パソコンをさわっている時、「この画面の写真を撮りたい」「この画面を画像として残したい(保存したい)」と思うことがあると思います。

Windowsには標準でスクリーンショットという機能が搭載されていて、モニターに表示されている画面をそのまま撮って保存することができます。

そのやり方がわからず、わざわざスマホを使ってパソコンの画面を撮っている人もいるのではないでしょうか。

今回の記事では「パソコンでのスクリーンショットのやり方と保存方法|Windows編」について、主に使っている人の多いWindows7・10のバージョンでの方法を紹介します。

なお、スクショした画像のサイズを変えたいという方はこちらの記事を参考にどうぞ⇒参考記事

 

スクリーンショットをするための「Print Screenキー」

パソコンのキーボード

Windowsでのスクリーンショットは、どのバージョンも同様に「Print Screen(プリントスクリーン)キー」を使用しておこないます。

このPrint Screenキーは、どのキーボードでもだいたい右上あたりにあります。

また、表記が異なっている場合があり、「Prnt Scrn」や「Prt Sc」と略されていることがありますので注意してください。

ノートパソコンのキーボードで、左下の「Ctrlキー」付近に「fnキー」がある場合は、「fnキー」と「Print Screenキー」を同時に押さなければスクリーンショットできないことがあります。

そしてスクリーンショットは基本的に、ピクチャ内に画像として保存するまでには3つの工程が必要です。

 

・クリップボードに一旦コピーする

・クリップボードにコピーしたデータをどこかに貼り付ける

・画像として保存する

 

この3つです。

ただし「windows10で画面全体をスクリーンショットする場合」に限っては、一旦クリップボードにコピーせず簡単に画像として保存できる方法が存在します。

まずはその簡単なwindows10での方法を見てみましょう。

それ後、スクリーンショットに必要な3つの工程を紹介していきたいと思います。

 

Windows10でのスクリーンショットの方法

 

画面全体をスクリーンショットする場合

それではまずWindows10で画面全体をスクリーンショットする方法を見ていきましょう。

本当にこの方法だけは非常に簡単です。

「Windows キー」+ 「Print Screen キー」を同時に押す。

これだけです。

これでエクスプローラーのピクチャ内に「スクリーンショット」というフォルダが自動的に作成され、そのフォルダ内に画像として保存されます。

先ほども述べましたが「Fnキー」が付いているキーボードの場合は、「Fnキー」も一緒に押すことでスクリーンショットができます。

「Fnキー」+「Windows キー」+ 「Print Screen キー」という感じですね。

同時押しに失敗してしまうことが多い人は、あらかじめ「Fnキー」を押しておいてから後の2つのキーを同時に押すと失敗しにくいですよ。

またこのように画面全体をとるだけではなく「特定のウィンドウだけ」であったり、「マウスでドラックした部分のみ」をスクリーンショット(クリップボードにコピー)する方法もあります。

 

選択しているウィンド(アクティブ ウィンドウ)をスクリーンショットする場合

現在選択しているウィンドだけを撮りたい場合は「Alt」+「Print Screen」のキーを同時に押すことでおこなえます。

※キーの数が少ないキーボードでは「fn」+「Alt」+「 Print Screen」を同時押しとなります。

これで一旦クリップボードにコピーされた状態となります。

 

マウスでドラックした部分だけをスクリーンショットする場合

「Windows キー」+「Shift キー」+「S」を押すと、画面全体が少し白みがかったようになります。

この状態になるとマウスカーソルが「+」変わり、画面の好きなところをドラックできるようになります。

そしてドラックして撮りたい部分を指定することでクリップボードにコピーできます。

 

Windows7の場合

パソコンのキーボード

Windows7で画面全体をスクリーンショット(クリップボードに保存する)する方法は、Print Screenキーを押すだけでできます。

※Print Screenキーを押して正しくクリップボードにコピーできていても、基本的には何の音も反応もありません。

また、「マウスでドラックした部分だけをスクリーンショットする場合」方法もWindows10とは異なりますので見ていきましょう。

 

Windows7で、マウスでドラックした部分だけをスクリーンショットする方法

Windows7でこれを実行するには「Snipping Tool」というツールを使います。

 

スクリーンショットしたい画面を表示させて、「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「Snipping Tool」の順にクリックしていきます。

 

するとSnipping Toolが起動されて小さい画面が表われ、同時に画面が少し白みがかったようになります。

その状態になるとマウスカーソルが「+」になっているので、そのまま切り取りたい部分をドラックできます。

ドラックして指定が終了すると、指定した部分だけが表示される新たな画面がでてきます。

そして左上にある「ファイル」をクリックすると「名前をつけて保存」という項目がでてくるので、そこから画像が保存できます。

このやり方では、クリップボードにコピーされずにそのまま画像として保存されます。

 

クリップボードにコピーしたものを画像として保存する方法

パソコンの画像

クリップボードにコピーしたものを画像として保存するには、もう2つ作業が必要となります。

まずはコピーしたものをどこかに貼り付けなければなりません。

これにはWindows7・10に標準で搭載されている「ペイント」というツールを使用します。

 

ペイントツール起動までの流れ

windows10の場合

「スタート」→「すべてのアプリ」→「Windowsアクセサリ」→「ペイント」

 

windows7の場合

「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「ペイント」の順番です。

 

画像の張り付け方

起動してペイント画面に入ると、左上に「貼り付け」というところがあるのでそこをクリック。

するとなんと、先ほどスクリーンショットした画面が表示されるではありませんか。

もしもこの「貼り付け」をクリックして何も表示されない場合は、スクリーンショットを失敗してしまっています。

もう一度撮り方の説明を見ていただいて、スクリーンショットをやり直してください。

 

張り付けた画像の保存方法

「貼り付け」で撮ったものが表示されたら、ペイントメニューに「ファイル」という項目があるので、そこをクリックして「名前をつけて保存」を選択。

すると画像に名前をつけて、保存先を指定して保存することができます。

またこのペイントツールを使用すれば、複数の画像を組み合わせたりすることもできますよ⇒参考記事

 

まとめ

 

いかかでしたでしょうか。

スマホのスクリーンショットのような感覚なのかなーと想像していた人は、思っていたより手間がかかると感じたかもしれませんね。

ですが知ってしまえばすぐにできますので、あとは「慣れ」ではないでしょうか。

ぜひ試してみてくださいね。

以上がパソコンでのスクリーンショットやり方と保存方法に関する記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。