パソコンが突然重くなり動作が遅くなる理由は、大きく分けると3つあります。

1つはwindows updateが行われている場合。

2つ目はセキュリティソフトなどがcpuやメモリなどの大きな部分を占めてフリーズした場合。

3つ目は、導入した新しいソフトやアプリとお持ちの機種との親和性が薄い場合です。

この場合、現状がどうなっているかを把握することが、パソコンの重さを改善させるのに一番重要です。

この記事ではパソコンの動作が重い時はどうすればいいのか、また初期化する方が良いのかについて見ていきたいと思います。

 

タスクマネージャ・リソースモニターを開いて現状把握

 

タスクマネージャーは、cpuやディスク、メモリ、ネットワークがどのように使われているか、また何に使用されているかを示すグラフです。

開くには、「Ctrl」ボタンと「alt」ボタン「Del」ボタンを同時に押し、タスクマネージャ(T)をクリックします。

すると、画面上に項目欄と使用しているパーセンテージなどが表示されます。

画面の左上のタブのパフォーマンスをクリックし、画面の下にあるリソースモニタをクリックします。

グラフとともにどのプログラムがどれだけ使用されているかが一目瞭然になっています。

タスクマネージャを見て赤く反応する部分に注目して、そのアプリやプログラムを特定します。

もし赤く反応している部分が「windows update」となって起動している場合には、このパソコンの最新版に更新している状態で、その時間はおおむね30分程度で解消します。

よほど急そいでいる時でない限り、アップデートはやむを得ないので放っておくしかありません。

他のプログラムが使用量が赤くなっている場合には特定します。

場合によってはタスクを終了させることで解消できる場合がありますが、起動に必要なアプリの可能性があるので、むやみにタスクを終了させない方がいいでしょう。

 

セキュリティソフトが稼働率を著しく制限する場合がある。

セキュリティソフトは、現在のネット利用には欠かせないものですが、お持ちのパソコンの能力(スペック)によっては、必要以上にCPUを使用してしまい動作が鈍くなってしまうことがあります。

この場合、ご自分のお持ちの機種のスペックとセキュリティソフトの相性や稼働条件などをメーカーに問い合わせることが必要になるかもしれません。

また、ソフトの機能の一部不要な部分を一時停止することでずいぶん軽くなることもあります。

もし不要な部分が存在していたら必要最小限の機能に落とすことで改善されるかもしれません。

ですが場合によっては、セキュリティソフトの買い替えも視野に入れるといいでしょう。

 

インストールしたアプリやソフトとの相性が悪い

必要なドライバが古かったり、必要なソフトが入っていない、またアプリやソフトとの相性が悪いなどの場合にパソコンが遅くなることがあります。

この場合には、ソフトを作成したサイトなどを見て、ご自分のパソコンとの相性を確認し、必要に応じて削除することも必要でしょう。

削除するにはコントロールパネルを開き、プログラムのアンインストールから対象ソフトを削除してみて、改めて動向を見ましょう。

 

タスクマネージャーで原因を特定して改善しても、重いままの場合

 

原因を自分なりに特定して、上記で説明した3つの方法を試みてもダメだったとしても、まだすぐに初期化をする必要はありません。

windowsには、2つのアイテムが用意されています。

初期化はそれを試してからでも遅くありません。

 

復元ポイントからシステムの復元を試してみる。

ウインドウズアップデートやソフトのインストールなどの時に、パソコンが復元ポイントを作成するようにできています。

システムの復元はその時点の設定が反映されるため、現在の状態が変更されてしまうので注意が必要ですが、これによりパソコンの重さが解決することがあります。

ドライブ内のファイルなどは削除されないので、別途保存することは不要です。

 

復元ポイントでも解決できない場合には、リフレッシュを試みよう。

ウィンドウズの設定などが不安定になることによって、動作が重くなっていることも考えられます。

この場合には、リフレッシュを使用するといいでしょう。

初期化と違う点は、一部のファイルなどをそのままにできるという点ですが、念のため大事なファイルはUSBメモリなどに保存しておきましょう。

なお、再インストールと同様なので、プリインストールされているソフト以外の(ご自身でインストールした)アプリやソフトは、改めてインストールする必要があります。

この場合、ソフト自体をUSBに避難させておけば、リフレッシュ後に戻すことができます。

ただ、そのソフトが原因の場合には、リフレッシュをしても解決できない場合があります。

 

おわりに

 

初期化はすべてを削除し、工場出荷時と同じ状態にするということで、元に戻すには時間と作業が膨大にかかります。

できればその前に、いくつかできることを自身で行った後、解決できない場合には初期化によって解決することができるでしょう。
以上がパソコンの動作が重い時は初期化をするのがよいかについての記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。