日々の生活していく中で、誰もが多かれ少なかれストレスを受けています。

ストレスと言うと体に悪影響があるなど悪いイメージがあるでしょう。

ですが実はストレスは、「まったく無い方が良い」というわけではありません。

過剰なストレスは確かに身体とメンタルを傷つけてしまいますが、適度なストレスは脳がほどよく刺激されて集中力の向上や作業効率をアップさせることが出来ます。

気をつけなければならないのは過剰なストレスにさらされることなのです。

そして過剰なストレスを受け続けてしまうことで、体に起こる症状の一つに「頭痛」があります。

「イライラして頭が痛くなった」という経験ありませんか?

またそういった頭痛を経験した人の中で「こめかみが痛くなった」という人もおられるのではないでしょうか?

この記事では、なぜストレスによってこめかみの頭痛が起こるのか?

そしてその頭痛が起こった時、どう対処すれば良いのかについて見ていきたいと思います。

 

ストレスで頭痛が起きるメカニズム

頭痛に悩む女性

ストレスで頭痛が起きる要因としては「ストレスホルモンの乱れ」と「自律神経の乱れ」の二つがあげられます。

 

ストレスホルモンの乱れ

ストレスホルモンは「副腎皮質ホルモン」とも言われるもので、ストレスに対処するために分泌される「コンチゾール」というホルモンの一つです。

このストレスホルモンにはステロイド作用があるため、その作用によってストレスから体を守ろうと血圧を上げます。

この時の脳の血圧上昇によって起こる、血液量増加と血管の収縮や拡張が、頭痛の原因となります。

 

自律神経の乱れ

自律神経の乱れも頭痛が起こる要因の一つとなります。

リラックスしている状態では「副交感神経」と呼ばれる自律神経が活性化しますが、昼間の活動中は通常「交感神経」という自律神経が活性化されています。

この交感神経が働いている時というのは、「活動している時」「集中している時」「緊張している時」などです。

交感神経が働くことで素早い判断や活動が可能になるのですが、ストレスを受けると交感神経の働きが過剰になり、緊張を強めてしまい頭痛が起きてしまうのです。

では次にこめかみに起こる頭痛の種類について見ていきましょう。


スポンサーリンク


こめかみに起こる頭痛の種類

健康への疑問

緊張型頭痛

頭痛で病院に訪れる人に一番多いのがこの「緊張型頭痛」です。

症状としては

 

・こめかみが押される感じ

・頭が締めつけられる

・後頭部が張っている

 

このような状態になります。

この緊張型頭痛が起こる要因としては、不安、精神的ストレス、無意識に無理な体勢をとることによる体のストレスなどが挙げられます。

 

片頭痛(偏頭痛)

片頭痛は、よく耳にする認知度の高い頭痛だと思います。

片頭痛は日常でのストレスなどで脳内の血管が拡張し、炎症を起こして痛みをひき起こしてしまいます。

片頭痛は男性より女性に起こることが多く、定期的に痛みが現れるのが特徴で一度痛みだすと長時間痛むこともあります。

 

左右のこめかみのどちらか片方にだけ痛みがでることが多く、ひどい時には痛みで吐き気を伴うこともあるようです。

また、片頭痛は遺伝性があるとも言われ、片頭痛持ちの人の多くが「親も片頭痛持ちである」といったケースが多いようですね。

 

予防法と対処法

 

頭痛は薬を使った治療が一般的で、頭痛の治療薬として次のようなものが挙げられます。

 

現在起きている頭痛を鎮める「頓服薬」

頭痛の発生をくい止める「予防薬」

 

どちらの薬もできるだけ早く服薬することで良い効き目が期待できます

ただし頓服薬は長い間飲みすぎると、頭痛が悪化するおそれがあるので注意が必要です。

また、アルコールは頭痛を誘発する働きがあり、人によっては赤ワイン、チョコレート、チーズなどでも頭痛が起きてしまう人もいるので、摂取には気をつけましょう。

もし頭痛が起きてしまい薬も効かない時は、痛む部分を氷枕などで冷やして頭痛が治まるまで静かな部屋で安静にして下さい。

あまりにひどい痛む時は、医師に相談しにいきましょう。

 

まとめ

 

頭痛は集中力やモチベーションを低下させてしまうやっかいなものですよね。

私も片頭痛持ちなのですが、症状がいつでてくるかがわからないため薬を常備しています。

私以外にも頭痛に悩むという人は多くおられると思いますので、この記事が頭痛に悩む人の参考になれば幸いです。

また、痛みが続く場合は無理をせずに病院へ受診することをおすすめします。

原因がストレスだけとは限りませんし、危険な病気のサインの可能性もあります。

以上がストレスによる頭痛、こめかみがいたい場合についての記事となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。