お墓参りをする際にお墓に供えるものっていろいろありますよね。

お花であったり、お水であったり、食べ物を供える事もあるでしょう。

今回そんなお供え物の中で「お線香」について見ていこうと思います。

実はお線香のあげ方には、作法とされるものがあるのは知っていますか?

あげ方やお供えする本数など、好ましいとされるやり方があるのです。

この機会に、ぜひお墓参りでのお線香の作法について知っておきましょう。

 

お線香のあげる意味やあげ方(供え方)

 

だいたいのお墓にはお線香を供えられる場所が設けられていると思います。

お線香とは仏教で「亡くなったか方の食事」とされています。

そしてその場所を清める役割や、心を落ち着かせるという意味もあるようですね。

また、お線香の香は人々が平等に感じられるもので、故人と共有できるものともされています。

それではそんなお線香のあげ方のあげ方について見てみましょう。

 

お線香の本数について

お線香はお花屋さんなどで購入すると思いますが、最近は仏壇を置いていない家も多いためお参りのたびに一束ずつ買う方も多いですね。

そしてお参りの際、お墓のお線香入れに束のまま入る場合は束のまま火をつけてそのままお供えされる方もよく見かけられます。

ですが、実際はお線香を何本お供えするかは宗教によって決まっています。

ただ、束のままお供えしてはいけないということではないですので、一応そのようなものがあるとだけ知っておくと良いと思います。

 

お線香を一本ずづ立てる宗派

・曹洞宗

・日蓮宗

・臨済宗

・禅宗

 

お線香を二本ずつ立てる宗派

・浄土宗

 

お線香を三本ずつ立てる宗派

・天台宗

・真言宗

 

また、お線香は本数だけではなく、立てて供えるか寝かせて供えるかなども宗派によって決まっていることもあります。

ただ本当に大切なのはご供養の気持ちですので、そこまで堅苦しく考えなくてもよいとは思います。

 

やってはいけないこと

お線香をお供えるする時に「やってはいけない」とされていることがあります。

それはお線香の火を息で吹き消してはいけないということです。

お線香に一度火をつけたら、自然に消えるまで待つか、手で扇いで消しましょう。

これはお供えする神聖なものには息を吹きかけてはならないとされていて、人が人の顔などに息を吹きかけるのは失礼になることと同じです。

またこれはお線香だけではなく、ロクソクも同じで口では消してはいけません。

そしてたまに風が強くてなかなかお線香がつかないからと、新聞紙などを燃やしてそれでお線香をつける方がおられますが、他に燃え移ったりする危険があり、少し危ないですのでなるべくやめておきましょう。

風が強く火がつけにくい場合は、バケツの中などで風をさえぎると付けやすいです。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

このようにお線香のあげ方には宗派によって決まりがあることがあります。

ですが、先ほどもお伝えした通り、大切なのは気持ちですので普段のお参りではそこまで気にする必要はありません。

ただ、お墓での法要や納骨式の際には、気にするお寺さんもおられますので一応知っておくとよいと思います。

また、最近では火がつきやすい線香などもあり、外の風が強い時などは便利ですので、そのような線香がある場合は試しに買ってみるのもよいですよ。

以上がお墓参りでのお線香の作法についての記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。