現在の日本では犬を飼っているほとんど人は小型犬を飼っていますね。

そしてその需要に伴い、ペットショップでも主に小型犬を販売している所が多く見られます。

ですが海外では大型犬の人気が非常に高く、多くの人に飼われています。

これは海外のお家が広いことが関係しているのでしょうか?

確かに大型犬を飼うのは小型犬よりも大変な部分があるかもしれません。

食費も体がでかい分かかるし、運動量もそれなりに必要です。

ですが大型犬は非常に知能が高く、人間にとって頼れるパートナーとなることもあります。

そして何より、でかい体で甘えられると可愛くてたまりません。

そこで今回この記事では、比較的飼いやすい大型犬の種類と特徴についてお伝えしていきたいと思います。


スポンサーリンク


ラブラドールレトリバー

 

体高 :56cm~62cm

体重 :30kg~36kg

原産国:イギリス

 

ラブラドールレトリバーは比較的穏やかで優しく、攻撃性が少ない性格しています。

また飼い主にも忠実で、自分で物事を考えて判断する能力も持っていて非常に頭が良い犬種です。

ですが優しく社交的な性格から番犬としては不向きなようですね。

また食べることが大好きで食欲旺盛のため、太らないように食事の量をしっかりと管理してあげる必要があります。
ラブラドールレトリバーは短毛で垂れ耳なのが特徴的ですね。

 

ゴールデンレトリバー

 

体高 :58cm~61cm

体重 :29kg~34kg

原産国:イギリス

 

ゴールデンレトリバーは洞察力に優れ、非常に賢く優しい性格をしています。

飼い主に対しても忠実で愛情深く、飼い主のそばにいることを好みます。

また、遊ぶことが好きで精神的に少し幼い傾向がありますが、しっかりしつけることで理性をたもつことができるようになります。

ゴールデンレトリバーも食べることが大好きで食いしん坊なため、一気にご飯を食べてしまい胃捻転や腸捻転を起こしてしまう子もいるようです。

食事の量や与え方には気をつけてあげる必要があります。

特徴としましては、やはりキレイな長い毛ではないでしょうか。

長毛のわりに、お手入れはそんなに難しくないようです。

 

フラットコーテッドレトリバー

 

体高 :56cm~61cm

体重 :25kg~36kg

原産国:イギリス

 

フラットコーテッドレトリバーはとても賢く友好的な性格をしています。

子供や他の犬と遊ぶことを好みますが、運動量が多くはしゃぎすぎてしまう、といった一面もあります。

そのため初心者の場合、子犬の頃に手を焼いてしまうことも多々あるようです。

特徴としては、背は低めですが細身で筋肉質な体をしており、耳は少し小さいですが垂れ耳なところではないでしょうか。

 

シベリアンハスキー

 

体高 :50cm~60cm

体重 :16kg~28kg

原産国:アメリカ

 

シベリアンハスキーは一見凶暴そうな顔つきをしていますが、人間には友好的な犬種です。

他人や他の犬に対しては少し警戒心はあるものの、比較的すぐに友好性を示すこともあります。

頑固で不器用な一面を持っていることもあり、頭がよくないのでは?と思われることがありますが、知能は高いです。

また元気で明るく運動量が多いので、長めの散歩や運動が必要な犬種です。

特徴としては、やはり狼のような顔つきではないでしょうか。

個体によってはオッドアイの(左右の目の色が違う)子も見かけられますね。

 

ドーベルマン

 

体高 :66cm前後

体重 :29kg~41kg

原産国:ドイツ

 

ドーベルマンというと警戒心が強く、凶暴なイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

ですが実際は、比較的穏やかで落ち着いた性格をしています。

また飼い主には忠実で愛情深いといった面も持っていますね。

賢く洞察力があり、家族を守る防衛意識が強いため、自分のテリトリーへ侵入してきた知らない人や犬には警戒心を見せます。

特徴としては、短い尻尾と、とがった耳でしょう。

ですがこれは生まれて間もない頃に断耳と断尾をおこなったことによるもので、本当はそこそこ長い尻尾と垂れた耳を持っています。

 

バーニーズマウンテンドッグ

 

体高 :58cm~67cm

体重 :32kg~54kg

原産地:スイス

 

バーニーズマウンテンドッグは穏やかで優しく、人と触れ合うことが大好きな犬種です。

寂しがりやな一面もありますが、我慢強く落ち着いた性格をしています。

また知能は高く、自分で考えて行動することができ、番犬としても優秀なようですね。

漆黒の長毛と垂れた耳が特徴的な犬種です。

 

ボルゾイ

 

体高 :75cm~85cm

体重 :34kg~47kg

原産国:ロシア

 

ボルゾイは優雅で落ち着きがあり、ゆったりとした性格の犬種です。

吠えることはほとんどなく、さりげなく飼い主の横に寄り添ったりしてきます。

ですが自我が強く、しつけをしてもすぐに受け入れてくれないこともあるため「頭の悪い犬」と誤解されることもあります。

普段は落ち着きのあるボルゾイですが、外にでると小動物などに対して猟欲を見せることもあります。

遊ぶことが好きなのですが、はしゃいすぎて遊びがエスカレートしてしまう一面があり、相手を獲物としてしまうことがあるのでしっかりしつける必要があります。

特徴としましては、長毛と大型の体のわりに子顔なところではないでしょか。

 

ダルメシアン

 

体高 :56cm~61cm

体重 :27kg~32kg

原産国:クロアチア・ダルメシア地方

 

ダルメシアンはディズニー映画「101」で主人公にされたことでも有名な犬種ですね。

ダルメシアンは家族と触れ合うことが大好きですが、やや人見知りをする傾向があります。

ですので他人や知らない犬には警戒心を見せることがあり、急に思ってもいなかった反応や行動をすることがあるので、初対面の子供さんなどは注意する必要があります。

また古くは、貴族が所有する四輪馬車の伴走犬だったので体力・持久力があり、走ることが好きです。

しつけに関しては頑固な部分があるので少ししつけが入りにくいようですが、小さい時から根気よくしつけと訓練をすることで扱いやすい子に育っていきます。

ダルメシアンの特徴としては、なんといっても白い短毛に無数の黒い斑点があることでしょう。

また、垂れ耳なのもチャームポイントの一つですね。

 

ロットワイラー

 

体高 :61cm~68cm

体重 :50kg前後

原産国:ドイツ

 

ロットワイラーは飼い主に愛情深く、非常に忠実心が強い犬種です。

落ち着きがあって素直な性格をしており、家族をを守ろうとする防衛本能が強いため番犬としても有能です。

しかし、防衛本能が強すぎるのでしつけを間違えると防衛心が過剰になりすぎて、テリトリーに入ってきた他人に危害を加えてしまうことがあるので注意が必要です。

ロットワイラーの特徴は、がっちりした骨格で筋肉質なところですね。

またシッポは短いですが、これは生まれつきではなく、生まれて間もない頃に切られているためです。

 

ジャーマンシェパードドッグ

 

体高 :60cm~65cm

体重 :30kg~40kg

原産国:ドイツ

 

ジャーマンシェパードドッグは筋肉質な体とピンと立った耳が特徴的な犬種です。

知能が高く、飼い主への服従心は強いです。

活発ではありますが落ち着きもあり、自分で考える能力も高いため家族が自分に求めているもの洞察するなど、洞察力にすぐれています。

ですがジャーマンシェパードは育つ環境で性格と性質がまったく異なってくるとも言われています。

しっかり教育することで忠実心や服従心を表すようになりますが、教育されていない場合は攻撃的な性格になり、危険度が高い個体になることもあります。

 

オールドイングリッシュシープドッグ

 

体高 :61前後

体重 :30kg前後

原産国:イングランド(イギリス)

 

オールドイングリッシュシープドッグはふわふわとした見た目が可愛く、やんちゃな性格をしている犬種です。

また、人に馴れやすいため番犬としては有能とは言えません。

知能は高いものの、頑固な面もあるためしつけには少し根気が必要なようですね。

特徴としてはふわふわの毛並みも特徴的なのですが、前後の足を同時に出す「側対歩」と呼ばれる歩き方をするのもこの犬種の特徴です。

 

ジャイアントシュナウザー

 

体高 :60㎝~70㎝

体重 :35㎏~4㎏

原産国:ドイツ

 

ジャイアントシュナウザーは比較的人に慣れやすく、大人しい性格の犬種です。

人間とのコンタクトに優れており、学習能力が高いのでしっかりしつけを覚えることができます。

そのため警察犬や軍用犬としても活躍しているようですね。

ミニチュアシュナウザーと比べると、約2倍近くの大きさがあるようです。

特徴としては、シュナウザー独特の長い眉毛とヒゲですね。

 

セントバーナード

 

体高 :61㎝~70㎝

体重 :50㎏~91㎏

原産国;スイス

 

セントバーナードはおっとりした優しい性格をしている犬種です。

また責任感が強く、飼い主には忠実です。

セントバーナードはもともと寒い国の犬なので寒さには強いですが、暑さには弱いです。

そのため日本で飼う場合は、室温管理ができるところで飼う必要があります。

特徴としては、やはり大きな体格でしょう。

セントバーナードは少なくとも50kg。

大きければ100㎏を越えることもあります。

また、垂れた耳も特徴と言えますね。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

大型犬は全体的に比較的頭の良い犬種が多いので、飼う場合はしっかりしつける必要があるのですね。

間違ったしつけをしてしまうと賢いことが逆効果となり、間違ったことをそのまま覚えてしまいます。

子犬の頃にしっかりとしたしつけをしてあげれば、番犬や良いバートナーになることでしょう。

以上が大型犬の種類や特徴の記事となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。