長くパソコンを利用する人は手元に飲み物を置いている人も多いのではないでしょうか?

本来であれば精密機器であるパソコンの側に飲み物を持ってくる事自体を止めたい所ですが、作業が長時間に及ぶ場合にはそんな事言ってられません。

多くの人が気を付けながら作業をしている事でしょう。

ただ普段どれだけ気を付けていても飲み物をこぼしてしまうような事は起こります。

パソコン周りには精密機器が多いですが、その中でも気を付けたいのが目に見えて隙間の多いキーボードです。

この記事では、キーボードに飲み物をこぼしてしまった時の対処法について見ていきたいと思います。

 

とにかく早急にキーボードの給電を無くす

 

まず真っ先にやらなければいけないのは、キーボードに対しての給電を無くす事です。

通電した状態で長く置いておけばそれだけでキーボードが壊れる原因になります。

 

デスクトップパソコンの場合

デスクトップパソコンの場合は、現在多くの人がUSBを利用してキーボードを接続しているはずです。

できるだけすぐにUSBの接続を外しましょう。

とりあえずそれだけでキーボードに対しての給電を無くす事ができます。

 

ノートパソコンの場合

ノートパソコンの場合はもっと大変です。

ノートパソコンのキーボードの機構下にはマザーボードやメモリ、ハードディスクなど、パソコンを動かす為のパーツが詰まっています。

これらにまで水分がいってしまうと最悪の場合、キーボードだけでなくパソコン自体が起動しなくなってしまうような事態にもなりえます。

利用中であれば、キーボードを使わずにマウスを使うか電源ボタンを長押しして電源を切って下さい。

同時に、電源コードはもちろん、その他に接続している一切の機器を取り外してパソコンに何も繋がっていない状態にしましょう。

ここで気を付けたいのが、ノートパソコンを意図して傾けないようにする事です。

最近のノートパソコンはデータを保護する為、キーボードの隙間から水分が入り込んでも傾けさえしなければ到達しないような作りになっている物が多いからです。

もちろん古いノートパソコンにはこのような機構はない為、全てのノートパソコンがそのような機構になっているわけではありませんが、傾ける事のリスクは非常に高いと覚えておきましょう。

 

目に見える水分を吸水性の高い物で拭き取る

 

給電を無くす事が出来たら次は拭き取りです。

吸水性の高い布やティッシュ、キッチンペーパーなどを使って出来るだけ水分を拭き取ります。

もちろんこの時も出来るだけ傾きは最小限に抑えましょう。

目に見えている水分を拭き取るだけでも、キーボードの復旧率が目に見えて違ってきます。

 

とにかく乾かす

 

後は祈りを込めて乾かすしかありません。

乾かし方にも色々な方法がありますが、おすすめは日陰干しです。

最低でも2~3日、出来るなら1週間程はそのまま置いておく事をおすすめします。

もちろんこの間に給電したりするような事はしないでください。

私たちにできることは祈ることだけです。

たまに「早く乾かさないと!」と考えてドライヤーを使ったり直射日光に当てる人がいますが、これはダメです。

確かに熱を与えた方が水分自体は早く乾きますが、パソコンに使われているパーツは一定以上の熱には耐えられません。

どうしても早く乾かしたいのであったら、ドライヤーを熱風ではなく送風にするようにしましょう。

もちろんドライヤーの送風を使ってもすぐに電源を入れるのではなく、ある程度の日陰干しをする事をおすすめします。


スポンサーリンク


分解洗浄は必要?

 

デスクトップパソコンで使うキーボードの場合、多少知識のある人であればキーボードを分解して乾かす事でより早く乾かす事ができます。

もちろん分解して組み立て直せなくなれば本末転倒なので、あくまでも自己責任で行う必要はあります。

ただし、普通の水であれば良いのですが、糖分を多く含むようなジュースなどをこぼしてしまった場合には多少のリスクは覚悟してでも分解洗浄を行った方が良いです。

糖分が固まってしまうとしばらくは使えても、すぐに使えなくなってしまうなど不具合が残る場合が多くなります。

特にパンダグラフ式のキーボードの場合、キーの入力を判定する部分に糖分が固まってしまうと厄介です。

入力をまったく受け付けなくなったり、逆に常時入力し続けている状態になってしまう事もあります。

 

頻繁にこぼしてしまうなら排水機構を搭載しているキーボードを

 

もし何度も飲み物をこぼしてしまうようなら、排水機構搭載を謳っているキーボードを購入する事をおすすめします。

デスクトップパソコンで使うキーボードの中には入ってしまった水分を排出する機構を搭載している物も発売していますし、ノートパソコンにも排水機構を搭載しているモデルが増えてきています。

 

排水機構付きでも水分は排水する

ただしキーボードは他の精密機器と比較しても隙間が多いです。

どれだけしっかりした排水機構を搭載していても、各メーカーも「防水」とは謳いません。

キーボードを防水にするのは物理的に不可能に近いのです。

排水機構付きだからといって飲み物をこぼしてもそのまま使うのではなく、出来るだけ早く入ってしまった水分を排水するようにしましょう。

 

おわりに

 

もう一度言いますが、とりあえずはまずは給電を無くすことです。

そしてノートパソコンの場合は、USB接続している一切の危機を取り外しましょう。

そこまでできたら後は拭き取れる水分をすべて拭き取り、乾かしながら祈るだけです。

間違ってもキーボードを逆さにして水分を出そうとしたりしないでくださいね。

焦らずに対処することが一番大切です。

以上がパソコンのキーボードに飲み物をこぼしてしまった時にできる対処法の記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。