なかなか咳が止ってくれない…。このような経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。

気管支炎は風邪と間違えやすく、主に乳幼児~小児期の子供にかかりやすい病気です。

ただの風邪と思っていたら、実は気管支炎だったという話しはよくあるようですね。

 

気管支炎は風邪からの延長で発症することが多く、場合によっては痰のからんだ咳や発熱に伴い「ヒューヒュー」というような苦しそうな呼吸になることもあります。

 

風邪症状が伴うため、看病している親御さんは「自分にもうつるのではないだろうか」と内心不安になることもあるのではないでしょうか。

今回この記事では気管支炎はうつるのか?

また、予防するにはどう注意すれば良いかなどをお伝えしていこうと思います。

 

気管支炎とは

 

気管支炎とは左右の肺へと枝分かれしている気管支の粘膜が、ウイルス感染などによって炎症を起こす病気です。

気管支炎を発症する原因となる、代表的なウイルスとして

 

・インフルエンザ

・アデノウイルス

・肺炎球菌

・マイコプラズマ

 

このようなものがあげられます。

また気管支炎は、痰がからんだような湿った咳が長期間続くことが特徴的です。

 

気管支炎はうつるのか?

マスクをするパグ

気管支炎とは先ほどもお伝えしたように、左右の肺へと枝分かれしている気管支にウイルスや細菌が侵入することによって炎症を起こしている状態を言います。

その気管支炎の原因である気管支の炎症そのものはうつりません。

ですがその炎症の原因がウイルスや細菌であった場合には、感染して風邪や気管支炎を引き起こしてしまう可能性がでてきます。

 

風邪とは主に気道の上部である上気道に炎症が起きた状態ですが、その炎症が下に降りていって下気道にまで広がることで気管支炎という状態になります。

従ってウイルスや細菌に感染したからといって、必ずしも気管支炎にかかるわけではありません。

 

また、そのようなウイルスや細菌は咳やくしゃみによる「飛沫感染」でうつることが多く、体調不良などによって免疫力が低下している時にうつると気管支炎を起こしやすなります。

 

なお、気管支炎には「急性気管支炎」と「慢性気管支炎」があり、上記でお伝えしたものは主に急性気管支炎と呼ばれるものです。

慢性気管支炎は1年のうちに3ヵ月以上痰がからんだ咳がでて、その状態が2年以上続いている状態であれば、慢性気管支炎の可能性がでてきます。

この慢性気管支炎はタバコや大気汚染などの影響で肺に慢性的な炎症を起こして気道が狭まるのが主な原因です。


スポンサーリンク


気管支炎の予防について

 

気管支炎は風邪からの延長で起こることが多いため、まずは風邪の原因であるウイルスや細菌に感染しないことが気管支炎の予防にもなります。

気管支炎にまでなってしまうと、気管支炎自体の特効薬というものはないため自分の体力のみで治るのを待つしかありません。

ウイルス、細菌に感染しないためには

 

・なるべく外出時はマスクをつける

・こまめに手洗いうがいをする

・加湿して室内の湿度を保つ

・規則正しい生活をして体力・免疫力の低下を防ぐ

 

日頃からこのような対策をしていくことが大切です。

 

関連記事

気管支炎と喘息の治し方、予防方法について

気管支炎の治療期間|治療にはどのくらいかかるのか?

 

赤ちゃんは気管支炎に気を付けよう

 

赤ちゃんは気道が狭いため、少しの炎症(腫れ)でも呼吸がしにくくなってしまいます。

また、炎症が気管支の末端部分にまで広がってしまうと、呼吸困難などを起こしてしまうことのある「細気管支炎」を発症してしまうことがあります。

実はこの細気管支炎というのは赤ちゃんのかかりやすい病気の一つでもあり、月齢が低いほど細気管支がしっかり発達していないためウイルスが侵入しやすく、また重症化してしまう可能性が高いのです。

発症し重症化してしまうと、治療にも時間がかかり赤ちゃんに辛い思いをさせてしまいます。

見ている親も辛くなってしまうでしょう。

そのような思いをさせない、しないためにも、しっかり様子を見てあげてなるべく早めの治療・ケアをできるように心がけてあげましょう。

 

おわりに

 

このように気管支炎自体はうつるのもではないですが、体調不良などの免疫力の低下によって風邪から移行してしまいます。

気管支炎にならないためには、早めの対処が大切です。

 

特に子供の場合は、状態をうまく伝えられないこともあり対処が遅れてしまうことが多いです。

少しでも気になった症状があれば、すみやかに小児科に行って診てもらいましょう。

重症化を防ぐには親がしっかり様子を見てあげること以外にありません。

 

また免疫力が落ちないように、食生活や十分な睡眠にも気をつけてあげるなどのホームケアを大切にしてあげてください。

最後まで読んでいただいき、ありがとうございました。