お墓というものは一生のうちに何度も建てるものではないので、あまり値段について詳しい人というのは少ないと思います。

また、最近では自分ではお墓を建てずに、お寺や自治体が管理している「永代供養墓」を利用する方も増えているようですね。

お墓を建てようと考えている人は「このくらいの値段で墓石を購入できたらいいなー」と漠然に理想の値段を考えてしまうと思いますが、実際にはどのくらいの値段で購入することができるのでしょうか。

この記事では、お墓の安いものだとどのくらいの値段で買えるのかや、なるべく安く買うにはどうすればいいかなどについてお伝えしていきたいを思います。

 

お墓の値段相場や最安値について

 

中国の石と加工が主流となっている近年のお墓を建てるための値段相場は70万円~200万円と言われています。

ですが最近ではネット販売を主に行っている販売店もあり、そうゆうところでは工事費や文字彫刻費全部込みで30万円ほどで売っているところも見かけられますね。

昔はお墓にはお金をかけなければいけない!と一千万くらいのお墓を建てる人も少なくありませんでしたが、景気の問題や、「安くで良い物を」という今の時代ではそこまでお墓にお金をかけるという人は少なくなりました。

それでも国産の石や国産加工にこだわる人もまだまだおられます。

やはり少し割高にはなりますが、中国加工よりも日本の職人さんが加工した方がきれいがものができます。

お墓を建てるというのは、おそらく人生に一度きりでしょう。

もっと言えばその後も何世代にも渡って引き継がれていくかもしれません。

確かに「安い」というのは魅力的ではありますが、安さだけではなくその後のメンテナンスのことなども考えて、しっかり相談に乗ってくれるお店で買うのが良いのではないでしょうか。

 

墓石の価格の決まり方とは

 

近年のお墓を建てるための一般的な値段相場は70万円~200万円ということは先ほど述べましたが、値段に差がでてくる理由についても見ていきましょう。

 

石の種類

墓石に使われる石には様々な種類があります。

国産でも「庵治石」「大島石」「北木石」「万成石」など、これ以外にも多くの種類があり、また中国産でも多くの種類があります。

そしてそれらの石の特性や希少性などにより、石の値段は変わってきます。

 

石材の使用量

墓地の使用面積(区画)が広かったり、墓石の大きさなどでもお墓にかかる費用は変わってきます。

お墓建てる墓地の使用面積が広いと、その分大きな基礎石が必要になり使用する石材量も増えます。

また、墓石の大きさによってももちろん使用する石材量は違ってきます。

このように使用する石材量で値段は違ってきます。

 

墓石の加工費用

昔ながらの素朴なデザインのお墓であれば、比較的加工料は安くすますことができるでしょう。

ですが最近は他とは違う独特なデザインが良いという人も多く、複雑な加工が必要になるとその分加工料が高くなっていしまいます。


スポンサーリンク


できるだけ墓石を安く買うには

 

小さな区画の墓地を選ぶ

お墓を建てる墓地の使用面積(区画)をなるべく小さくすることで、使用する石材量を減らして費用を抑える事ができます。

また、区画を小さくすることによって、先々のメンテナンスもしやすくなりメンテナンスにかかる費用も抑えられるでしょう。

 

墓石はシンプルに

お墓を建てる際にいろいろとこだわりたくなるという気持ちはわかりますが、できるだけ費用を安くしたいのであれば、墓石はシンプルなものにしましょう。

墓石の販売店ではオプション的なものもたくさん用意されてはいますが、とりあえずは墓石だけで十分だと思います。

 

予算を先に伝える

墓石の販売店に足を運んで、どうゆう墓石を建てたいかという話になると思います。

そしてそこから見積もりをしてもらうというような流れで進んでいくのですが、できた見積もりを見て「高い!!」となってしまい、いろいろな店を転々する方がよくおられるようです。

ですがそもそもその見積もりは、墓石の購入を考えている側がどんな墓石を建てたいかを伝えてたうえで販売店が出した見積もりです。

購入する側の要望を気にしなければ、販売店側はもっと値段を安くできることがあります。

ですので「どんな墓石を建てたいか」ではなく、「この予算ならどんな墓石が建てれるか」を販売店側に聞いてみると良いと思います。

低予算すぎるかなーと思う場合でも、とりあえずその予算で墓石は建てられるのかを尋ねてみましょう。

 

墓石を購入するにあたっての注意点

 

霊園やお寺によっては石材店が指定されている

霊園やお寺によっては決められた石材店しかお墓を建てられない場合があります。

その場合、自分で販売店を選ぶことができないため費用が高くなってしまうことがあります。

お墓を建てる場所を探すときは、あらかじめそのへんも確認しておきましょう。

 

工事の手抜き

墓石を建てる場合でも、手抜き工事というものが存在します。

完成したお墓を見て綺麗にできているように見えても、見えないところで手抜きをしていることがあります。

特に多く感じるのが、お墓を建てる前にする地固めがしっかりできていないことです。

お墓を建てる前には、10年後・20年後もお墓が傾いたりしないように地盤を踏み固め、そこから更にコンクリートを敷いて固めます。

しっかりした業者なら、あまりに地盤がゆるい場合は杭などを打ち入れて更に対策をするのですが、適当な業者の場合は地盤の様子も確認せずににそのままコンクリートを敷いてしまうことがあります。

たまたましっかりした地盤の場所であった場合は大丈夫ですが、そうでなかった場合は何年かしたらお墓が傾いてきてしまうことがあるのです。

このような事例は結構ありますので、安すぎる場合はしっかりとその理由を聞いてみましょう。

心配な場合は、直接石材店に墓石を購入しに行くことをおすすめします。

その方が安心もできますし、その後のメンテナンスなども相談しやすいですよ。

 

おわりに

 

今ではネットで検索するとびっくりするくらい安い値段で墓石を販売しているところもありますが、その後のことを考えると安くてもしっかりと調べて理由などを聞いてみる必要がありますね。

せっかく建てたのに、何年後かにすぐ修理をしないといけないようになってしまっては安く購入した意味がありません。

また、しっかり責任を持って墓石を販売・建築しているお店は「この期間内に何かあった場合は無料で修理します!」というような「保証書」があるところもあります。

しっかりした販売店だと感じたお店が見つかった時は多少値段が他より高くても、長い目で見てそこを選ぶのも良いのではないでしょうか。

納得のできる値段と理由で良い墓石を建てましょう。

以上が「お墓の値段|安いものだとどのくらいの値段である?」の記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。