パソコンで作業をする上で起点となるのがデスクトップ画面ですね。

初期では背景(壁紙)にWindowsのロゴが表示されていますが、このデスクトップの背景は変更する事ができます。

この記事ではOSのバージョン別に異なるデスクトップ背景の変更方法を見ていきたいと思います。

なお、これらの方法は何度おこなってもその回数だけ変更できます。

試してやってみてダメなら変更するといった手法も可能ですので、安心してやってみてください。

 

OS共通で出来る簡単な背景(壁紙)の変更方法

 

バージョン別の方法を紹介する前に、どのバージョンでもできる共通の簡単な変更方法を紹介します。

まず大前提として、背景に設定したい画像を用意してください。

この画像が無くては何も始まりません。

愛犬、愛猫、我が子、元恋人などなんでもいいので、とりあえず画像を用意しましょう。

 

背景にしたい画像が用意できたら

画像の準備ができたら、画像を保存しておきたい場所(フォルダ)に画像を入れておきます。

保存しておく場所もしっかり決めたらが画像を右クリックします。

画像に関連するメニューが表示されますが、その中から「デスクトップの背景に設定」を選びます。

※文章はバージョンによって若干異なりますがニュアンスは同じような物になっています。

それだけでもうデスクトップの背景は選んだ画像に切り替わっています。

最も簡単で手っ取り早い方法ですが、この方法は細かな設定などは一切出来ないので思った通りに表示されない場合も多いです。

この方法を試した上で思った通りに表示されなければ、下記に紹介するOSのバージョンに合わせた変更方法を試してみて下さい。

 

OSのバージョン別のデスクトップ背景の変更方法

 

ここでは現在もマイクロソフトに保障されている7以降のバージョンでの変更方法を紹介していきます。

 

Windows10の場合

初めに最新バージョンであるWindows10でのやり方を紹介していきます。

①⇒まずスタートメニューを開き、すぐ上にある「設定」をクリックします。

②⇒Windowsの設定というウィンドウが表示されるので、その中から「個人用設定」を選択します。

③⇒左にメニュー、右にそれぞれのメニューの設定を変更する画面が表示されるので、まずはメニューから「背景」を選んで下さい。

背景を選ぶと右側に表示されている内容が、背景を設定する為の画面に変更されます。

④⇒画面中央付近にある選択肢ボックスの中が「単色」「画像」「スライドショー」のいずれかになっているはずなので、「画像」に変更します。

するとそのすぐ下に「画像を選んでください」というメッセージと、候補になる画像が表示されます。

⑤⇒ここに表示される画像はWindowsに標準で搭載されている物なので、自身で用意した画像を選ぶ場合は画像の下にある「参照」をクリックします。

後は画像を保存しているフォルダを開き、画像を選べば背景が変更できます。

 

Windows8及びWindows7の場合

Window10からは背景の変更方法が変わりましたが、Windows8とWindows7では同様のやり方でデスクトップの背景を変更する事ができます。

①⇒まずデスクトップを表示しておきます。

②⇒デスクトップを表示出来たら、アイコンやガジェットなどを何も置いていない場所で右クリックしてメニューを表示してください。

③⇒多くの場合は一番下に「個人設定」があるのでそれを選びます。

選ぶと新しい「個人設定」ウィンドウが表示されます。

④⇒最初はテーマを選ぶ画面が表示されていますが、変更するのはその下の項目です。

4つの項目が並んでいる中から、「デスクトップの背景」を選択します。

すると背景に設定する画像を選ぶ画面に移動します。

⑤⇒「画像の場所」を設定したい画像が保存されているフォルダに合わせる事で画像が表示され選択出来るようになります。

選択したらページ下部にある「変更の保存」を選べばデスクトップの背景が変更されます。


スポンサーリンク


デスクトップの「解像度」を確認した上で画像サイズを変更する

 

これらの方法でデスクトップの背景を変更する際、その前提として設定する画像のデータそのものを用意する必要があります。

パソコンの背景設定には画像の拡大や縮小を行い、自動で大きさを調整してくれる機能もありますが、その調整によって画像がぼけてしまうような場合もあります。

画像を用意する方法は主に、インターネットから見つけてくるか、自身で撮影した写真を使うかの2種類になると思います。

そのそれぞれの画像のサイズも決して、ご自身のパソコンのデスクトップ背景に適したサイズになっているとは限りません。

もし上記の方法でデスクトップの背景を変更してみて画像がぼけてしまったり一部が切れてしまうような場合には、自身で画像のサイズを変更する必要があります。

画像のサイズを変更する方法はいくつもありますが、大切なのは自身のパソコンの「解像度」を把握しておく事です。

解像度とはそのパソコンの画面のサイズのようなもので、パソコン上でサイズを変更する際には日常でよくもちいる「cm」ではなく、この解像度に合わせたサイズに変更する必要があります。

解像度は利用しているパソコンによっても異なるので、まずは壁紙を設定するパソコンの解像度を調べましょう。

メーカー品であればメーカーのページでも確認できますし、パソコン内部でも確認が可能です。

解像度の確認が済んだらそのサイズに合うように画像のサイズを変更する事で、ぼけたりしないで画像を壁紙に設定できるようになります。

 

おわりに

 

最後の「解像度と画像サイズ」についての内容が少し難しかったかもしれませんが、一度やればすぐにできるようになるので、ぜひやってみてください。

パソコンを使用する際に起点となるデスクトップ画面が、自分の好きな背景だったら嬉しくなってモチベーションもあがるってもんですよ!

以上がパソコンのデスクトップ背景(壁紙)の画像を変更する方法の記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。