2016年8月26日に公開され、興行収入248億円を打ち立て大ヒットを記録したアニメ映画「君の名は。」

「朝起きると東京に住む男子高校生と、岐阜県山奥に住む女子高生の心と体が入れ替り、その不思議な現象を繰り返していく毎にお互いの存在を知っていく」

というようなストーリーになっている映画ですが、この「君の名は。」では主題歌も非常に注目されています。

注目された理由は、ただ使われている曲が良かったという事だけではなく、映画で流れる歌、BGM、すべてが歌手「野田洋次郎」がボーカルを務めるバンド「RADWIMPS(ラッドウィンプス)」というグループだけで作られているのです。

これはこの映画の監督である新海誠さんがRADWIMPSのファンであることがキッカケのようですね。

 

「君の名は。」の主題歌一覧(全4曲)

 

・夢灯籠

前前前世

スパークル

・なんでもないや

 

「君の名は。」の音楽を担当した「RADWIMPS(ラッドウィンプス)」とは

 

ラッドウィンプスは

 

・ボーカル&ギター:野田 洋次郎

・ギター:桑原 彰

・ベース:武田 祐介

・ドラム:山口 智史

 
の4人組ロックバンドで、2001年に結成され、2005年にシングル「25コ目の染色体」でメジャーデビュー。

ファンからは「ラッド」と呼ばれ、主に10代~20代前半を中心に支持されているようです。

 

主な代表曲は

 

25コ目の染色体

・もしも

ふたりごと

有心論

・何十年後かに「君」と出会っていなかったアナタに向けた歌

・トレモロ

おしゃかしゃま

 

などが有名所として上げられると思います。

 

「RADWIMPS(ラッドウィンプス)」の歌手「野田 洋次郎」とは

 

プロフィール

野田 洋次郎(のだ ようじろう)

出身地:東京

生年月日;1985年7月5日

星座:おうし座

血液型:A型

身長:180センチ

体重:75キロ

趣味:スケボー

 

主な活動

野田 洋次郎はRADWIMPSのほとんどの曲を一人で作詞、作曲をされています。

野田 洋次郎といえば「RADWIMPS」というイメージを持っている人は多いと思いますが、野田氏はRADWIMPSでの活動の他にも、ソロプロジェクト「illion」としての活動や、楽曲提供、俳優などの活動もされているようです。

演奏できる楽器もギターだけではなく、ベース、ドラム、ヴァイオリン、ピアノ、キーボード、シンセサイザーなどもあつかえるようで、かなりマルチな才能を持っているようですね。

 

生い立ち

東京都の病院で生まれ、幼稚園に通うも卒業直前でアメリカへ引っ越し、6歳の頃~小学校4年生の頃まで海外で在住。

英語が得意分野のようですが、英語が話せるのは「英語が喋らざるを得ない環境だったから」と本人はコメントしています。

また、幼少期の頃に海外で過ごした事や、学費が高いと有名な私立中学に通っていた事から、裕福な家庭で育ったのではないかと噂されていますが、具体的には明確になっておらず、実家の父はサラリーマン、母はピアニストということもあり特別裕福なわけでもなく、普通の家庭なのでは?という見方もされているようです。

ギターを始めたキッカケは小学校5年生の頃、「夜空ノムコウ」を演奏する木村拓也に影響を受けて始めたみたいですね。

余談ですが中学、高校は桐蔭学園に入り、俳優の水嶋ヒロが先輩にいたようです。

 

おわりに

 

ラッドウィンプスは、この「君の名は。」という映画でさらにファンが増えたと思われます。

実は私もこの「君の名は。」を観てRADWIMPSを好きになった一人です。

この映画が爆発的に大ヒットしたのも、映画のストーリーとRADWIMPSの音楽がマッチしたことが一番の要因なのではないでしょうか。

今後のRADWIMPSの活動にも期待したいです。