パソコンを使っている時、急に「キーボードが反応しない!」という状態になってしまってパソコンが使えなくなるという事態になってしまうことがあります。

プライベートでパソコンを使用している時ならまだしも、仕事で大事な作業をしている時にそんな状態になってしまっては大変ですね。

では、キーボードが使えなくなってしまう事態になった時、原因としてどんなことが考えられるのでしょうか?

この記事ではパソコンのキーボードが反応しなくなり使えなくたった時に、やってみてほしい対処法を見ていきたいと思います。

 

キーロックをONにしてしまっている

パソコンのキーボード

パソコンの知識がまだそれほどなくタイピングにも慣れていない人は、知らず知らずのうちにキーボードのキーを無効にしてしまう「キーロック」のボタンを間違えて押してしまうことはよくあるようです。

そして急にパソコンのキーボードが使えなったり変になった時は、これが原因である場合があります。

ですので、とりあえずおかしいと思った時は、この「キーロック」の解除方法を知っておいて試してみましょう。

また、場合によって自分の意志でキーをロックすることができますので、便利に使える時もあります。

キーボードをロックするためのキーロックには

 

・Num Lockキー

・Caps Lockキー

・Scroll Lockキー

 

このような三つの種類があり、それぞれ役割も異なります。

それでは種類別にキーロックの「ON/OFF」の方法と役割についてみていきましょう。

 

Num Lockキーの使用方法と役割

この「Num Lockキー」はテンキーをロックする場合に使うボタンです。

テンキーとはキーボード右側の数字がかたまって配置されている場所(キー群)を指します。

またこのテンキーは、キーの数が少ないタイプのノートパソコンにはついていない場合もあります。

テンキーは主に数字を打つ時に使用されることが多いですが、実際「Num Lockキー」の役割は、この数字を打てなくすることが目的ではないようですね。

Num Lockキーを使用してテンキーをONにすれば数字を打つことができ、OFFにするとテンキーはカーソルキーの動作をするようになります。

本来「Num Lockキー」はこの切り替えのためにあるのです。

ほとんどの場合はマウスを使うと思うのでカーソルキーを使用することは少ないと思いますが、マウスがない場面では結構役に立ちますので、一応覚えておいて損はないのではないでしょうか。

キーの配列はパソコンによって若干違いますが、Num Lockキーはほとんどの場合、テンキー群の左上にあるので確認してみてください。

 

Caps Lockキー使用方法と役割

Caps Lockキーも「lock」とゆう文字がついていますが、実際には切り替えスイッチみたいな役割をします。

どんな切り替えをするのかというと、

アルファベット入力の場合は「大文字/小文字」の切り替えを。

日本語入力の場合は「ひらがな/カタカナ」の切り替えをすることができます。

つまり、ずっとシフトキーを押しながら文字を打っている状態になるということですね。

数文字打つ程度ならシフトキーを押しながら文字を入力してもよいと思いますが、数十文字単位で文字を打つ際はこの「Caps Lockキー」で切り替えをして打った方が、絶対に効率的です。

ちなみに通常時がCaps LockキーがOFFになっている状態です。

 

ON =大文字・カタカナ

OFF=小文字・ひらがな

 

このようになっています。

Caps Lockの解除方法は「Shiftキー」と「Caps Lockキー」を一緒に押すことでおこなえます。

そしてCaps Lockキーの配置場所は、キーボードの一番左の縦列の真ん中に位置していますので確認してみてください。

 

Scroll Lockキーの使用方法と役割

このScroll Lockは普段ONになっていたとしても、あまり気付かないことが多いです。

主にキーボードの矢印キーで画面のスクロールをおこなう時に使用しますが、どんな状態でも使用できるというわけではありません。

決められた一部のソフト(エクセルなど)でしか使用することができないので、普段のパソコンの使用に影響がないことがほとんどなのです。

エクセルをよく使用する人は知っておくと便利かもしれませんが、それ以外の人はあまり使うことはないでしょう。

このScroll Lockキーの配置場所は、一番上の右あたり。

エンターキーの右上あたりにあることがほとんどです。

また、ノートパソコンのキーの数が少ないタイプのキーボードでは、そもそも無い場合もあります。


スポンサーリンク


他に考えられる原因とは?

パソコンへの疑問

他にもパソコンとキーボードの接続がうまくいっていなかったり、キーボードを認識していなかったりといったことが原因である場合があります。

また無線で繋げているキーボードでは、電池が切れてしまっている場合も考えられます。

 

・USBポートにしっかり接続できているか

・キーボードの電源ランプが点灯しているか

・パソコンがキーボードを認識しているか

・電池をかえてみる

・一度再起動してみる

 

このようなことを確認・実行してみましょう。

ちなみにパソコンがキーボードを認識しているかの確認は次のようにやってみてください。

 

⇒パソコン画面の左下にあるWindowsマークを右クリック

⇒コントロールパネルを選択

⇒ハードウェアとサウンドから「デバイスとプリンターの表示」をクリック

⇒デバイス欄に使用しているキーボード(製品名)が表示されているかを確認する

 

もしもデバイス欄に使用しているキーボードの表示がされていない場合は、「デバイスの追加」をクリックしてキーボードの登録をおこないます。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

急にキーボードが使えなくなったら慌てたりせずに、とりあえず紹介した方法を試してみてください。

また、わけがわからないまま適当にさわるのだけはやめてください。

余計にややこしくなってしまう事態になりかねません。

紹介した方法でもダメな場合は、キーボード自体が壊れてしまっていたりパソコンのUSBの接触が悪かったりする場合もあります。

他にもパソコンがある場合は一度そっちに繋いで確かめてみるのも良いでしょう。

それでもダメな場合はキーボードを電気屋さんに持って行ってみてもらい、壊れているならその場で買い替えてしまいましょう。

安いものだと千円ほどで買うことができます。

以上がパソコンのキーボードが使えなくなった時にやってみる対処法に関する記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。