家電量販店やパソコン専門店に行くと実に様々な種類や値段のキーボードが販売されています。

数千円で購入できる物から一万円を超えるような物までありますが、パッと見ただけではその違いが分からないという人も多いのではないでしょうか。

ですがパソコン作業を長く行えば行う程、長く触れる事になるのがキーボードです。

この記事では最近人気の高い無線接続を利用して接続できる、無線(ワイヤレス)タイプのキーボードを選ぶ際に確認するべきポイントを見ていきたいと思います。

 

接続方法で選ぶ

 

無線接続をするタイプのキーボードにも大きく分けて2種類の方法があるのをご存知でしょうか?

「USBタイプ」と「Bluetoothタイプ」です。

この二つのどちらを選ぶべきかは、利用する環境によっても変わってきます。

両対応の物もありますが、その分値段が高くなったりもするので必要な接続方法の物を選ぶようにしましょう。

 

USBタイプの特徴

USBタイプはレシーバーをパソコンのUSB端子を通して接続し、利用するタイプのキーボードになります。

USB端子を1つ占有するという意味では有線のキーボードと違いは少ないですが、無線特有の取り回しの良さを重視したい人におすすめのタイプになります。

またBluetoothタイプと比較すると(キーの数が)フルサイズのキーボードが多く、常設して利用する事を想定している物が多いです。

USBのレシーバーを接続する必要があるので、デスクトップパソコンやノートパソコンに接続して利用する人におすすめです。

 

Bluetoothタイプの特徴

Bluetoothタイプはスマホやタブレット、また、近年発売したノートパソコンに多く搭載されている「Bluetooth通信」を利用して接続するタイプのキーボードです。

パソコン側も対応している必要こそありますが、USB端子を占有する事無く使える事と、接続先を簡単に切り替えられるというメリットがあります。

Bluetoothタイプでも非対応のパソコンで利用する為の専用レシーバーを付属している製品も多く、1つのキーボードを複数のデバイスで使い回したいという人に最適です。

 

キーボードの大きさで選ぶ

 

また、キーボードのサイズで選ぶというのも一つの選択方法です。

キーボードの大きさは見た目的にも違いが分かりやすい部分ですが、見た目以外にキーの数にも違いがあります。

これはよりコンパクトにキーボードを利用したい人向けに、テンキーレスタイプのキーボードがあるからです。

テンキーのキーは入力の手間こそありますが、無くても入力が可能なキーをより入力がしやすいようにつくられている物です。

なのでテンキーを頻繁に利用しないのであれば、テンキーレスタイプを選ぶことでよりコンパクトに使う事ができます。

 

キーピッチで選ぶ

 

キーピッチとはそれぞれのキーの中心点から、隣のキーの中心点までの幅を露わすキーボード用語です。

このキーピッチは広すぎると手を動かす範囲が増えるので疲れやすくなり、狭すぎると誤入力が増えます。

適切なサイズは指の太さや手の大きさによっても違うので、一度触ってみて自分に合う物を選ぶのがおすすめです。


スポンサーリンク


キーボードの構造で選ぶ

 

キーボードには大きく分けて3種類の構造があります。

この構造が違うとキーを押した時の感覚などが大きく事なるのでこだわるのがおすすめです。

この構造による違いは使い勝手に関しては慣れで補正される部分ではありますが、用途によって最適な物は異なってきます。

 

メンブレン方式

一般的に単体で発売しているキーボードやデスクトップパソコンを購入した時に付属してくるようなキーボードの方式はメンブレン方式と言います。

非常に安価に製造できるので値段が安く、それなりの機能を搭載している物でも比較的値段が安いのが特徴です。

 

パンダグラフ方式

パンダグラフ方式はノートパソコンやMACの標準キーボードをイメージすると分かりやすいかと思います。

その特徴はキーの薄さです。構造上薄く作る事が出来るので持ち運びをするキーボードに適しています。

ただしその薄さからキーストローク(押しこむ深さ)が浅いので少し触れただけでも反応してしまい誤入力が増えるという人もいます。

 

メカニカル方式

メカニカル方式はキーそれぞれが独立して電子信号により入力を検知する方式です。

キーそれぞれが独立している分、機械らしい「カタカタ音」というべき入力音が特徴です。

キーボードの入力のしやすさには音も大きな要素になるのでキーボードの入力を楽しみたい人に人気が高いです。

またキーが独立しているので1つのキーが壊れても変えが利く事、そもそものキーの耐久力を高く作りやすいのも特徴です。

ただしそれらの特徴的な構造故に上記2つの方式に比べて値段は高めの物が多くなっています。

 

その他の機能で選ぶ

 

マルチデバイス対応

最近では複数のデバイスを利用する機会があるといった状況も珍しいことではありません。

事務所のパソコン、自分のノートパソコン、さらにはスマホやタブレットなどまで併用して仕事をしている人も多いです。

それぞれに専用のキーボードを用意しても良いですが、キーの大きさなどが異なると誤入力が増えたりとデメリットも多いです。

そんな人におすすめなのがマルチデバイス対応のキーボードです。

キーボード自体に接続先を記憶する機能が搭載されている製品で、簡単な操作で接続先を切り替える事ができます。

 

排水機能

キーボードはその構造上、完全な防水にするのは難しい電子機器です。

しかし最近では、万が一の為に排水機能を搭載しているキーボードは発売しています。

飲み物をこぼしてしまった時も安心なので、あると便利な機能になります。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

ここまで読んで頂いた方ならーボードには色々な選び方がある事はご理解いただけたと思います。

優先度は人によって若干前後しますが、これらを確認していけば自身に最適なキーボードを選ぶ事が出来るはずです。

キーボードが使いにくいという人の多くは今回紹介した「その他の機能」にばかり注目してキーボードを選んでしまう人が多いです。

その他の機能はあくまでも「おまけ機能」として考え、基本的には「使いやすいキーボード」を基準に選ぶようにしましょう。

以上がパソコンの無線(ワイヤレス)キーボードの選び方に関する記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうざいました。