よく「お墓参りは午前中にするべき」というようなことは耳にしますよね。

また夜のお墓参りはしてはいけないなどとも聞きます。

ですがこれはどういった理由から言われているのでしょうか?

またこれは本当にそうするべきなのでしょうか?

この記事ではお墓参りに最適な時間帯についてや、お墓参りをしてはいけない時間帯はあるのかなどについてお伝えしていきたいと思います。

 

お墓参りは絶対に午前中にするべき?

 

お墓参りは絶対に午前中に行かなければならないといったような決まりはありません。

確かにお寺さんによってはそのように言うお寺さんもいるかもしれません。

ではなぜ「お墓参りは午前中が良い」というようなことを言う方がおられるのでしょう。

それは「ご先祖様を最優先にする」というような理由からきているようですね。

朝にどこかに行ってからではなく、お参りするときは何よりもお墓に行くことを優先して、一番はじめに足を運ぶということです。

 

ですが実際、仕事の関係などで午前中に行くのは難しい方もいらっしゃると思います。

そのような場合は、午後からのお参りでも決して非常識ということにはなりません。

お参りに行く時間に決まられた時間はないのです。

大事なのはご先祖様を想う気持ち、ご供養の気持ちです。

 

夜にお参りに行くのはどうなの?

 

夜暗くなってからのお参りも基本的に問題はありません。

ただ、お参り自体に問題はありませんが、違う問題がでてくることがあります。

お墓が霊園墓地などにある場合、決められた時間で出入口が閉められてしまうことがあります。

また、場所によっては足場が悪いところにお墓があることもあり、そのような場合は暗くて足元が見えにくく安全とは言えないでしょう。

女性の場合だと、お墓がある場所というのはどうしても人けが少ないので、物騒でもあります。

そして何よりお参りに行ってとしてもお墓の様子が見えにくく、掃除などもしにくいかもしれませんね。

お参りすることに問題がなくても、やはり明るいうちにお参りに行くことをおすすめします。

 

お墓参りに最適な時間帯とは

 

可能なのであれば、やはり午前中が最適な時間帯と言えます。

特にお盆やお彼岸といった時期などは、お参りに来る人も多いためお昼前後の時間帯などは混雑してしまいます。

お参りの多い時期は、朝8時頃までにお墓参りに行くことで混みあうこともなく、ゆっくりとお参りすることができると思います。

無理な場合は時期を少しずらしてお参りに行くのもよいです。

先ほども言いましたが、大切なのは「ご先祖様を想う気持ち、ご供養の気持ち」です。

無理に時間をつくって急いでお参りするくらいなら、落ち着いてお参りできるときに行ったほうがご先祖様も喜ぶのではないでしょうか。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

一昔前はお墓参りは絶対に午前中に行くべき!という方も多かったですが、実際問題それが無理な場合もあります。
また、ゆっくりと時間をかけてお墓の掃除やお参りをできるのであれば、午後からでもまったく問題ないですし、そのほうがご先祖様も喜ぶでしょう。

自分がご先祖様の立場になったとしたら、あせあせしてお参りしてほしくないですしね(笑)

やはりご先祖様といっても人間だったお方ですから、何より喜んでもらえるのは「気持ち」ではないでしょうか。

お墓参りは余裕のある時に、ゆっくりとお参りに行ってあげたいですね。

以上がお墓参りの時間帯に関しての記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。