パソコンで作業をする上で扱う機会も多い画像。

インターネットで探してきたり、自身のスマホやカメラで撮影した画像を用意すれば、複数枚の画像を用意する事も多いはずです。

複数枚の画像を1枚の画像として扱えるとかなり便利ですよね?

なお、Windowsではそのように複数枚の画像を一つに組み合わせることのできる機能が標準で搭載されています。

この記事では、その複数枚の画像を組み合わせる方法を紹介していきます。

 

Windows標準搭載の「ペイント」を利用しよう

 

画像編集ソフトには無料で使える物から有料の物まで様々な物がありますが、それらの画像編集ソフトを用意しなくてもWindowsに標準で搭載されている「ペイント」ツールを使えば複数枚の画像を組み合わせる事は簡単に出来ます。

 

「ペイント」の起動と画像の呼び出し方法

まずはペイントを起動する所から始めましょう。

ペイントはWindowsのバージョンに関わらず、「スタートメニュー」の中にある「アクセサリ」フォルダの中に入っています。

ペイントが起動したら、扱いたい画像を呼び出します。

1枚目はドラック&ドロップでも呼び出せますし、「メニュー」の「開く」からも呼び出す事が可能です。

 

同じ画像を並べる場合

 

まずは複数枚の画像で作業をする前に、1つの画像を並べる方法を見ておきましょう。

まず呼び出した画像は基本的に画像のサイズがそのまま作業領域のサイズになっているので、作業領域を広げるか、画像自体のサイズを変更する必要があります。

どちらの方法を使うかは、最終的に用意したい画像サイズで変わってきます。

元々の画像サイズを変更せずにその中で複数枚を並べたい場合には、画像それぞれのサイズは小さくなるので画像サイズの変更が必要です。

一方で画像の大きさ自体を大きくしたい場合には、画像サイズはそのままで作業領域を広げる必要があります。

画像サイズだけを変更する場合には画像を選んだ状態で「ホーム」タブにある「サイズ変更」で変更を行う事ができます。

作業領域を広げる場合には、画像の右端などにある小さな黒いボタン(カーソルを合わせるとカーソルの形が変化する場所)をドラックして引っ張る事で広げる事ができます。

いずれかの方法で画像サイズが作業領域(ペイント内の画像が何もおかれていない白背景の範囲)より小さくなったら、選択ツールを使って画像を選択!

コピー&ペーストすれば画像サイズなどはそのままにもう一枚同じサイズの画像がペイントに現れます。

後は配置したい場所にドラックで移動させるだけです。

 

異なる画像を縦や横に並べる場合

 

異なる画像を複数枚並べる場合にも、まず1枚目の画像のサイズと位置を決定する事から始める必要があります。

余白などを設けておけば後から微調整も可能ですが、出来る限り最初に決めておくのがおすすめです。

1枚目を並べ終わったら2枚目の画像を呼び出す必要がありますが、1枚目と同じ開き方をしてしまうと、別のファイルとして開いてしまい、複数の画像を同時に扱えなくなります。

複数の画像を同時に扱う場合には「ホーム」タブにある「張り付け」の下向き三角を選んで、「ファイルから張り付け」を選びます。

すると「ファイルを開く」を選んだ場合などと同様に画像を選ぶウィンドウが表示されるので画像を保存している場所を選んで画像を選びます。

すると1枚目の画像はそのままに2枚目の画像を呼び出す事ができます。

元々の画像サイズによっては1枚目の画像が隠れてしまいますが、開いた画像の選択を解除しないままサイズ変更などを行えば消える事はありません。

逆に選択を解除してしまうと隠れている部分の画像は消えてしまうので注意しましょう。

後はまとめたい画像の数だけ同じ操作を繰り返す事になります。

 

1枚の画像の中に別の画像を組み合わせる場合の注意点

 

画像の組み合わせ方は何もそれぞれの画像を並べるだけではありません。

Aの画像の一部にBの画像を重ねるような使い方をしたい場合もあるはずです。

そのような場合には、後ろにくる画像から順に上記の操作を行って配置を行っていく必要があります。

ペイントには画像を複数枚重ねる際に便利な「レイヤー」機能はないので、必ず後ろにくる画像から順に配置していくようにしましょう。

作業自体は縦や横に並べる場合と差はありませんが、作業する順番が固定される事は覚えておきましょう。

 

もっと細かく編集するなら

 

今回紹介したように画像を組み合わせる程度の事であればペイントでも十分に加工が可能です。

しかし上記でも少し触れた「レイヤー」機能のような機能がないペイントでは、より細かく加工したり、微修正はしにくいのが実情です。

こだわった編集がしたいのであればやはりペイントではソフト的に力不足なので、別の画像編集ソフトを用意する必要があります。

ただペイント程シンプルな画像編集ソフトはなく、少しの画像編集ならペイントで十分です。

高度なソフトはやれる事が増える分だけ、簡単な作業でもより複雑な操作を求められる場合も多いです。

より高度な画像編集を行いたい、そのスキルもあると自信をもった上でより高度なソフトを利用するのがおすすめです。