最近テレビなどでよくお墓に関することが流れますね。

よく耳にする話題はやはり「墓じまい」ではないでしょうか。

近年では自分でお墓を持たずに、お寺や自治体などが管理する「永代供養墓」を利用したいという人も増えてきています。

また、「お墓の引っ越し」というのも「墓じまい」と同じくらいよく耳にする話題ですね。

お墓を移動(移転)される理由は人によって様々ではあると思いますが、「お墓が遠くてお参りや管理が大変」という方が多くおられるようです。

お墓が遠くてはお参りに行くだけで毎回相当な時間とお金がかかってしまいますし、こまめにお参りもしてあげれないと思います。

そのような場合、たしかに長い目で見ると多少お金がかかっても近くに移動したほうが、様々な面でメリットがあるかもしれませんね。

この記事ではお墓を移動(移転)する際にどんな手続きが必要なのか?

またどのくらい費用がかかるかについて見ていきたいと思います。

 

お墓を移動(移転)するために必要なこと

 

新たに建てるお墓の場所を決める

お墓を移動するにはまず、移動先を決めなければいけません。

お寺なのか、霊園なのかや、そこに新たにお墓を建てられる場所はあるのかなど、事前に調べて確認しましょう。

また、便利な場所にある霊園などは空きがあっても競争率が高いため、募集があっても抽選になってしまいなかなか当たらないかもしれません。

移動先の候補はいくつか考えておくのが良いかもしれませんね。

 

事務的な手続き

お墓を移動先が決まれば次は事務的な手続きをおこなっていきます。

お墓を移動させるには「受入証明書」「埋葬証明書」「改葬証明書」というものが必要になります。

まずはじめにおこなうのは受取証明書をもらうことです。

受入証明書というものはお墓を移動させる先(移転先)の管理者から許可をもらうことにより発行してもらえます。

そして次に埋葬証明書です。

埋葬証明書は今お墓が建っている所(移転元)の管理者に了承をもらうことで発行してもらえます。

そして最後に改葬証明書です。

改葬とはお骨(ご遺骨)を他の場所へ移すことを言います。

この改葬証明書は移転元にある市町村役場でもらうことができます。

そして書かれている必要事項に記入をしていきます。

埋葬証明書の記入が終われば、あらかじめ移転先と移転元の管理者からもらっておいた「受取証明書」と「埋葬証明書」と一緒に、この三つの書類を市町村役場に提出します。

そしたら役所から新たに「改葬許可書」というものを発行してもらえます。

これを移転先の市町村役場に提出して事務的な手続きは終わりになります。

ですが改葬許可書を発行してもらうのに必要な書類などは役所によって若干異なる場合がありますので、一応移転元の市町村役場には電話でもいいので問い合わしてみるのが良いと思います。

 

移転元でお世話になっていたお寺さんや神社さんとの手続き

墓石の移動やお墓から遺骨を取り出す場合は、移転元でお世話になっていたお寺さんや神社さんに閉眼供養、抜魂供養をしてもらう必要があるでしょう。

またお寺の中にお墓を建てていて、それを移動させる場合はそのお寺で決められている手続きがあることもあります。

お墓を移転するにはどのようなことをする必要があるのかを、事前にお寺さんや神社さんに問い合わせておきましょう。


スポンサーリンク


お墓を移転するためにかかる期間

 

お墓を移転させるのに必要な期間ですが、これはお墓の移転元から移転先の距離や、お墓の大きさなどによっても変わってきます。

ですのでだいたいの目安になるのですが、移転を考えてから移転完了までで半年から1年くらいの期間がかかると思っておくと良いと思います。

 

お墓を移転するためにかかる費用とは

 

お墓を移転するには様々な費用が必要になります。

お墓から遺骨を取り出すための費用や、移転元からお墓を引きあげる(撤去する)ための費用。

そして移転先まで墓石を持っていく運搬費用や、移転先で石を組み立てる据付費用。

また、移転先で新たにお寺の檀家になる場合などは、檀家になるための入会料や年会費も必要になることがあります。

細かく説明しすぎると頭が痛くなってきそうですね。

移転にかかる費用も移動させる墓石の量や移動距離によって異なってきますが、だいたい平均的な総額費用としては200万円~300万円と言われています。

どの石材店にお願いするかによっても若干変わってくると思いますので、事前に問い合わせて見積もりを出してもらいましょう。

 

おわりに

 

お墓を移動(移転)させるのは大変かもしれませんが、確かに近くに移動すればこれからのお参りはウンと楽になることは間違いありません。

できるだけご先祖様が入られているお墓なので、しっかり管理ができる場所にあれば安心もできます。

きっとこれからも長く引き継がれていくお墓だと思いますので、大切にしていけたら良いですね。

以上が、お墓を移動するのに必要な手続きと費用に関する記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。