お墓に納骨をすることになったが、まずなにをすればいいのか?

納骨とは人生にそう何度も体験することではありませんね。

そしてその状況は、突然にやってきます。

いざその状況になってみると、納骨とは本来どうやってするものなのかを疑問に思う方も結構いるのではないでしょうか?

また最近では無宗教の方も増え、わからないことがあった時に頼れるお寺さんなどもいないといった方もよくおられるようですね。

この記事では納骨の方法や納骨する場所、また納骨までに必要なことなどについてお伝えしていきたいと思います。

 

納骨の方法とは

 

納骨は本来、石材店にお願いしておこないます。

最近のお墓の場合、お墓に遺骨をお納めする入り口(納骨口)は素人の方でも開けれられるような造りにはなっています。

古いお墓でない限りは、両側にあるお花を入れる筒(花筒)の間にある家紋を彫った石をどけると納骨口があることがほとんどです。

ですが注意していただきたいのが、素人の方でも開けられるがそこには様々な危険があるということです。

石材店に頼むと、簡単に石をどけて納骨をしているように見えてしまいますが、簡単に見えるのは石材店の人たちがしっかり気をつけるところを把握しておこなっているからです。

よくあるのが、石がスベって指をはさんでしまったり、石がスベって石が欠けてしまうといったことです。

石がスベってしまった時は結構な勢いがついてしまいますので、最悪指を骨折してしまうこともあるかもしれません。

一度納骨したところを見たことがあってやり方を知っていても、なるべく石材店に頼んでやってもらいましょう。

また納骨の時、石材店に頼んだ方がよい理由は他にもあります。

 

納骨口の場所がわかってても納骨ができないことも

 

納骨をするときの他の注意点としては納骨口の大きさと納骨室の広さですです。

先ほどお伝えした花筒の間に納骨口があったとしても、地域によってや、建てた年代によって納骨口の大きさが異なることがあります。

またお墓に遺骨を入れておく納骨室の中というのは、建ててもらった石材店などの販売店によって広さが異なります。

 

納骨口の大きさについて

納骨をする時、遺骨をツボに入れたままお墓に納骨することがあると思います。

遺骨をツボから出しておさめる時は大丈夫なのですが、ツボのままおさめる時に納骨口の大きさがツボより小さい場合があります。

お寺さんによっては絶対ツボのままおさめないといけない、というお寺さんもいるのでそのような時はどうにもならなくなります。

納骨の予定がある場合は、事前に納骨口の大きさを見ておく必要があるでしょう。

 

お墓の納骨室の中がいっぱいの時がある

先ほども述べましたように、お墓に遺骨をおさめておく納骨室の大きさというのは、建ててもらった石材店によって異なります。

また場合によっては、すでに納骨室の中がご先祖様のご遺骨でいっぱいになっているということもあります。

納骨式で遺骨をお墓におさめようとした時、納骨室の中がいっぱいでは遺骨をおさめることができません。

ですが事前にお世話になっている石材店にあらかじめ確認しといてもらえば、もし納骨室の中がいっぱいだったとしても、納骨式の日までになんとか対処してもらえるでしょう。

※納骨室のスペースの開け方は石材店よって違います。

 

納骨室の入り口(納骨口)が見つからないことがある

そこまで古くないお墓の場合であれば、花筒の間にある石をどければ納骨口があることがほとんどですが、それは絶対ではないことを頭に入れておいてください。

古いお墓の場合は石材店の人でも予想できないようなところに納骨口があることもあります。

また古くないお墓であってもお墓を建てられた方の指示で、わかりにくいところに納骨口を設けていることがあります。

いざ納骨しようと花筒の間にある石をどけてみたものの、納骨口がなくて急遽石材店に助けを求めにこられる方もおられます。

たまたま石材店の職人さんの手が空いていれば対応できると思いますが、急にお願いして即対応してもらうというのは無理なことの方が多いでしょう。

事前に石材店に頼んでおくことで、納骨室の場所はあらかじめ確認しておいてもらえます。


スポンサーリンク


お墓に遺骨をおさめるまでにすること

 

ここからは納骨までしておくべきことについてお伝えしていきたいと思います。

納骨までに必要なことは次のようなものです。

 

・お寺さんに法要のお願いをする

・お墓に名前を彫ってもらう

・石材店に納骨のお手伝いの依頼をする

・納骨するのに必要な事務手筒気

・納骨に来ていただく親戚への連絡

・お供え物の準備

・納骨式後のお食事の段取り

 

このようなものが挙げられます。

一つずつ見ていきましょう。

 

お寺さんに法要のお願いをする

最近では無宗教でお寺さんを呼ばずに納骨をされる方もいらっしゃいますが、お世話になっているお寺さんがある場合は、都合がよい日を訪ねて法要の依頼をしておきましょう。

お盆やお彼岸などの時期はお寺さんもお忙しいので、その時期に納骨を考えられているのであれば、できるだけ早めにご依頼をしておくことをおすすめします。

依頼するのが遅すぎると、予定していた日にできないこともあります。

 

お墓に名前を彫ってもらう

納骨の前には、お墓にお名前などを彫ってもらう必要があることがほとんどだと思います。

お世話になっている石材店に文字彫刻の依頼をしておきましょう。

ほとんどの場合は1週間ほどでできますが、仕事が混みあっている時などは1ヵ月ほどかかることもあります。

ですのでこちらも余裕をもって早めにお願いしておきましょう。

 

石材店に納骨のお手伝いの依頼をする

石材店に文字彫刻を依頼した際に、納骨のお手伝いも一緒にお願いしておきましょう。

石材店によっては「文字彫刻」と「納骨手伝い」を一緒にお願いすることで、多少ですが割安にしてもらえることもあります。

 

納骨するのに必要な事務手続き

霊園墓地などを利用している場合、「お墓の使用許可書」というものが存在します。

また、その許可書の名義人が亡くなられた方であった場合、名義変更をしなくてはなりません。

そして納骨をする際には、霊園などの管理事務所にその使用許可書と共に「遺骨埋葬許可書」というものを提出する必要があります。

※提出物に関しては地域によって若干異なる場合がありますので、何が必要かを事前に市役所や区役所にお問い合わせしておきましょう。

 

納骨に来ていただく親戚への連絡

お寺さんと相談して納骨の日が決まれば、納骨式に来ていただく親戚などの参列者に日程をお伝えしておきましょう。

 

お供え物の準備

納骨式の前には、お供え物の準備もしておかなくてはなりません。

お花、お酒、お菓子、お餅などが一般的なお供え物などではないでしょうか。

基本的にお供え物については何をお供えるかなどの決まりはありませんが、お寺の中にお墓があるような場合は、お供え物を指定されることがあります。

ですのでそのような場合は、お寺さんに事前に問い合わせておきましょう。

 

納骨後の食事の段取り

納骨後には、来て頂いた参列者の方々とお食事の場を設けることもあります。

必要に応じて、事前に食事処の予約をしておきましょう。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

確かに納骨は石材店にお願いしなくてもできますが、納骨式で怪我をしてしまっては納骨される方にとっても気持ちのよいものではないと思います。

納骨前には石材店に文字彫刻もお願いしなければなりませんので、その際に納骨のお手伝いも一緒にお願いしておきましょう。

そうすれば、お亡くなりになった方を気持ちよく見送ってご供養してあげれるのではないでしょうか。

以上が、お墓の納骨方法や納骨する場所に関する記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。