古くなったパソコンやいらなくなったパソコンを処分する時は、HDDのデータを消去してから捨てないと誰かに見られたり利用されたりする危険があります。

HDDのデータの中には、あなたの様々な個人情報が入っています。

また、消去しなければいけないことを知っていても、データを消去するにはどうしたらいいか困っている人多くおられるようですね。

この記事ではパソコンを処分する(捨てる)時のHDD消去方法について見ていきたいと思います。

 

パソコンを購入時の状態に戻す

 

パソコンを購入時の状態に戻すには「初期化」と呼ばれる方法をおこないます。

初期化を実行するにはまず、パソコンの電源をつけた後Fキーを押します。

押すタイミングが難しいので、連打しておくと確実です。

Fキーには数字が書かれていますが、パソコンによって初期化をするためのFキーの数字は少し違います。

ネットなどで捨てる予定のパソコンの型番について調べて、そのマニュアルなどを参考にしましょう。

調べられたらそのパソコンの初期化の画面に進むためのFキーをキーボードから押します。

完全にHDDのデータを消去するためには一部分のデータの消去ではなく、購入時や全ての状態を初期化に戻します。

こうすることで今まで閲覧してきたネット履歴も、パスワードやクッキーや他のデータなども細かいところから全て削除され、しっかりデータを消すことが出来るようになります。

 

初期化をせずにパスワードを変えたり消したりするだけでは危険

 

パスワードだけ削除したり、履歴だけ削除するといった方法は非常に危険です。

どうして危険なのかと言いますと、クッキーやフォームなどにもパスワードを打ち込んだ情報が残っているからです。

パスワード自動入力やパスワード変更しても、フォームの履歴からアクセスすることができますのでかなり危険な状態となります。

たしかに初期化は時間がかかるので面倒ではありますが、初期化をせずにデータを削除する方法は難しいです。

 

初期化をせずにデータを全て消すことはできる?

 

今の新しいパソコンには初期化だけではなく、OS(windowsやMac)などのデータも全て削除して起動が出来ないように消すことも出来ます。

しかしこの選択をする場合、捨てる予定のハードディスクとは言え、もう二度とそのパソコンを使用することはできなくなってしまうかもしれません。

よく確認してから行うことをおすすめします。

※ただしパソコンの知識があれば、再びOSを入れて使用することは可能です。

必ず本当にもう必要ないかを確認してからおこなってください。

また、パソコンそのものが全て壊れており、復活出来ない状態なら操作もなく捨てることが可能です。

ですがデータを復活出来る可能性が少しでもあれば、このデータを全て消して捨てるという選択肢もあることを覚えておいてください。

 

フリーソフトでHDDのデータを削除する

それでもいまいちやり方が分からないという人もおられると思います。

その場合はデータ削除などパソコンの様々なものを削除できるフリーソフトを使うのもありです。

フリーソフトでパソコンのデータを削除するツールはいろいろあります。

Fキーで初期化する方法も初心者におすすめしますが、これでも分からない場合はフリーソフトを使用してみましょう。

とにかく自分のわかる方法で良いので、必ずデータを削除することをおすすめします。

 

気を付けてほしいこと

 

パソコンのデータを少しでも残していれば、誰が見られる可能性はあります。

特に気を付けてほしいのが、いらなくなったパソコンを捨てずにリサイクルショップへ持っていくのは大変危険です。

誰かが自分の売った中古パソコンを買って、データを復活させることもあります。

安心できる方法としては電気量販店で引き取ってもらうか、もしくはゴミとして捨てるのがいいです。

 

おわりに

 

初期化や復旧させるやり方はパソコンの種類によって少し違いがありますが、CDから復活させる方法とパソコン本体から復活させる方法もあります。

捨てるときはパソコンにCDロムを入れたままにしていないか、もしくは他のソフトが入っていないかなども確認してから捨てるようにしましょう。

もしCDロムが入ったまま捨ててしまうと、初期化でデータを削除していても簡単にデータを復活させることが出来ます。

パソコンだけではなく取り付けてあるものもなどもよく確認してから作業を行うようにします。

必ずパスワードと個人データだけは完全に復活出来ないように削除することをおすすめします。

以上がパソコンを処分する(捨てる)時のHDDの消去方法についての記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。