皆さんご承知のようにセキュリティソフトは一般的にはインターネットからのウィルスやマルウェアから水際で防いでくれるものです。

インターネットに接続しなくても外部媒体からのウィルスからパソコンを守るために、オンオフライン関係なく必須のソフトと言えます。

セキュリティソフトはフリーのものから有料まで多数存在しており、「どれにしたら良いんだろうか」迷うとことですが、「性能」「操作性」「サポート」「価格」など比較したら良いと思います。

また、回線サービスのオプションやプロバイダのオプションでセキュリティサービスが選択できる場合もあるので、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

さてそんなセキュリティーソフトですが、もし何らかの理由でパソコンを初期化したい時はどうすればいいのでしょうか?

この記事ではパソコン(Windows)の初期化をする際、セキュリティーソフトはどうすればいいのかを見ていきたいと思います。

 

パソコン初期化前の作業(準備)

 

セキュリティソフト未導入の場合

セキュリティソフトを導入してない人は、冒頭で説明しているようにセキュリティソフトを選んで初期化後にインストールできるようにしておいてください。

 

セキュリティソフト導入済みの場合

既にセキュリティソフトを導入していている方は、以下について作業してください

 

<1>
検索エンジンや定義ファイルを最新にして移行するデータファイル等の全スキャンを実施してください。

データファイルにもウィルスやマルウェアが含まれている場合もありますので、移行前に爆弾は取り除いておいたほうが効率的です。

<2>
現在の設定・情報の確認をキャプチャーなどに保存しておきましょう。

例えばスキャンしないフォルダの設定をしているなど、ご自身でカスタマイズしている部分を確実に移行するためです。

<3>
セキュリティソフトのアンインストールをしておきましょう。

セキュリティサービスなどはインターネットへアクセスしてインストールしたパソコンの情報が登録されており、登録状況をによってライセンス数を管理している場合があるためです。

 

パソコン初期化後の作業(実施)

 

<1>
セキュリティソフトをインストールし、バージョンや定義ファイルを最新のものにしてください。

<2>
ご自身でカスタマイズしていた場合は同様の内容で設定しましょう。

今までセキュリティーソフトの画面を見たこともない方は、ソフトによって機能が違いますが、まず設定できるメニューをご覧ください。

そしてリアルタイムスキャンを行うなどの色々な項目をご確認のうえ、ご自身にあった設定にしてください。

<3>
初期化後、パソコンを使用する前には全スキャンをおすすめします。

セキュリティソフトによっては、セキュリティ最適化を自動で行ってくれるものもあります。

<4>(該当する方のみ)
複数のパソコンをお持ちで、一つのセキュリティー製品の複数ライセンスをお持ちの方は、ライセンス数とインストール済み台数、またインストール端末の説明などを書き留めておくと後に役に立つことがあるかもしれません。

同様のリカバリーの際に便利ですし、無駄なライセンスを保有することもなくなります。

 

おわりに

 

このようにお持ちのパソコンを初期化をする前には

 

・パソコンの全スキャンをする

・設定・情報などを何かにメモしておく

・セキュリティーソフトをアンインストールする

 

まずはこれらの作業をおこないましょう。

そして初期化後はお伝えしたような流れで、インストールや設定をおこなってください。

しっかりと準備をしておけば、初期化後もスムーズにWindowsの立ち上げができるでしょう。

以上がパソコン(Windows)を初期化する際、セキュリティーソフトはどうしたらいいかについての記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。