咳とは風邪などでよく見られる症状ですね。

ただの風邪症状だろうと思っていたら思いの他なかなか咳が治まらず、長引いてしまうというケースが最近増えているようです。

病院に行かずに放っておいたら、1ヶ月以上咳が続いてしまった経験がある人も多のではないでしょうか。

ですが咳は、身体に何かしらの異常がある場合があり、意外な病気が隠されている可能性があるため軽く考えたり放置してしまうと非常に危険です。

 

咳は一般的によくみられる症状なので放置してしまいがちですが、特に咳が長期間続いている人は、どのような病気の可能性があるのかを理解して、なるべく早く病院へ受診することをおすすめします。

この記事では長引いてしまっている慢性的な咳には、とのような病気の疑いがあるのかをお伝えしていきたいと思います。

 

どのくらいの期間で長引く咳となるの?

考える医師

長引く咳といってもどのくらい咳が続いたら「長引いている」と判断するのかは非常に疑問に思うところではないでしょうか?

一般的に風邪やインフルエンザなどの、ウイルスによる感染症が原因でおこる咳症状は2~3週間で治まっていきます。

3~4週間以上続く咳は風邪などが原因であることは少なく、8週間以上続いてしまった場合には感染症以外の何らかの病気が原因であることがほとんどです。

その場合は検査をして、それぞれの治療、対処が必要となってきます。

 

湿った咳と乾いた咳で疑われる病気は違ってくる

 

咳は様々なウイルスや、ホコリ、煙、害のある食べ物などの異物から、肺や気管を守るための防御反応です。

ですが、一言に咳と言っても、痰を伴う「湿った咳」か、痰が無いもしくは少量である「乾いた咳」かで疑われる病気も違ってきます。

 

痰を伴う湿った咳で疑われる病気

・風邪、インフルエンザなどの感染症

・副鼻腔気管支炎症候群、後鼻腔などの鼻の病気

・喘息

・COPD

 

痰がない、もしくは少量の乾いた咳で疑われる病気

・咳喘息

・アトピー咳嗽

・百日咳

・胃食道逆流症(GERD)

・心因性咳嗽

 

慢性的な咳に多い病気とその症状

診察室の写真

咳が長期間続く場合は必ずと言っていいほど、何らかの病気が隠れています。

重度の病気(肺がんや結核)が原因となっている可能性もあるため、まずはそのような病気がないか検査する必要があります。

検査には胸部のX線検査によって異常があるかないかの確認がおこなわれます。

また他にも次のような病気の可能性もあります。

 

喘息(気管支喘息)

喘息は気道の粘膜が慢性的に炎症を起こしている状態です。

この炎症によって気道の内腔が狭くなり、少しの刺激で咳や痰の症状があらわれます。

また「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といった喘鳴が起こり、症状がひどくなると呼吸困難になることもある病気です。

 

咳喘息

咳喘息は気管支喘息とは違いゼーゼー、ヒューヒューといった喘鳴や呼吸困難は起こらず、慢性的に乾いた咳だけが続く病気です。

ですがこの咳喘息は喘息の前段階と考えられております。

 

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

タバコなどの煙によって、肺が傷つきやすくなっている状態の人にでる病気です。

病気が進行していくと痰、咳、息切れなどの症状が慢性的にあらわれます。

 

アトピー咳嗽

アトピー咳嗽も咳喘息と同様で、喘鳴や呼吸困難は起こりませんが、長期間乾いた咳が続く病気です。

 

後鼻漏(こうびろう)

後鼻漏は分泌されすぎてしまった鼻水が喉の方へと流れ落ちていく症状のことを言います。

また、咳がでる、痰が絡むといった症状も伴います。

 

胃食道逆流症

胃食道逆流症は胃液が食道のあたりまで逆流してしまい、喉が炎症をおこしてしまう病気です。

炎症により咳が続くことがあり、また、胸焼け、ゲップ、胸の痛みが生じる場合もあります。

 

感染後(感冒後)咳嗽

感染後咳嗽は、ウイルス感染など(風邪など)によって気道が炎症した後に起きる、長引く咳のことです。

 

薬剤による咳嗽

高血圧の人の多くは「降圧剤」という薬を使用していると思いますが、その薬の副作用によって咳症状がでることがあります。

 

咳が続いている期間で疑われる病気が違ってくる

医師と相談する写真

咳の原因の多くは風邪によるものですが、先ほど述べたように長期間咳が止まらない場合は特別な病気の可能性がでてきます。

ここではどれくらい咳が続くと、どのような病気の疑いがあるのかを見ていきます。

 

3週間以内の場合

咳の期間が3週間である場合では、次のような症状が当てはまれば感染性の咳と疑われます。

 

・くしゃみ、発熱、鼻づまり、咳の症状が軽くなってきている

・家族など、周囲に同じ症状の人がいる

・黄色や緑色の痰(膿性痰)がでる

 

咳の原因となる主な感染症

・インフルエンザ

・アデノウイルス

・百日咳菌

・マイコプラズマ

・細菌性市中肺炎(肺炎球菌)

・結核

 

疑われる病気

・風邪

・急性肺炎

・気管支喘息

・気管支炎や細気管支炎

・胸膜炎

 

治療、検査について

咳が一番ひどいピークの状態を過ぎている場合は、咳を鎮める薬を処方され経過観察となります。

咳がまだピークを過ぎていないと思われる状態である場合は、肺炎や結核、その他の肺の病気の疑いがでてくるため胸部X線検査や血液検査がおこなわれます。

そして感染の原因となっているのがどのような菌かわかれば、その菌に効果のある抗生物質等で治療をおこないます。

 

3週間以上乾いた咳(からせき)を起こしている場合

3週間以上にわたり乾いた咳を起こしている場合は、次のような検査がおこなわれます。

 

・胸部X線検査

・CT検査

・肺機能検査

・血液検査

 

これらの検査の目的は、咳が肺の空気(流れ)の異常と関連していないか、アレルギー体質が原因ではないか、また感染症が関係していないかなどを調べるためにおこなわれます。

感染症の場合、原因となった病原体にあわせた効果の期待できる抗菌薬を使用します。

 

疑われる病気と治療法

・咳喘息、喘息

咳喘息や喘息の場合は、気管支を広げる薬や吸入ステロイド薬を使用して治療をおこないます。

 

・COPD(慢性閉塞性肺疾患)

COPDでは、主に禁煙を目指すことと気管支拡張薬での治療になります。

 

・アトピー咳、アレルギー性鼻炎

アトピー咳とアレルギー性鼻炎の場合では、抗アレルギー薬、吸入ステロイド薬、点鼻薬を使用して治療をおこなっていきます。

 

・胃食道逆流症

胃酸抑える薬を使用します。

 

3週間以上湿った(痰を伴う)咳を起こしている場合

3週間以上にわたり痰を伴う咳が続いている場合には次のような検査がおこなわれます。

 

・COPDや喘息などの病気が関係していないかを調べるための肺機能検査

・肺や副鼻腔がないかを調べるための、X線やCTでの検査

 

またこの検査によって異常が見つかった場合には気管支内視鏡検査をすることもあります。

 

疑われる病気と治療方法

・喘息

・COPD

・気管支拡張症

・副鼻腔気管支症候群

・鼻炎

・結核

・肺がん

 

結核や肺がんが関係していることは稀ですが、そのような重度の病気が関わっていることもあります。

治療では主に痰を楽にする去痰薬が処方されます。

※喘息やCOPDの治療法は先述したように禁煙、吸入ステロイド薬、気管支拡張薬を使用したものになります。

 

まとめ

 

咳は、ただの風邪だろうと放置してしまいやすいものですよね。

ですが上で述べたように3週間以上、また8週間続いてしまう咳は何かの病気かもしれません。

異常がなく長期間にわたって咳が続くことはほぼ無いです。

そのような病気の悪化を防ぐには、早期診断をして原因をつきとめ、治療をおこなうことが大切です。

気になる咳症状がある時は、近くの呼吸内科を受診する、またアレルギーなどの専門医にきちんと診断してもうことをおすすめします。

 

以上が慢性的な咳、咳が止まらない時の原因についての記事となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。