梅雨の時期から秋ごろにかけて、どこからともなく現れる蚊やコバエ。

特に蚊の場合はいつのまにか刺していき、知らない間に逃げられると悔しくてたまりませんね。

刺されてしまうと、かゆくてたまらなくストレスとなってしまうこともあるでしょう。

そしてまだ抵抗力の弱い小さなお子さんのいるご家庭では、気を付けてあげたい問題ですね。

また、蚊は高めの体温や汗などに反応して寄ってくるため、平熱が高くよく動き汗をかきやすい子供が標的になってしまことが多いです。

そのため外で遊んで家に帰ってきたとき、手や足を何か所も蚊に刺されていたというケースはよくありますね。

外ではある程度しょうがないにしても、せめて生活している部屋への侵入はさけたいところです。

この記事では我が子をそんな蚊から守るため、また、家にコバエなどの虫を寄せ付けないための部屋の虫除け(蚊)対策方法を見ていきたいと思います。

 

虫除け対策と言えば「蚊取り線香」という先入観には注意?

 

昔から虫除け(蚊)対策として愛用されている「蚊取り線香」は、誰もが知っている一般的な虫除けアイテムです。
もちろんそれだけポピュラーな商品なだけあって蚊に対しての効果も絶大です。

ですが気を付けていただきたい注意点があります。

ホームセンターなどで売られている一般的な蚊取り線香には、「ピレスロイド」という殺虫成分が含まれています。
このピレスロイドは主に昆虫類によく効く成分なので、虫以外(人間や犬猫)には影響がないとされています。

もしも人体に入ってしまったとしても分解して人体から排出されるといった特徴がありますが、稀に敏感な体質の人もいるようです。

このことから人間の体にまったく害がないとは言い切れないかもしれません。

喉が痛くなったり気分が悪くなるといった症状がでることもありますので、もし使用する場合は必ず次のようなこのに気をつけましょう。

 

・しっかりと換気する

・子供の手の届かないところに置く

・直接煙を吸ったりしないようにする

・火傷などに注意する

 

そしてまだ免疫力や抵抗力がしっかりと備わっていない未熟な赤ちゃんがいるご家庭で「それでも心配」という親御さんは、蚊取り線香でもその成分にピレスロイドが含まれていない蚊を対策できる線香があります。

菊花せんこう」というものです。

この菊花せんこうは殺虫効果のある成分は含まれていませんが、除虫菊と呼ばれる中国の植物でつくられており、虫をできるだけ寄せ付けないようにする効果があります。

小さいお子さんのいるご家庭では、こちらの線香を使うほうが安心できますね。

ですがやはり煙は喉によくありませんので、換気は積極的におこないましょう。

 

電気式の蚊取り線香の安全性は?

 

では、電気式の蚊取り線香はどうでしょうか?

煙もなく臭いもないので電気式の蚊取り線香は、一見子供にも安全に思えます。

ですが実は、電気式蚊取り線香にも、先ほど述べました「ピレスロイド」が使用されています。

ですので煙や臭いがなくても、一般的な蚊取り線香と同じ使い方をしなければなりません。

また煙や臭いがないため、うっかりつけているのを忘れてしまうといったケースも多く見られます。

つけているのを忘れて窓を閉め切り換気を怠ると、子供がピレスドイドを多く吸い込んでしまうことになりますので注意しましょう。

 

蚊取り線香以外の虫除け対策

 

蚊取り線香を使用する以外にも、虫除けができる方法もあります。

子供の体に悪影響のない方法ですので、その対策方法も見ていきましょう。

 

部屋に虫を侵入させない

そもそも部屋に虫を侵入させなければ、蚊取り線香などを使う必要もありません。

完全に防ぐというのは無理かもしれませんが、できるだけ虫が入ってこないようにすることはできます。

そのためには虫が部屋に入ってこれる隙間などの入り口をできるだけ塞いでおく必要があります。

換気扇、排水口などはホームセンターで虫除け網が売られていますので、そちらを取り付けましょう。

エアコンのダクト、部屋の窓、ドアの隙間には隙間テープを使用してしっかりとふさぎます。

また、網戸もほつれなどによって隙間ができていないか、定期的に確認しておきましょう。

そしてさらに網戸用の虫除けスプレーをつけておくと、かなり効果が期待できます。

まずはこのように、虫を侵入させないような対策をするのも一つの手です。

 

虫の嫌いなアロマオイルやハーブを使用する

虫はアロマオイルやハーブを嫌がります。

薬局などで売られている虫除け対策グッズがない時代は、このようなアロマオイルやハーブが虫除け対策として用いられていました。

子供がいるご家庭では、このような体に悪影響がない天然成分のアイテムを使用することもおすすめです。

玄関や窓際にハーブ系のものを観葉植物として置いたり、アロマオイルを水で薄めたスプレーをつくって肌や服、網戸などに振りかけておくと虫が嫌がり寄ってきにくくなりますよ。

また、生ごみなどが入ったゴミ箱にアロマスプレーを振りかけておくとコバエ対策にもなります。

 

虫が寄り付かない照明を使用する

夜、明かりのある所に虫が集まってくる様子を見たことがある人は多いのではないでしょうか?

部屋の照明や道端にある街灯などを見てみると、だいたい虫が周りを飛んでいますよね。

あれは単に明るいところに引き寄せられてくるわけではなく、蛍光灯などが出している紫外線に引き寄せられて集まってくるのです。

現代では電気代も安く長持ちしやすいLEDライトが主流ですが、実はこのLEDライトは紫外線を出しません。

従って、家の玄関や部屋の照明をできるだけLEDに替えておくことで虫を寄せ付けなくする効果が期待できるのです。

蛍光灯に比べて消費電力が半分ほどで、寿命も普通の照明に比べたら3.3倍ほど長いLEDは経済的でもありますので、ぜひこの機会に家の照明をオールLEDに交換してみるのも良いのではないでしょうか。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

一般的なホームセンターなどで売られている蚊取り線香も、しっかり使用方法を守れば子供の体に害をもたらすことはないでしょう。

ですが現代では周りの家がエアコンをつけていると、そのエアコンの熱風が入ってきてしまうので窓を開けての換気が難しいといったケースもあると思います。

そのような場合は、今回紹介させていただいた方法を実践してみてください。

以上が子供の虫除け対策に関する記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。