気管支喘息の治療法として「気管支を拡げる(気管支拡張)」というものがあります。

そもそも気管支喘息とは、息苦しさや咳き込みといった症状があらわれ、呼吸時にゼーゼー、ヒューヒューというような喘鳴がなる「呼吸が苦しい状態」のことを言います。

正常な人の気道、気管支は空気が通りやすくなっています。

ですが喘息患者の場合、気道や気管支の粘膜に炎症がおきて狭くなり呼吸がしにくい、喘鳴、敏感になって咳がでるといったことがおこります。

また喘息は息を吸いにくくて苦しくなるというイメージを持っている人も多いと思いますが、実は息が吐きにくいために苦しくなります。

 

そのため喘息の治療の基本として「炎症を抑える」と「気道、気管支を拡げる」ことを目的におこなわれます。

この記事では気管支を広げるにはどんな方法があるかを見ていきます。

主な方法としては

 

・薬で広げる

・ツボをおして広げる

・飲み物で広げる

 

このような方法になりますので一つずつ見ていきましょう。

 

気管支拡張薬

在宅介護

気管支拡張薬とは気管支の平滑筋をゆるめることによって気管支を広げる働きをする薬です。

吸入ステロイド薬と合剤となっており、主に喘息発作が起きた時の治療薬として使用されます。

また気管支拡張薬にはいくつか種類があります。

 

長時間作用型β2刺激薬

この長時間作用型β2刺激薬は喘息の長期管理に効果のあるもので、経口薬、吸入薬、貼付薬の3種類タイプがあります。

また吸入ステロイド薬との併用で優れた効果を期待できます。

ですがこの長時間作用型β2刺激薬は副作用がでることがあり、主に経口薬にでることが多いです。

副作用としましては、ふるえ、吐き気、動悸、頻脈、頭痛、倦怠感、発疹、低カリウム血症などがあります。

このような副作用があることから心臓病、甲状腺機能亢進症、糖尿病の人の使用は注意が必要となります。

また、張付薬は何度も同じ場所に貼ると、かぶれることがありますので注意してください。

 

テオフィリン除放薬

テオフィリン除放薬とは、気管支の拡張や呼吸中枢を刺激するものです。

気管支炎、気管支喘息、肺気腫などに用いられ、咳、痰、息苦しい症状などの原因となっている炎症を時間をかけて抑えていくことで症状を改善します。

薬の効果が長く持続するため、夜間に喘息発作が起こらないための予防に向いています。

また吸入ステロイド薬と併用する場合もあります。

副作用としては、頭痛、動悸、吐き気、嘔吐、食欲不振、腹痛などを起こすことがあるようです。

用量・用法は必ず守り、このような副作用があった場合は担当の医師または薬剤師に相談してください。

 

抗コリン薬

抗コリン薬の効果としては、気管支を収縮させるアセチルコリンの作用を抑えることで気管支を広げます。

ですがこの薬は、β2刺激薬に比べて気管支拡張作用は弱く、効果があらわれるのにも時間がかかるため喘息の第一選択薬としては用いられないことが多いです。

しかし、アセチルコリンが原因で気道収縮が生じるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)ではこの薬が最も気管支拡張の効果が期待できる薬とされています。

副作用としては、頭痛、ふるえ、吐き気、口のかわき、発疹などの症状が出ることがあります。

また眼圧が上がってしまうことや、膀胱の収縮力低下により前立腺肥大に伴う尿排出障害が悪化することがあり、緑内障や前立腺肥大症患者の方は使用できません。

 

気管支拡張薬を使用するときの注意点

気管支拡張薬はきちんと使用方法を守ってお使いください。

間違った使い方をしてしまうと、喘息の改善に繋がらないばかりか逆に悪化させてしまう原因となります。

また患者さんの中には「抗アレルギー薬」や「抗ステロイド薬」といった予防薬を一緒に処方されているにも関わらず、処方どおりに使わずにベータ刺激薬だけを使用する人もいるようです。

ベータ刺激薬に頼りすぎてしまうと本当に危険な状態になってしまうこともあります。

ベータ刺激薬の吸入回数が増えてしまうような場合は、医師に相談することが大切です。

 

気管支を広げる効果のある市販薬

薬局

市販薬にも、ごく限られたものしか販売されておりませんが、気管支を広げて呼吸を楽にすることのできるものがあります。

ですが注意点として、市販薬を使用するに時は「どうしても病院へいけない」といった場合に、一時的に症状を抑える目的で使用しましょう。

市販薬では、病院の治療として第一選択となる吸入ステロイド薬は販売されていませんので、市販薬を使用したとしても喘息の根本的な治療にはなりません。

市販薬で症状を抑えられているから大丈夫と長期間にわたって市販薬に頼り続けることのないようにして、必ず医療機関を受診してちゃんと病院で診てもらってください。

また、一般的な咳止めの薬に配合されていることもある「ジヒドロコデインリン酸塩」などの咳中枢に働くことで咳を鎮める「鎮咳成分」が含まれている薬は、喘息の症状に対しては使用してはいけませんので注意してください。

それでは気管支を広げる効果のある市販薬を見ていきましょう。

 

アスクロン

この薬は、交感神経を刺激することによって気管支を広げる作用のある「メトキシフェナミン塩酸塩」が配合されています。

咳や喘鳴といった症状に効果があり、他にも咳を鎮める「ノスカビン」、痰を切りやすくするカンゾウ粗エキス・グアヤコールスルホン酸カリウムなどの成分も配合されています。

使用後は眠くなることがありますので注意してください。

また使用できる年齢は8歳以上です。

 

アストフィリンS

この薬は、交感神経を刺激することによって気管支を拡張させる作用がある「ジプロフィリンとdl-メチルエフェドリン塩酸塩」というアドレナリン作動成分が配合されています。

また咳を止めるいくつかの薬剤が合成されており、アレルギー性の喘息に伴う咳に効果的とされてます。

この薬も使用後は眠くなることがあり、使用できる年齢は15以上となっています。

 

指定第2類医薬品:アスゲン散EX

この薬は、気管支を広げてアレルギー症状を抑える効果のある「クロルフェニラミンマレイン酸塩」という成分が含まれ、また5種類の和漢薬エキスの成分によって喘息の咳を鎮める効果もあります。

使用は3歳以上から可能です。

この市販薬も使用後は眠くなることがあります。

 

アドレニンエース錠

この薬は気管支の拡張作用で咳鎮める「ジプロフィリンとdl-メチルエフェドリン塩酸塩」と、アレルギー症状を抑える効果のある「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」などが配合されています。

使用年齢は5歳以上から可能で、この市販薬も使用後は眠気がでることがあるので注意しましょう。

 

ミルコデ錠A

この薬は気管支を広げる「テオフィリンやdl-メチルエフェドリン塩酸塩」という成分が配合されており、咳や喘鳴といった症状にも効果があります。

また痰を排出を促す成分も含まれているので、痰の症状がひどい時にも効果的です。

使用年齢は15歳以上で、また、この市販薬には眠くなる成分は含まれていません。


スポンサーリンク


気管支を広げるツボ

親指を立てる医者

気道、気管を広げる効果のある「天突(てんとつ)」というツボがあります。

このツボは気道、気管を広げる、ゆるめることで、咳を沈めて喘鳴などを軽くしてくれます。

主に喘息、気管支炎、咽頭炎などの病気に効果的なツボとされています。

また、いびき、過呼吸、呼吸困難にも効果があるようですね。

 

天突(てんとつ)の位置と押し方

このツボの位置は胸骨の上端にあたる場所の左右の鎖骨の真ん中のクボミあたりです。

押さえ方は、中指の腹の部分を使い、斜め45度くらいの角度で身体の内側へと押していきます。

息を吐くときにツボを押さえ、息を吸う時に指の力を抜きます。

これを1分ほど繰り返します。

一日3回を目安におこなってください。

 

 

気管支を広げる飲み物

アイスコーヒー

飲み物でも気管支を広げるのに効果を期待できるものがあります。

それはコーヒーです。

コーヒーに含まれるカフェインには気管支拡張作用があるのです。

喘息用の良い薬がなかった頃は、喘息患者によくコーヒーが使用されていたようですね。

ですが作用としてはそれほど強いものではないので、喘息の予防として飲むと良いです。

 

まとめ

 

以上が気管支を広げる方法の記事となります。

いかかでしたでしょうか?

気管支を広げる方法として一番効果を期待できるのは、やはり専門の医師に診てもらい正しい薬を処方してもらうことだと思いますが、予防法としてツボや飲み物を試してみるのも良いと思います。

ただコーヒーは飲みすぎると胃が悪くなる場合もあるので、飲みすぎには注意してください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。