パソコンのキーボードには様々な文字の入力方法があります。

ネット検索をする時などに日本語入力できても英数字で、大文字⇒小文字、小文字⇒大文字といったような切り替えるやり方を知らない人は多いです。

特にパソコン本体にロックをかけている場合など、キーボードから大文字や小文字の切り替えが出来ると便利ですね。

この記事では、Windowsでの大文字や小文字の切り替え方法について見ていきたいと思います。

 

Shiftキーとアルファベットの文字を一緒に押す

 

パソコンを利用することにおいて、「Shiftキー」の使い方に慣れておくと非常に便利です。

まず、簡単に大文字から小文字に切り替えたい場合は「Shiftキー」とアルファベットを一緒に押します。

一緒に押すことでどのようになるのかと言いますと、Windowsで通常小文字に設定されているアルファベットが大文字になります。

もしも最初から大文字で設定されている場合は、大文字から小文字に切り替えることが出来ます。

ですがこの方法は、Shiftキーを押している時だけ文字が切り替えられるといったものです。

Shiftキーを離すとたちまち通常モードに戻ります。

では次にShiftキーを押し続けなくても、大文字と小文字を切り替えて入力ができる方法も見ていきましょう。

 

ShiftキーとCAPS LOCKキーを一緒に押す

 

CAPS LOCKのキーの配置されている場所は、TABキーの下、Shiftキーの上にあります。

CAPS LOCKだけを押しても反応はありませんが、このときShiftキーとCAPS LOCKを一緒に押すことでCAPS LOCKの役割をしてくれます。

CAPS LOCKを押すとどうなるかと言いますと、今まで小文字で打っていたアルファベットが次の文字から大文字のアルファベットになります。

もちろんShiftキーを離した状態でも切り替わっています。

ここで一つポイントですが、大文字から小文字に解除したいときや最初から設定が悪くて大文字に設定されてしまっている場合は、このShiftキーとCAPS LOCKを一緒に押すことで解除することが出来ますよ。

 

おわりに

 

パソコンのキーボードに備わっている機能はたくさんあります。

日頃からバンバン仕事で使っているならば勝手に覚えていきますが、家で使用しているくらいでは覚えることは難しいです。

ですが入力がおかしくなってもほとんどの場合、元に戻すことは難しくありませんので焦らず落ち着いて対処することが大切です。

キーボードから設定する方法を知っておけば、次からも問題なくパソコンを使うことが出来ますよ。

また、Shiftキーというのは便利で、いろんな設定に使えますのでこの機会に覚えてみるのもいいかもしれませんね。

以上がパソコンのキーボードで大文字小文字の切り替え方法に関する記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。