脳血管性認知症と言われてもピンと来ない方が多いでしょうか。

広く知られている脳梗塞やくも膜下出血などといった、脳の病気の結果おこる認知症です。

脳そのものの老化ではないために、予防することも可能です。

この記事では脳血管性認知症の原因となる疾患について、またその特徴、治療、予防についてもお伝えしていこうと思います。

 

脳血管性認知症とは

 

脳血管性認知症とは、アルツハイマー型認知症以外(非アルツハイマー型認知症)に区分されている認知症の一種です。

脳梗塞、特に小さい脳梗塞(ラクナ梗塞)、といった脳血管由来の病気が原因でおこる認知症です。

男性に多くみられます。

これは高脂血症による動脈硬化や高血圧などの生活習慣病が原因である場合が多いからです。

実際に昔は血管性認知症がアルツハイマー型認知症より多かったのですが、食生活の改善や健康志向もあり現在では逆転しています。

 

 

脳血管認知症の原因となる疾患

 

脳血管性認知症の原因としてはいくつかありますが、主に脳梗塞です。

脳梗塞は、まず脳内の血管がつまります。

次にその先にある脳組織に血液が流れなくなり、脳が萎縮したり変性したりします。その結果、いろいろな障害が出てきます。

 

脳梗塞には、脳塞栓と脳血栓があります。

脳塞栓は、動脈硬化などにより脳の血管そのものが徐々につまっていく病気で、脳血栓と違い進行はゆるやかです

脳血栓は、心臓の病気や他の部位の手術後などで発生した血のかたまり(血栓)が、脳の血管をつまらせる病気です。

脳塞栓と違い血栓はすぐ血の流れを止めてしまうため、急激に発症します。

 

また血管の太い根本でつまることが多く、結果大きな脳梗塞になり重大な症状が出やすいです。

また小さい脳梗塞が多発することもあります。

脳の表面ではなく奥の方で発生することが多いです。

運動障害よりも認知症症状が目立つことがあり、多発梗塞性認知症とよばれます。

脳出血や、くも膜下出血といった頭蓋内出血でも認知症症状が発生することがあります。

強い頭痛や吐き気、ひどければ呼吸障害など直接生命に関わる場合がありますので、すみやかに治療されることがほとんどです。

出血の状況によりますが、治療後に認知症症状が残ることもあります。

 

硬膜外血腫、硬膜下血腫、慢性硬膜下血腫でも認知症症状のような症状が出る場合があります。

これは頭蓋骨の下で出血し、血がたまり、脳を押している状態です。

これは特有の、ぼーっとした状態になり、見当識障害といった認知症症状と間違われることがあります。

転倒や転落といった頭部への衝撃で起こるのですが、お年寄りは覚えていない場合が多いです。

血を抜いて脳への圧力を弱めれば症状も回復することがほとんどですが、血腫の大きさや気がつかず放置していた場合などは認知症のような症状が残ることがあります。

これらの脳内出血にともなう病気は治療すれば回復する場合が多く、CT検査による画像検査で確実に診断できるので区別は必須です。

 

脳血管性認知症の症状と特徴

 

脳血管性認知症は、アルツハイマー型認知症と症状が同じものも多いです。

アルツハイマー型認知症が進行し血管性認知症も発症するなど、両方が併発していることも少なくありません。

他と比較した場合の脳血管障害認知症の特徴としては、突然に発症する、そして段階的に悪くなり進行します。

 

初期には神経衰弱的症状が目立ち、次第に記憶力の低下が始まる。

そして、まだら認知症の症状をみせるが理解力や判断力といった基本的能力は保たれます。

脳塞栓の場合は頭痛やめまい、吐き気とともに意識がもうろうとします。

意識が回復したあとも認知症症状が残ることがあります。

 

脳血栓は、脳の血流低下による短期間の意識消失といった発作(脳虚血発作、TIA)をおこす場合が多く、この軽い発作から回復、を繰り返し段階的に進行するようです。

脳血栓の場合は、脳血栓のような前ぶれはなく急激に(数秒ないし2~3分間)意識消失やもうろう、けいれん発作、半身のまひ(片麻痺)がおこります。

塞栓は大きな固まりなので血管の元の部分でつまった結果、大きな脳梗塞を作ることが多いです。

場所にもよりますが、半身麻痺や運動失語が残る場合があります。

 

多発梗塞の場合は、脳梗塞の場所に応じた症状が出るが、認知症症状が前面にでる場合もあります。

頭痛、めまい、しびれ感、耳鳴り、不眠。

小刻み歩行やうまくしゃべれなくなることも多いです。

これは脳の深い部分で梗塞が発生するために、運動障害が発生するためです。

認知症症状の特徴としては、さまざまな精神機能の低下に差が大きい。

記憶障害が強いのに理解力や判断力が正常、といった機能別にまだら状に症状がでます(まだら認知症)。

これは複数の小梗塞がバラバラに発症しているためです。

性格変化として、怒りやすくかっとなりやすい、感受性が強くなり、がまんができなくなる、があります。

特にささいなことで怒ったり泣いたりします(情動失禁)。

ただしアルツハイマー型認知症と違い、人格の核心が比較的保たれていることが特徴です。

多発梗塞性認知症ではうつ状態になることも多く、抑うつ気分、不安、焦り、自分が悪いと思い込む、といった老年性うつ病と同じ症状がみられます。

これは多発梗塞性認知症なのか、うつ病なのか、合併しているのか判断は難しいものです。

 

そして病状が進行すると、せん妄状態、特に夜間せん妄におちいることが多い。夜間の血圧低下による脳循環障害が原因の一つと思われます。

脳内出血では、強い頭痛や吐き気、めまいといった身体的症状が強く、見逃すことはない思われます。

脳内血腫は、頭痛といった症状はほとんどない場合もあります。

急に出現する、うつろなぼーっとした状態、時間や場所や名前などがわからないといった見当識障害があらわれます。

 

脳血管性認知症の診断は

 

脳血管性認知症では、アルツハイマー型認知症などとの鑑別診断がされるが、症状もおなじものが多く、両者を併発していることもあります。

MRI装置などによる脳の血管撮影で、動脈のつまった部分や細くなった部分がわかります。

その先の脳の部分に障害がある可能性があります。

またMRI装置では、CT装置ではわかりづらい小さい脳梗塞もはっきりわかります。

脳機能検査としておこなわれるSPECTやPETなどでは、脳の循環そのものがわかります。

脳が全体的に判りますが検査できる施設は限られてくるでしょう。

今ではあまりおこなわれませんが脳波検査でも特徴的な波形があり、診断の助けになります。

 

脳血管性認知症の治療は

 

アルツハイマー型認知症に準じた各種投薬がなされます。

脳血管性認知症の原因となった脳の病気に対する治療が行われます。

また身体的障害があればリハビリもおこないます。

脳の病気が高脂血症や高血圧が原因であれば、再発の可能性がありますので、その対応をします。

精神的、肉体的疲労をさけて規則正しい生活をさせる。食事は動物性脂肪、糖質、食塩などを制限し、良質のタンパク質を多くとるようにします。

 

脳血管性認知症の対応は

 

認知機能に障害のある部分と、無い部分ときちんとわかれていますので、理解して対応しましょう。

知的能力や人格が正常に保たれている場合も多いため、きちんと配慮をして介護しましょう。

そのため患者は自分の症状を自覚し、抑うつ状態になりやすいです。

障害を理由に叱ったりしてはいけません。

また感情的になりやすい場合もありますので、感情のツボをおさえておきましょう。

認知症の原因となる脳の病気は再発する可能性があります、生活習慣や食生活で改善できる部分は改善するように努めます。

 

脳血管性認知症の予防は

 

高脂血症や高血圧が脳梗塞や脳内出血をおこす原因です。

それらの生活習慣病を予防することが大切です。

規則正しい生活や健康的な食生活を心がけましょう。脳梗塞や脳内出血になったことのある方は、再発する可能性があるので注意します。

生活改善や通院と投薬を欠かさずにします。

身体的に障害が残った方はリハビリを欠かさぬようにし、機能回復に努めましょう。

身体的な障害が進行すると、それを気にして抑うつ状態進んだり、活動性が下がることで認知症が進行する可能性があります。

これらの原因になる脳の病気は、早期発見し治療すれば認知症にはいたらない場合があります。

気になった場合はきちんと受診しましょう。