子供が「お腹が痛い」と腹痛を訴える時に、便秘が原因である場合があります。

子供の腹痛は、30%~40%が便秘によって起こっていると言われています。

便秘は病気ではありませんが、あまりに長く続いてしまうと子供にはかわいそうな症状を引き起こしてしまいます。

また便秘を繰り返してしまう子供は、腸内環境が整ってないことが原因となっていることが多いです。

この場合、病院に通って治すというよりも、日ごろの食事や生活環境などの改善をしていく必要があります。

この記事では便秘で腹痛を起こした時の対処方法や、原因である便秘の改善方法についても見ていきたいと思います。

 

腹痛が便秘によるものかどうかの見分け方

 

子供が「お腹が痛い」と言っても、それが本当に便秘によるものかどうかは判断しにくいものです。

そのような場合すぐに小児科などで診察を受けるのが一番ですが、まだそこまで痛みがひどくなく、様子を見てみようという状況の時は参考にしてみください。

 

便秘による腹痛の場合

子供によって便を出す頻度というのは異なりますが、排便が週に3回未満であると便秘だと言われています。

また毎日便が出てていても、うさぎや鹿のようなコロコロの便だったり、いきんでいるのに出ない、痛みがあるといった場合も便秘の可能性があります。

子供は一度便秘になってしまうと、悪循環でさらに便秘が悪化してしまうケースが多いです。

便秘になると便が硬くなりスムーズな排便ができなくなることで、肛門が傷つき痛みを感じてしまいます。

やはり子供は痛みを感じてしまうと、いきむことを躊躇してしまいます。

そして上手く便を排出できないことで、直腸に便が溜まって伸びてしまい、その状態にだんだん慣れていってしまいます。

そうなると、便が溜まっているのに便意が生じにくい体質になってしまうのです。

このように子供の便秘は、慢性化しやすいのです。

 

子供の便秘は我慢からくる?

そもそもはじめに便秘が起きる原因としては、主に便意を我慢してしまうということにあります。

遊んでいる時に便意を我慢してしまったり、幼稚園や小学校では「家じゃないから落ち着いてできない」「便をだしていることが友達にバレると恥ずかしい」などの理由で我慢してしまうことが多いようです。

また、もっと小さなお子さんの場合でトイレトレーニングをはじめる時なども、あまり無理に進めてしまうと我慢の原因になるようです。

こうした原因の便秘は子供さんの気持ちの問題でもあるため、なかなか改善が難しいものでもあると思いますが、なるべく早く慢性化する前に対処してあげることが大切です。

 

便秘以外の腹痛の場合

 

ウイルス性胃腸炎

下痢・嘔吐・発熱などの症状が伴う場合はウイルス性胃腸炎の可能性があります。

この場合、嘔吐を繰り返す・水のような便になる・熱が出てくるなどの状態になります。

白っぽい便や水のような便がでる時は、ノロウイスルやロタウイルスの感染症の疑いがあります。

感染する原因としては、ウイルスが付着した物に触ったり、ウイルスを含んでいる飲み物や食べ物を摂取してしまうことが原因になります。

このウイルス性胃腸炎の対処法は、病院へ受診することはもちろんですが、下痢や嘔吐によって体の水分がなくなるので脱水症状にならないように気をつけることです。

飲んでは吐いての繰り返しにはなってしまいますが、それでも症状が治まるまではスポーツドリンクなどを飲ましてください。

またスポーツドリンクは、水で半分くらいに薄めたものを少量ずつこまめに飲ませてあげてください。

 

 

心因性の腹痛

心因性の腹痛は、ストレスなどにより自律神経が反応することで起こします。

特に子供は繊細なので、嫌なこと、心配事、環境の変化などでストレスを受けやすく、大人よりも心因性の腹痛を起こしやすいと言えます。

また、ストレスによって起こる腹痛ですので原因は特定しにくいですが、便秘や乳糖不耐症ではないのに腹痛が起きる場合、心因性の腹痛の可能性がでてきます。

対処法としては、やはり親がちゃんと子供の変化に気付いてあげることではないでしょうか。

そして子供の気持ちに寄り添ってあげることが大切だと思います。

 

便秘による腹痛を和らげる方法

 

ここからは便秘による腹痛を起こしてしまった時にできる、腹痛を緩和・解消方法を紹介したいを思います。

腹痛を和らげるには、まず腹痛の原因となっている便秘を解消してあげることが第一です。

方法としては

 

・正しい浣腸をする

・温めたタオルをお腹に置く

・体を動かしてみる

・水を多めにとるようにする

・ガス抜きをする

 

このようなものがあります。

では一つずつ見ていきます。

 

正しい浣腸をする

浣腸は正しくしなければ、あまり効果を得られません。

そして効かないからといって、時間をおかずに連続して使用することはやめましょう。

また、浣腸をする際に話がわかる年齢であれば「浣腸をするとお腹が楽になるんだよ」ということをしっかり説明してあげてください。

 

1.まずは子供に違和感を与えにくくするために浣腸を温かいお湯につけて人肌程度に温めます。

 

2.左向きに子供を寝かせて、軽く膝を抱えるような体勢をとってもらいましょう。

 

1歳になっていないくらいのお子さんの場合は、オムツを替える時の体勢にしましょう。

 

3.浣腸のノズル部分にワセリンやオリーブオイルなどを塗ってスベりをよくし、肛門に入りやすくします。

 

4.そしてゆっくりを挿入していき、ゆっくりと浣腸液を押し入れていきましょう。

この時、1歳を過ぎたお子さんであれば1回の使用につき1個を使いきって良いのですが、1歳未満の場合は1個の半分だけを使用します。

 

5.浣腸液を入れ終わったら、便意がくるまで我慢させてください。

まだ我慢がわからないくらいの小さなお子さんの場合は、肛門をおさえてしばらく我慢させてあげてください。

 

6.便意が強く感じるようになったトイレへ行きますが、すぐに駆け込めるように浣腸はトイレの近くでおこないましょう。

 

温めたタオルをお腹に置く

温めたタオルで患部を温めることにより腸を活発にする効果があります。

お腹を温めることで体はリラックスしていき、リラックスしている時にでる副交感神経の働きによって内臓も活発になっていきます。

 

足や腰を動かす運動をしてみる

腸を刺激できる運動や体操も便秘には効果的な解消法です。

即効性も期待でき、赤ちゃんの場合はあやしながらできます。

運動は主に下半身を動かしてあげるものが効果的で、

 

・あお向けに寝て自転車をこぐように足を動かす

・屈伸運動

・あお向けに寝かせて足を持ち、ゆらゆらと金魚のように動かしてあげる

 

などの運動がおすすめです。

 

水を多めに飲む

水分を積極的にとることは、便を柔らかくする効果があります。

そして水分摂取量の少ない子供は、やはり便秘になりやすい傾向があります。

遊ぶことに夢中になると、子供は水分をとることを忘れてしまったり、めんどくさがったりしますので気をつけてあげましょう。

また水分は特に朝起きた時にとるのが効果的なので、朝起きたらコップ1~2杯の水を飲む習慣をつけてください。

 

ガス抜きをする

腸内にガスが溜まってしまうと、腸内環境を悪くさせる原因になり便秘にもつながっていきます。

マッサージをするなどで、ガスを抜きやすくしてあげましょう。

マッサージはあお向けに寝て、膝を交互に曲げたり、おへその周りを「の」の字を書くように時計回りにマッサージしてあげるとよいです。

マッサージも習慣にすることで、便秘を改善していくことができます。

 

おわりに

 

子供が便秘で腹痛で苦しんでいたら、親は「なんとかしてあげたい」と思います。

なるべくなら薬にも頼りたくはないでしょう。

ですができれば便秘になったら腹痛が起きる前に、小児科へ相談に行ってあげてください。

たいていの子供は病院というだけで嫌がりますので、なるべく様子を見てから連れて行こうという気持ちはわかりますが、なかなか改善されないのが便秘です。

小児科の先生からアドバイスをもらい、便秘を改善していきましょう。