フェレットの平均寿命は5年~10年といわれています。

なんの病気もなく一生を終える子もいますが、フェレットは比較的病気にかかりやすい動物です。

また、フェレットを飼ううえで一番お金がかかるのが治療費といわれています。

病気にかかってしまったら、その子を購入した時の値段の3倍や4倍の値段がかかってしまうことも珍しくありません。

例えばですが、フェレットの患いやすい病気の一つに、副腎疾患というものがあります。

フェレットがこの副腎疾患にかかってしまうと、手術するためには20万円ほどかかってしまいます。

もちろん動物病院によって異なってきますが、検査費や入院費、またその後の通院費を含めればそれ以上かかってしまうこともあるでしょう。

そう考えるとフェレットを飼うのであれば、保険に入るということを視野に入れておく必要もあるかもしれません。

 

そこで気になるのが、フェレットが入れる保険にはどんなものがあるのかだと思います。

最近では犬や猫の保険というのは、よく耳にします。

ですが、フェレットが入れる保険というのは、まだまだ少ないのが実情です。

この記事では、フェレットは保険に入る必要があるか?

また、おすすめなフェレットの保険についてお伝えしていきたいと思います。

 

病院によってフェレットの治療費がことなる理由について

フェレットの画像

フェレットに限らず動物の治療にかかる費用というのは、病院によって異なります。

人間の場合だと、どこの病院でも一律的な値段なのに対し、なぜ動物の場合は病院によって治療費が違ってくるのか?

それは診療制度の違いによるものです。

人間の場合、保険診療制度というものがあります。

これは、保険点数という評価法によって、どこの病院で治療を受けても値段に差がなくなるものです。

ですが動物の場合は、自由診療制度というものをとっています。

自由診療制度とは、それぞれの病院によって診療費が決められるものとなっているために、値段が一律ではなくなります。

これは公正取引委員会が、動物病院の自由競争を促すために値段を一律にすることを禁止しているためです。

ですが病気によってある程度必要な額がわからなければ、動物を飼っている方の不安の声ももちろんでてくることでしょう。

そんな動物の飼い主さまの不安を取り除く一つの方法として、ペット保険というものがでてきたのですね。

 

ペット保険について

 

ペット保険とは、その保険に入っているペットがなんらかの病気やケガをしたときにかかる医療費の一部を、保険会社が負担してくれるというサービスです。

どうゆう保険があるのかはインターネットなどで調べる事は可能ですが、かかりつけの病院があるのであれば、病院に相談してみるのも良いと思います。

保険会社によって掛け金や保障額、また、加入できる年齢や保険が適応される疾患などは異なります。

また、だいたいの保険会社はいくつか加入プランを用意されているところがほとんどだと思います。

プランによって通院は保障対象になるが、手術や入院費は保障の対象にならない。

逆に通院はほとんど保障されないが、手術や入院の場合は手厚く保障してくれる。

このように加入するプランによって内容は、まったく異なったものとなることがありますので、加入する保険の詳細はしっかり把握しておかなければなりません。

どのプランであれば払っていきやすいかや、また、もしもの場合どうゆう保障してほしいかなど、自分にはどのプランが適切かよく考えて決める必要があるでしょう。


スポンサーリンク


フェレットが加入できるペット保険

 

日本アニマル倶楽部「プリズムコール」

おそらくこの日本アニマル倶楽部の「プリズムコール」という保険が、フェレットの保険では一番よく知られているのではないでしょうか。

この保険は満5歳までのフェレットであれば加入可能です。

インターネットからの契約の場合は、犬猫のみとなっていますので、もしこの保険が気になる場合はホームページから資料請求できます。

なお、こちらの保険は保険期間の途中でプランの変更ができないようなので、入院・通院・手術のどれを保障してほしいのかをよく考え、保障内容をよく確認してプランを決めましょう。

また、フェレットは長生きする子だと10年ほど生きる子もいますが、この保険の対象となる年齢は生後30ヵ月~満5歳未満となっています。

フェレットは歳をとるごとに病気になりやすい動物ですので、そのあたりは少し考えどころではあると思います。

 

アニコム損保 動物健保「ふぁみりぃ」

アニコムも先ほど紹介した日本アニマル倶楽部と並んで、フェレットの保険ではよく知られる会社です。

この商品は2017年8月1日より、オンライン加入のみでお申込みいただけるようになりました。

フェレットの新規契約の対象年齢は3歳11ヵ月までとなっております。

 

ふぁみりぃ70%プラン

・0歳の場合

月払い:3,360円
年払い:36,690円

 

・1歳の場合

月払い:3,430円
年払い:37,350円

 

・2歳の場合

月払い:4,160円
年払い:45,400円

 

・3歳の場合

月払い:5,450円
年払い:59,400円

 

支払い限度額と限度日数(回数)

・通院および入院

一日あたり最高14,000円まで。

※1年間にご利用できる日数は、各20日までです。

 

・手術

一回あたり最高140,000円まで。

※1年間にご利用できる回数は、2回までです。

 

ふぁみりぃ50%プラン

・0歳の場合

月払い:2,500円
年払い:27,310円

 

・1歳の場合

月払い:2,560円
年払い:27,950円

 

・2歳の場合

月払い:3,090円
年払い:33,700円

 

・3歳の場合

月払い:4,010円
年払い:43,700円

 

支払限度額と限度日数(回数)

・通院および入院

一日あたり最高10,000円まで。

※1年間にご利用できる日数は、各20日までです。

 

・手術

一回あたり最高100,000円まで。

※1年間にご利用できる回数は2回までです。

 

アニコム損保 どうぶつ健保「はっぴぃ」

こちらの「はっぴぃ」という保険は、この保険を扱うペットショップで、新しくフェレットを購入した場合にのみ加入できるサービスのようです。

ですので詳しい詳細などは説明することはできませんが、フェレットを飼ったばかりの方でしたら、飼ってから加入可能な期間が設けられているようなので、気になる方はフェレットを購入したペットショップに一度聞いてみましょう。

また、これからフェレットを家族に迎え入れようという方は、そちらの保険を扱っているかを確認して、扱っている場合はどのような内容かを教えてもらうのも良いと思います。

 

保険に入る以外の方法について

CHECK

ここまでフェレットが入れる保険についてみていきましたが、保険会社によっては5歳未満までしか保障の対象にならないところもありますね。

先ほども述べましたが、フェレットは歳をとるごとに病気にかかりやすくなります。

特に4歳以降に病気にかかることが多いと言われています。

5歳までにフェレットが病気になった場合は、保険が適用されるので負担額を少なくすることができますが、5歳以降に病気にかかってしまうと今まで保険料を払っていたとしても適用外になるため保険が使えまえん。

ですので、一番私がおすすめする方法は、フェレットを保険に入れるよりもフェレット貯金をすることです。

毎月2千円でも3千円でも良いと思います。

毎月2千円の場合だと一年で2万4千円。

毎月3千円の場合だと一年で3万6千円になります。

大切なフェレットのために保険に入って毎月保険料を払っていたのに、保険適用外の年齢になってしまってから病気になってしまったため「十分な治療を受けさせてあげるお金がない」となってしまっては情けなくなってしまうでしょう。

それならフェレット専用の通帳を作ったり、貯金箱を買ったりと、どうにか工夫して飼い主さん自身が貯金してあげた方が、いざという時大切なフェレットに治療を受けさせてあげることができるのではないでしょうか。

確かにお金が貯まる前にフェレットが病気にかかってしまうこともありますが、病気にかからずに一生をまっとうできるフェレットだっています。

確実に言えることなんてないと思いますが、やはり飼い主さん自身が大切なフェレットのために、ご自身で治療代を貯金しておいてあげることが良いと私は思います。

 

まとめ

 

以上がフェレットに保険は必要?おすすめな保険についての記事になります。

いかかでしたでしょうか?

フェレットによってまったく病気をしない子もいれば、病気をして治療代に何十万とかかってしまう子もいます。

ですがそれは誰にもわからないことです。

病気にかかってしまったとしても飼った時点で大切な家族となっているはずですし、病気になったら治療もちゃんと受けさせてあげたいですね。

確かに保険に入るというのも一つの手かもしれません。

ですが飼い主さんが少し頑張れば、貯金という手もあるということを視野に入れておいていただければと思います。

保険に入ることを考えている時点で、しっかりフェレットのことを考えていらっしゃる方だと思うので、できると思います。

私自身も6歳になるフェレットのメスを飼っていますが、歳のせいか若い頃よりも痩せてきてしまっています。

やっぱりこの子には人生をまっとうしてもらいたいので、何かあった時に治療で治るのであれば治療させてあげられるお金は貯めてあげています。

大切な家族なので出来る限り長く一緒にいられるために、いざという時は治療を受けさせてあげられるようにしたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。