フェレットは近年、犬や猫に続いて人気の高いペットになってきていますね。

元々はヨーロッパの家庭で飼われることが多かったのですが、その愛くるしさから日本でも飼う人が急増しています。

また、ハムスターよりも寿命は長く、平均寿命は6年程度と言われており長く一緒にいることができます。

そんな人気が急増傾向にあるフェレットですが、まだまだ値段については詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?

「フェレット飼ってみたいけど、どのくらいの値段なのだろう?」

「一番安い子だと、どのくらいするのか?」

このような疑問を持っている人に分かりやすいように、この記事ではフェレットの値段について、また安い種類や、安い時の注意点などについてお伝えしていきたいと思います。

 

フェレットの値段の相場とは

はてなの画像

フェレットの生体値段は、だいたい2万円~13万円となります。

だいたいにもほどがあるだろうとツッコミたくなるくらい値段に大きな差がありますが、これにはちゃんとした理由があります。

ですがここで勘違いしないでほしいのが、フェレットは値段が安いから悪いとか、値段が高いから良いというわけではなく、値段だけで判断して、飼う子を決めるということはおすすめしません。

では、どうしてこんなに値段の差があるのかも見ていきましょう。

 

フェレットの値段に差がある理由について

 

フェレットの値段に差がつく主な理由は2つあります。

それは「ファームの違い」と「毛色の違い」です。

 

ファームの違い

日本で販売されているフェレットのほどんどは海外で繁殖させ、輸入されてきたものになっています。

ファームとは「繁殖する場所」の事を言います。

フェレットはこのファームの違いで値段の相場が設定されるため、外見や性格が似ていても、このファームが違うことによって値段が異なってきます。

ただ値段が安いファームだからと言って悪いわけではなく、お手頃な価格の個体でも可愛くて飼いやすい子はたくさんいます。

 

毛色の違い

値段に差ができるもう一つの理由が毛色の違いです。

フェレットのカラーは様々なものがあり、種類が豊富です。

フェレットの毛色の種類として

 

・セーブル

・チョコレート

・シナモン

・アルビノ

・シャンパン

・パンダ

 

このような毛色が存在します。

また滅多に輸入できない珍しいカラーのフェレットというのも存在し、その場合、希少価値がついて値段が高くなることもあります。

特に「アルビノ」のフェレットは希少で、個体数が少ないため値段が上がります。

ただ珍しい毛色であっても公式に認められていないカラーは「ミスカラー」と判断され値段が下がることもあります。

 

このようにフェレットの値段は、主にこの2つの理由で値段の差が発生します。

ファームや毛色にこだわらないのであれば、値段で個体の良し悪しが変わるわけではないので、実際にペットショップで触れさせてもらって自分に合った子を決めるのが良いと思いますよ。

私もフェレットを実際飼っていますが、その子に決めたキッカケは、すごくどんくさくて噛まなかったからです。笑


スポンサーリンク


値段が安すぎるのは注意が必要

注意

フェレットは値段が安いからといって悪いわけではないとお伝えしてきましたが、値段が安い場合に一つだけ注意することがあります。

フェレットは種類によって基本的な値段の相場というのがありますが、そのような相場と比較して極端に安い値段で販売されていることがあります。

日本で販売されているフェレットのほとんどが海外からの輸入というのは先ほどお伝えしましたが、フェレットは輸入されてきた時点で、去勢および避妊手術がすでにおこなわれていることがほとんどです。

そのような手術代が販売する値段に上乗せされるため、フェレットは他の小動物よりも値段が高くなります。

ですが、稀にそのよう手術を受けていないフェレットが販売されているケースがあり、それが相場価格よりも値段が安い理由になっていることがあるのです。

ではなぜ手術を受けていない子は注意が必要なのか?

その理由が気になっている人もいると思うので、お伝えしておきます。

 

去勢および避妊手術を受けていないと、フェレットはすごく臭いです。

フェレットにはもともと、臭腺という匂いを発する液体を作る器官があります。

手術をする際にはこの臭腺を一緒に取り除きますが、手術をしなければそのまま残ってしまいすごく匂ってしまうのです。

私も実際には手術を受けていないフェレットの匂いをかいだことはないのですが、結構臭いらしいですよ。

 

また発情期には凶暴化し、かなり強く噛むようになったりします。

フェレットが本気で噛むと指に穴があいてしまうほどです。

そうなってしまったら可愛がるどころの話しではなくなってしまうかもしれません。

またメスの場合は、発情している状態を放置してしまうとホルモンバランスが崩れてしまい死んでしまいます。

このように去勢・避妊手術をおこなっていないと様々なデメリットがでてきてしまいます。

 

比較的安いくて飼いやすい種類

フェレット達の画像

マーシャルフェレット

値段 :40,000円~55,000円

性格 :噛み癖が少なく、穏やかでおっとりしている

見た目:顔はシュッと細く、細身で小ぶりな個体が多い

体重 :800g~1,500g

 

マーシャルフェレットは人気が高く、よく見かけることの多い種類です。

比較的おとなしい子が多く、生まれた時に母親と暮らす期間を長くすることで噛み癖が少なっていると言われています。

 

バスバレーフェレット

値段 :30,000円~50,000円

性格 :好奇心旺盛で人懐っこい

見た目:がっちりとした体つきをしていることが多い

体重 :800g~1,500g

 

噛み癖が少なく、病気や怪我に強いことから人気が高いフェレットです。

飼うのに手間のかかりにくい種類と言えますので、初めてフェレットを飼う人にはおすすめです。

 

おわりに

 

以上がフェレットの値段の安い種類と安い時の注意点になります。

いかがでしたでしょうか?

お伝えしたように、フェレットの値段はピンからキリまでありますが最終的には性格や特徴、また実際に触らしてもらって自分に合った子を選ぶことをおすすめします。

フェレットは小さいですが頭が良い動物ですので、名前を呼ぶと反応してくれるようになったりして本当に可愛いですよ。

フェレットを飼おうと考えている方は、長く仲良く一緒に過ごせるようにいろんなペットショップへ行って、気に入った性格の子をみつけましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。