家や仕事場ではデスクトップ型や一体型のPCを利用していて、出先では持ち運びに便利なノートパソコンを利用する。

このように2台のパソコンを状況によって使い分けている人は多くおられるのではないでしょうか?

そしてそういった使い分けをしている人の中には、ノートパソコンのデフォルトで付いているキーボードに窮屈さを感じる人もおられると思います。

ノートパソコンのキーボードは携帯性を最優先にしているので、入力のしやすさではどうしても通常のキーボードに劣ります。

また、ノートパソコンの大きさ(範囲内)に収める為に、キーの位置が変更されている場合もあります。

できれば自分が使い慣れているタイプのキーボードを、ノートパソコンでも使えたらいいですよね。

ですが知っていますか?

実はノートパソコンも別のキーボードを接続すればちゃんと認識してくれるんです。

そして便利なことに、パソコンによっては標準で搭載されているキーボードを無効かできるものもあります。

この記事ではノートパソコンに別でキーボードを接続した場合に不都合になる「ノートパソコン側のキーボードの無効化」についての方法を見ていきたいと思います。

 

まずは外付けキーボードを用意しよう

無効化の方法を知るよりも先に、まずやってほしいのが外付けするキーボードの用意です。

キーボードが無い状態でこれから説明する無効化の方法を試すような事は絶対にしないでください。

現在発売されているキーボードのほとんどが、USBで接続するだけで使えるようになる「プラグ&プレイ」に対応しているので、そのまま使うだけであれば接続するだけで使用が可能になります。

もし試してみたいだけであれば、安いキーボードで問題ありません。

ですがノートパソコンの携帯性を重視したキーボードに不満を抱え、それを改善したいのであれば、しっかりと考慮した上で使いたいキーボードを用意しましょう。

 

不満を解消できるキーボードを選ぶ

ノートパソコンのキーボードに対しての不満が、キーピッチ(1つ1つのキーの大きさ)の狭さならあまりコンパクトなタイプはおすすめできません。

また、キーストローク(キーを押した時に反応するまでの押しこみ量)の浅さが理由ならパンダグラフ式は避けて購入する必要があります。

人によってこれらの不満点は異なるので、自分の不満を解消できるキーボードを購入するようにしましょう。

 

Windowsにはキーボードを無効にする機能はない?

パソコンへの疑問

外付けのキーボードを用意してしっかり動作する事を確認したら、いよいよ標準搭載のキーボードの無効化です。

と、言いたいところですが、ここで1つ抑えておくべき知識があります。

それは多くのパソコンのOSとして利用されているWindowsには、特定のキーボードを無効化するような機能はないという事です。

OS側から見ればキーボードの入力を無効出来てしまうと、出来る操作が極端に限られるのでこればかりは仕方ありません。

もう少しわかりやすく言うと、何らかの操作のために設けているキーがキーボードによってはあったりなかったりするのです。

では絶対にキーボードを無効化する方法はないのか?というと、そうではありません。

使用しているノートパソコンによって方法は異なりますが、他にもできる可能性のある方法がありますので見ていきましょう。


スポンサーリンク


キーボードの無効方法は大きく分けて3種類

CHECK

OSを使った無効化の方法はありませんが、他のやり方でキーボードを無効に出来る方法が3種類あります。

しかし先ほども述べましたが、これらが出来るか出来ないかは使用しているノートパソコンによっても異なるので必ずしも出来るわけではありません。

自分のノートパソコンで出来る方法を探す意味順に見ていきましょう。

 

ショートカットキーやボタンを使って無効にする

これが一番単純で簡単な方法です。

ノートパソコンにはキーボードの誤作動を防ぐ為などの目的で、搭載されている全てのキーを無効化する「ボタン」がある場合があります。

また、ショートカットキーによってキーボードを無効化できるようにしてあるノートパソコンも存在します。

特にボタンがある場合は非常に楽で、もし「オンにしたい」となっても再度ボタンを押すだけで使用可能になります。

まずはこのボタンがあるかないかを真っ先に探してみましょう。

もしそのボタンが無ければ、次はショートカットキーを確認する事になります。

ですがこのショートカットキーがあったとしても、各メーカー毎に設定されているキーは異なります。

利用しているノートパソコンのメーカーやシリーズを確認した上で、キーボードを無効化するショートカットキーが無いかを確認しましょう。

 

BIOS設定から無効にする

ボタンやショートカットキーがない場合、少し難易度は上がりますが別の方法もあります。

難易度があがる理由は、一般的にあまり触ることのない「BIOS設定画面」の設定になるからです。

BIOSとはパソコンの本当に基本的な設定を行う設定画面で、ノートパソコンの起動中に出るいくつかの画面の中で、特定のボタンを押すと起動します。

特定のボタンはノートパソコン内臓のマザーボードによって違いもありますが、多くのマザーボードでは「F2キー」が割り当てられています。

少し難しく言いましたが、パソコン起動ボタンを押してF2キーを押し続けていれば自然とBIOS画面に入れます。

BIOS画面に入れたらキーボードの無効化出来る項目が無いか探してみましょう。

ただし、この方法もBIOSにキーボードの無効化設定がない場合には出来ない方法になります。

またBIOSはパソコンの基礎的な部分をいじる事になるので、間違って違う所をいじってしまうと修復は大変です。

多少の知識が必要になるので注意して作業を行うようにしましょう。

 

レジストリを書きかえる(非推奨)

上記2つの方法でキーボードの無効化を実行出来ないのであれば最終手段と言われる方法が「レジストリの書き換え」です。

ただしこの方法はOSであるWindowsに無理矢理指示を与える方式になるので、キーボードだけでなくWindows自体に深刻なエラーが起こってしまう場合があります。

実行した時には上手くいっても「WindowsUpdata」などが行われたタイミングでエラーになってしまう場合もあるので厄介です。

BIOSの変更以上のリスクがあるので自身で、OSの再インストールや復旧が行える知識がない場合には実行しない事をおすすめします。

 

レジストリを変更したくない人は

ボタンやショートカットキーの設定が無い。

また、BIOSも確認したけど変更出来ず、レジストリの書き換えは不安だからやりたくないという人は残念ながらキーボードを無効化出来る方法が残されていません。

多少の誤作動は覚悟の上で、ノートパソコンのキーボードもオンのまま外付けキーボードで入力するような形になります。

ですが誤作動と言っても一番の誤作動の原因は、パソコンの前に座る自分自身なので気を付けて作業すればある程度は防ぐ事ができます。

ノートパソコンの場合キーボードを物理的に塞ごうとすると携帯性が下がってしまう上に排熱問題が起こるので、物理的に塞ぐ事はしないようにしましょう。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

ノートパソコンに採用されているキーボードのほとんどは「パンダグラフ式」と言われるもので、キーストロークが浅く押しやすいのですが、慣れていないとミスタイプ(誤入力)が多くなる傾向があります。

もしそのような理由で携帯しているノートパソコンのキーボードにストレスを感じている人は、試してみる価値はあるかもしれませんね。

また、何度も言うようですが、レジストリ変更はよく考えてからおこなってください。

これからパソコンの知識を得たいので触ってみたいという方なら、エラー覚悟で実行してみるのもいいかもしれません。

知識ないとパソコンを使用できなくなる事態になることもあるので、できるだけ触らないようにすることをおすすめします。
以上がノートパソコンのキーボードを無効化する方法に関する記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。