車に子供(赤ちゃん)を乗せる時には欠かせないチャイルドシート。

子供の安全を守るために6歳未満のお子さんは、チャイルドシートを使用することを法律で義務付けられています。

ですが最近では里帰り出産をするママさんも多くおられるようで、普段は車を使っていないが実家に帰ってる間だけは車を使用するという人もいるようです。

 

だけどその短期間のためだけにチャイルドシートを購入するのはもったいなく感じますよね。

チャイルドシートは安いものを探しても、2万円くらいはします。

 

このような状況の時に便利なのがチャイルドシートのレンタルです。

最近ではチャイルドシートをレンタルしている企業も増え、ネットで申し込んで家まで配送してもらえるサービスなどもあります。

 

ですが知っていますか?

 

実はチャイルドシートって警察署でもレンタルしてくれるんです。

しかも地域によっては無料でレンタルすることができるんですよ。


スポンサーリンク



警察署でチャイルドシートを借りれる?

交番

チャイルドシートのレンタルは正確には警察署ではなく、各都道府県本部および所轄警察署の内部に設置されている「交通安全協会」でおこなわれています。

チャイルドシートが警察署内でレンタルできるって意外ですよね。

また、各県や地域によって細かい条件は異なるようですので一度チェックしてみのが良いと思います。

 

チャイルドシートをレンタルできる条件について

CHECK

借りる人が交通安全協会の会員であること

交通安全協会とは、免許の更新に行ったときに加入を求められるあれです。

警察署でチャイルドシートを借りるには、まずこの交通安全協会の会員であることが第一条件のようです。

加入は任意であるため、最近では会員にならない人も増えていると聞きますが、年会費は1年間500円程度なので、赤ちゃんが産まれる予定の方であれば加入していても良いかもしれませんね。

 

レンタルするには事前予約が必要な場合もある

地域によって異なるのですが、レンタルには事前予約が必要な地域もあるようです。

また、貸し出しできるチャイルドシートの数にも限りがあるので、すべて貸し出し中という場合もあります。

ですのでレンタルしたい時は、とりあえず一度警察署、または市役所に問い合わせてみるのが良いと思います。

 

レンタル料はほんとに無料?

レンタル料は無料のようですが、クリーニング代は負担しなければならないようですね。

ですがクリーニング代といっても数百円~千円程度のところがほとんどのようです(地域によって異なる)。

レンタルショップに借りることを考えれば、全然安いですね。

 

レンタルできる期間

交通安全協会がチャイルドシートを貸し出ししてくれる期間もその地域によって違うようです。

地域によっては早くて一週間、長いところだと半年(6ヶ月)貸してくれるところもあり、更に延長ができるところもあるようです。

ですがだいたいの地域は1ヶ月というところ多いようですね。

気になる方は一度問い合わせてみるか、また、ネットで調べたい場合は「自分の県や市+チャイルドシート+交通安全協会」といったキーワードで検索すると詳しく知ることができると思います。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

警察署でチャイルドシートを貸し出ししているというのは本当に意外ですよね。

私もはじめて知った時は、「無料で貸し出ししてくれるなんて嘘だろう」と思っていました。

また、交通安全協会では新生児~乳幼児が使用するベビーシートの貸し出しもおこなっているようです。

出産後のお迎えにチャイルドシートを使いたい場合は予定日前に調べておいてチャイルドシートの空きがあるかを問い合わせておくと良いと思います。

場合によってはすべてのチャイルドシートが貸し出されていることもあるようなので、なるべく早めに聞いて早めに予約しておくことをおすすめします。

以上がチャイルドシートは警察署で無料レンタルしてくれるのかについての記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。