ストレスの多い現代社会。

仕事や子育てなどでストレスを溜めてしまっている人は多いのではないでしょうか。

仕事では毎月の営業成績へのプレッシャーや、上司からの理不尽な説教。

子育てでは子供がなかなか言うことを聞いてくれなかったり、反抗期になってしまったり。

ストレスの要因は人によって様々ですが、ストレスを溜めることは体にいろんな不都合がでてきますね。

そして多くの人が肉体的ストレスよりも精神的ストレスを強く感じており、そのストレスを発散できない原因の一つが「運動不足」にあると言われています。

軽い運動は誰でもすぐにできるので、実はストレスを発散・解消するのにうってつけの方法でもあります。

この記事ではストレス発散に効果的な運動について見ていきたいと思います

 

運動がなぜストレスを発散するのに効果的なのか?

 

なぜ運動がストレス発散によいのでしょう?

理由としては以下のようなことがあげられます。

 

・ストレス対策ホルモンの分泌を促す

・体力や免疫力が付く

・気分が前向きになる

・熟睡できるようになる

 

このような効果が期待できます。

では一つずつ見ていきましょう。

 

ストレス対策ホルモンの分泌

運動をすることでストレス対策ホルモンが分泌されるようになります。

このストレス対策ホルモンを分泌することで、少々のストレスには負けないメンタルを持つことができるのです。

 

体力や免疫力が付く

運動をすると体力や免疫力が高まり、身体機能の向上だけではなくストレス耐性も向上します。

運動をして健康的かつ体を丈夫にすることで、精神的にも打たれ強くなったというデータもあるようですね。

 

前向きな気持ちになる

体を動かすとセロトニンやエンドルフィンといった神経伝達物質が増加します。

神経伝達物質の増加は、メンタル的な疲れを癒して前向きな気持ちへ導いてくれます。

 

質の良い睡眠をとることができる

運動をして体を適度に疲れさせることによって、質の良い睡眠を得ることができます。

ストレスを感じやすい人は睡眠不足が原因になっていることもあります。

質の良い睡眠をとることは体の疲れをとるだけではなく、メンタルを強くすることにも有効的なのです。

このような理由から、運動はストレスを発散をするのに効果的な方法なのです。

ですが、運動といっても具体的にどんなことをすればいいのかわからない人もいると思いますので、いくつか実践しやすい運動方法を紹介していきたいと思います。

 

実践しやすい運動方法

 

ジョギング

ジョギングはストレス発散に良いとされる代表的な運動方法です。

「ランナーズハイ」という言葉を聞いたことはないでしょうか?

ランナーズハイとは長く走っていると起こる現象で、脳内にβエンドルフィンという神経伝達物質が分泌されることによって起こります。

脳内麻薬とも言われていますね。

この状態になると走っているにもかかわらず「気持ちいい」という感覚になり、晴れやかな気持ちにさせてくれます。

また、有酸素運動は全身運動になるので、ストレスなどによる不眠症の改善効果も期待できます。

基礎代謝も上がり、心肺機能や血管の柔軟性の改善といった健康作用もあるので、ストレス発散以外の理由でもジョギングは非常におすすめの運動方法です。

 

サイクリング

サイクリングもランニングと同じく有酸素運動ですが、違いとしては「移動できる距離」と「疲れやすさ」です。

やはり今まで運動をしていなかった人は、急には長距離を走ることはできません。

ですがサイクリングは自転車を使用しておこなう運動ですので、疲れにくく、今まで運動していなかった人で長い時間と距離を走ることができます。

景色が変わるスピードも速いので、気軽に楽しみながらできる運動ではないでしょうか。

走るのが苦手というような人は、まずサイクリングからはじめてみるのも良いと思います。

 

水泳

水泳もストレス解消に効果があります。

泳ぐことは全身運動にもなりますし、水圧や水の抵抗があるところで動くことにより血液の循環が良くなります。

また水の中で聞こえる「音」はリラックス効果があるとも言われています。

夏場であれば、キレイな海でシュノーケリングなどもおすすめですよ。

 

ヨガ

ヨガは身体をゆっくり動かしておこなう健康法ですので、若者からお年寄りまで誰でも気軽にできます。

スローな動きなので少し地味なイメージを持たれている人も多いと思いますが、このスローな動きこそが身体をリラックスさせてストレスを解消させる効果があると考えられています。

また、ヨガは「複式呼吸」「胸式呼吸」をとりいれており、様々な呼吸法によって副交感神経の働きを活性化させます。

副交感神経が活性化するとリラックス効果があらわれ、寝るときも質の高い睡眠がとれるようになります。

まさに運動が苦手な人にはうってつけといえるでしょう。

 

バッティングセンター

経済的で手軽にできるバッティングセンターなどもおすすめなストレス発散方法です。

バットも用意されていて手ぶらで好きな時に行って、好きなタイミングでやめれます。

結構遅くまで営業しているので、仕事帰りに「ちょこっと打っていこうかな」ということも可能ですね。

最近ではスーツ姿の方や女性1人で来ている人の姿も珍しくないようで、簡単にできるストレス発散方法としても人気があるようです。

ボールがバットに当たるだけでも気持ちよいのですが、ボールが遠くに飛んでいった時の爽快感はなかなかのもですよ。

とりあえずあまり野球をやったことない人は一番ボールのスピードが遅いところで、おもいっきりスイングしてみてください。

はじめは当たらなくても、すぐに慣れて当たるようになりますよ。

 

まとめ

 

以上がストレス発散におすすめな運動方法になります。

一つ気をつけてほしいのが、最初から無理をしすぎないということです。

普段運動をしていなかった人がイキナリ激しい運動をすると、身体に負担をかけてしまい身体を壊してしまう原因にもなります。

また最初から飛ばしすぎると長続きしないということにもなりかねません。

最初は身体を軽く動かす程度の運動からはじめ、徐々に身体を慣らしていきましょう。

運動は適度であるからこそ、ストレス解消に繋がります。

そして断続することでストレスに負けない強い心身を作ることができますので、楽しみながら適度な運動を心がけるとよいのではないでしょうか。