります。

早期治療により前駆期の期間を短くすることができる可能性があり、脳のダメージを最小限にくいとめることができるかもしれません。

 

急性期にならないように予防できる

急性期に入ってしまうと、激しい幻覚や妄想がおきてしまいます。

この統合失調症の幻覚や妄想といった症状は、周囲の家族や友人に嫌な思いをさせてしまうことも珍しくありません。

激しい思い込みなどによって周りの人たちに攻撃的な姿勢をとってしまうこともあるでしょう。

病気の症状とは言え最悪の場合、大切な友人や恋人を失ってしまう可能性だってでてきます。

やはりそのような事態は避けたいところですよね。

統合失調症の初期にあたる前駆期の症状を理解して、なるべく早い段階で気付くことができれば急性期への移行を阻止してそのような事態を避けられるかもしれません。

 

統合失調症の初期(前駆期)の症状の対処法について

医師と相談する写真

・統合失調症の初期の症状と重なる点が多い

・ARMSを満たしいている

・統合失調症の病前性格と似ている

 

上記でもお伝えした、このような状態であるならば何らかの対処をすることが賢明でしょう。

あくまで「統合失調症の可能性がある」というだけですが、発症する確率が高いことは事実です。

ではこのような初期症状に当てはまる症状が出た場合、どのような対処法があるのかを見ていきましょう。

 

まずは専門医に相談する

まず一番最初にやるべきことは精神科医へ相談することです。

本当に統合失調症なのかどうかもわからないのに受診するのは少し抵抗があるかもしれませんが、これが病気の早期発見に繋がる一番の方法でもあります。

また、「統合失調症とはどのような病気か」「どのような症状が出たら注意すべきか」などの知識も教えてもらうこともできます。

病気に対する知識と理解は非常に重要で、自分や家族の人が正しく病気を理解しておくことで万が一発症してしまった時に気付きやすくなります。

また、統合失調症の疑いがある本人がどうしても病院に行きたくないという場合は、家族の方が相談しにいくという手もあります。

まずはとりあえず精神科医に受診して診断してもらうことが大事です。

 

ストレスに対しての対処

統合失調症はストレスが発症原因になることもあります。

従って初期の段階と疑われる場合、ストレスをうまく対処することで発症のリスクを下げることができるかもしれません。

どのようにストレスに対して対処をおこなっていくかも、専門医と相談して学んでいきましょう。

 

おわりに

 

上記のよう統合失調症の初期(前駆期)の症状とは、日常的にも現われ得るもので、幻覚や妄想といった症状が激しくならない限り、認識しにくいものです。

それだけにやはり早期発見が難しい病気とされていますが、初期症状に対しての正しい知識があるかないかでは急性期への移行を阻止できる確率は大きく変わってきます。

統合失調症の急性症状がでる前に治療をおこなう事ができるかできないかで、その人のその後の人生は本当に異なるものとなるでしょう。

自分、もしくは家族にそのような異変があった場合は一度、精神科へ相談してみることをおすすめします。