どうもうみんちょです。

納骨とはご遺骨をお墓におさめることを言いますが、人生に何度も何度も経験することではありませんので、詳しいことは知らないという方は多いと思います。

 

そこで気になるのは、やはり金銭的なことではないでしょうか。

ご遺骨をおさめるのに、お金のことを気にするのってどうなの?と思う人もいるかもしれせんが、今は一昔前とは違います。

不景気な現代なだけに、やはりかかる費用などは把握しておきたいところですね。

この記事では、お墓に納骨をする時にかかる費用についてお伝えしていきたいと思います。

 

お墓に納骨するために必要な作業と費用

 

まず、お墓にお骨を収める際には、お寺さんを呼んだり、石材屋さんを呼んだりしなくてはなりません。

また、天に召された方の名前をお墓に彫ってもらう必要もあります。(絶対ではない)

ここで納骨をするためにはどんな事に、どんな費用がかかるのかを見ていきましょう。

 

お墓に文字を彫刻する

お墓にはこれまで納骨された方の名前が彫刻されていると思います。

ですので今回も天に召された方の戒名や歳、日付などを追加で彫ってもらわなければなりません。

ですが無宗教の方の場合、稀にですが一切そうゆうものを彫らないという方々もいらっしゃいます。

お墓に文字を彫刻するのにかかる費用としてはだいたい3万円~7万円ほどです。

 

結構値段に差がありますが、これはお墓がある場所や石材店によって変わってきます。

どうしても機械や車を入れにくい場所にあるお墓の場合は、それだけ手間がかかってしまうので料金も高くなってしまいます。

また石材店によっても一文字にかかる単価というのは違ってきます。

あまりに安すぎる値段のところに頼んでしまうと、手間をかけれないので名前や歳を間違えてしまうといった手違いが起きてしまうこともあるようですね。

文字彫刻をする際は、お願いするお店が信用できるところかどうかを確認するために、実際に店に足を運んで話を聞いてみることをおすすめします。

 

お布施・謝礼

お坊さんや宗教者など、拝んでくださる方をお呼びした場合も、お礼という形でお金をお納めする必要があります。
このお布施・謝礼金というのには特に値段の決まりはありません。

ですが相場としてはだいたい3万円~5万円程と言われています。

稀にですが、金額に決まりがないからといって5百円や千円程しかお納めしなかったという人がおられますが、さすがにこれはせっかく拝みにきてくださったお坊さんや宗教者の方に失礼です。

忙しい中時間を作って拝みに来てくださっているので、できるだけ相場に近い値段はお納めしましょう。

 

納骨をするための納骨室の開閉

納骨をするためにはお墓の納骨室の開け閉めを行わなければなりません。

かかる費用は1万5千円~3万ほどが相場です。

値段に多少、差があるのはお墓によって納骨するための入り口(納骨口)の場所が異なるからです。

最近のお墓の場合、一般的には両側の花を入れる筒と筒の間にある「水鉢」と言われる家紋が彫っている石をどけると納骨口があります。

ですが古いお墓の場合は思いもよらないところに納骨口があることがあります。

お墓の横部分の土を掘り下げて行くと納骨口がある場合や、昔にすごくお金をかけて作っているお墓などは、墓石の前にある踏み石(板石)をどけると下に繋がる階段があり、中に入っていくとお骨を置いておくための部屋があったりすることもあります。

そのような場合、やはり必要な時間や人数も違ってきますので値段もそれに応じて異なってきます。

 

ですがお墓によっては家族だけで納骨できるようにと、本当に簡単に納骨できるように設計しているお墓というのもあります。

どのような納骨口かはお世話になっている石材店に一度確認しましょう。

稀に下調べをせず、石材店にも頼まず、納骨の直前になって納骨室の場所がわからず納骨できないといったことになってしまうケースがあります。

親戚の方たちにも集まってもらっているのに、そのようになってしまっては申し訳ないことになってしまします。

必ず、納骨口に関しては事前に調べておきましょう。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

これ以外にも、場合によって納骨式にお供えする供物の費用だったり、納骨式の後の食事代などが必要になることもあります。

そのあたりにかかる費用は、ご自身で調べて計算されるほうが早いと思いますので、この記事では割愛させていただきます。

以上がお墓の納骨をするために必要となる費用についての記事となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。