瀧くんこと、立花 瀧(たちばな たき)は「君の名は。」での主人公の一人で、東京タワーが見える東京都心に住んでいる男子高校生です。

東京都立神宮高校の2年生で家族は父親と二人暮らし。

母親は「数年前に離婚していると思っています。」と監督の新海誠氏はコメントしています。

 

瀧くんは美術や建築などに興味を持っていて、絵を描かいたりするのが上手で(映画を観た方は知っていると思いますが)得意なようです。

また中学生の頃はバスケ部に入っていて、運動神経も良いみたいですね。

 

立花瀧の日常生活は

 

普段昼間は高校に通い、友達と毎日楽しく過ごす日々。

放課後は仲の良い友達のカフェ巡りに付き合わされたり、イタリアンレストラン「IL GIARDINO DELLE PAROLE」でアルバイトをしたりしています。

アルバイト先では、同じアルバイトの同僚であり先輩である「奥寺 ミキ」にひそかに思いを寄せていたりします。

後に奥寺先輩とのデートにこぎつけたものの大失敗に終わった模様。

 

立花瀧と宮水三葉の入れ替わり

 

この二人の人格が入れ替わるキッカケはいつも「眠ること」です

ですが本人達もいつ入れ替わるのか予想がつかず不定期で唐突なものなので、入れ替わりが始まった当初はお互いに「」だと思いこみ、お互いの周囲の反応でだんだん「夢で見ていたものは現実なんだ」と悟っていきます。

ちなみに立花瀧が眠っている時に見ているものが夢か現実か分かる前も、分かった後も、入れ替わりを確認する方法は毎回「宮水三葉」の胸を揉む事で確認をとります。

非常にうらや、、、すごい確認方法ですね。

そしてその行為を毎回、宮水三葉の妹(四葉)に目撃され「お姉ちゃんがおかしい!!」と騒がれます。

三葉と入れ替わっている時の瀧くんは、髪を結うなどの女の子がする事にはもちろん慣れていない為、入れ替わっている間は基本的にポニーテールで過ごしている。

また人格が入れ替わった時、三葉にアルバイトで稼いだお金をカフェやオヤツ代として使われてしまう悲しい事態が起きてしまいます。

 

立花瀧の声を担当した声優

 

立花瀧の声を担当したのは、俳優としても活躍されている「神木 龍之介」さんです。

神木龍之介さんは他にも

 

「千と千尋の神隠し」

「借りぐらしのアリエッティ」

「ドラえもん のび太の恐竜2006」

「サマーウォーズ」

 

などにも声優として出演。

 

そして今回は「君の名は。」の主役に抜擢され高評価を得ているようですね。

神木龍之介さんは以前から新海監督のファンだったようで、新海監督が過去に手がけた作品の聖地巡りもした事があるようです。

また今回「君の名は。」の声優に選ばれた事について神木さんは「監督からお話をいただいた時は、信じられないくらい嬉しかったです」とコメントしています。

 

まとめ

 

瀧くんはかっこいいので女子からは非常に人気があるようですね。

他にも身長が178センチあるなど噂もありますが明確ではないようです。

人格が入れ替わった時の二人はいろんな意味でおもしろいので、まだ「君の名は。」を観たことない人はぜひ観てみてください。