車に6歳未満のお子さんを乗せるときはチャイルドシートに乗せることが義務付けられていますが、乳児期の場合はさらに後ろ向きに乗せなければいけせんね。

旦那さんや他のご家族の人が付き添いの時はいいけど、ママさんが一人で乳児期のお子さんを車に乗せる時はお子さんの状態が気になる。

だから本当はチャイルドシートを前向きにしたいというママさんもおられるのではないでしょうか。

この記事では、なぜ乳幼児の時期はチャイルドシートを後ろ向きにしないといけないのか?

また、いつ頃からチャイルドシートは前向きにしてよいかについてお伝えしていきたいと思います。

 

乳児期にチャイルドシートを後ろ向きにする理由

 

乳児期の子供さんがチャイルドシートを後ろ向きにしなければいけない理由は、事故が起きた時に子供さんかかる衝撃を最小限にするためです。

乳児期の赤ちゃんは頭が大きく骨格がまだまだ固まっていないため、もしも前向きの状態で正面衝突の事故が起きてしまったら頭が前に飛び出して首にものすごい負担をかけてしまいます。

なのでチャイルドシートを後ろ向きにして、背中や肩といった広範囲で衝撃を分散させることで、安全性を高める必要があるのです。

またチャイルドシートの向き以外にも気をつけなければならないことがあります。

それはチャイルドシートの角度です。

新生児の場合、角度をつけすぎるのも赤ちゃんにはキツイ体制になってしまい負担をかけてしまいますが、だからといって寝かしすぎるのも危険です。

寝かしすぎるともしも大事故が起きてしまった場合、赤ちゃんの肩に衝撃が集中しすぎて体がすっぽり抜けてしまう危険性があるのです。

安全性が高い角度としては、おすわりができない子の場合は45度。

おすわりができるようになったら50度ほどにするのが良いでしょう。

 

チャイルドシートを前向きにできる時期とは

 

チャイルドシートを後ろ向きから前向きにする目安は月齢ではなく体重です。

これは赤ちゃんの成長には個人差があるためです。

体重の基準としては、チャイルドシートのメーカーによっても多少異なるようですが、9~10㎏を超えたあたりから前向きにするのが安全とされているようです。

赤ちゃんの体重が10㎏になるのは、成長が早い子だと9ヵ月。

遅い子だと1歳半を過ぎた頃くらいにやっとそのくらいの体重になる子もいるようですね。

早くチャイルドシートを前向きにしたい気持ちはわかりますが、お子さんの安全のために体重の基準はしっかり守って向きを変えましょう。

 

また、車に乗る時はいつも誰かしら付き添いがいるのでチャイルドシートを前向きにしなくても大丈夫というママさんパパさんの場合は、できるだけ長く後ろ向きに乗せることをおすすめします。

お子さんが10㎏を超えたといっても、安全性が高いのはやはり後ろ向きです。

海外では我が子の安全を守るためにと、体重が13㎏まで後ろ向きで乗せられる規格のチャイルドシートが主流の国もあります。

現在では日本でも13㎏まで後ろ向きOKのチャイルドシートがありますので、もし大丈夫な環境なのであればそのようなチャイルドシートを使用して、できるだけ長い期間後ろ向きに設置しておくのが良いでしょう。


スポンサーリンク


チャイルドシートの設置場所

 

チャイルドシートの設置場所も間違えると大変なことになってしまう場合があるので一応見ておきましょう。

チャイルドシートは基本的に後部座席に設置します。

月齢が低い赤ちゃんほど助手席に乗せて状態を確認していたい気持ちにはなりますが、助手席にチャイルドシートを設置して赤ちゃんを乗せるのは大変危険です。

その理由は車に装着されてるエアバックにあります。

事故が起きてしまった時には人間を守ってくれるエアバックですが、その衝撃は大人が吹っ飛んでしまうほど強いものです。

乳児に限らず小さい子供さんを助手席に乗せている時に、何らかの衝撃でエアバックが作動してしまうとエアバック圧力のせいで最悪の事態を招いてしまうことがあります。

なのでチャイルドシートは必ず後部座席に設置するようにしましょう。

また、お子さんがチャイルドシートを使わなくても良い年齢になっても、できるだけ後部座席に乗せてあげるようにするのが良いかもしれませんね。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

チャイルドシートを前向きにするのは、だいたいのお子さんが1歳ごろのようですね。

ですが体が小さめな子の場合は、1歳半ごろになってしまうこともありますので、しっかり体重を確認してからチャイルドシートの向きは変えるようにしましょう。

そして可能なのであれば、できるだけ長く後ろ向きで乗せてあげるようにしてあげましょうね。

また、車にチャイルドシートを付ける時はしっかり説明書を読んで、付けた後はちゃんと固定されているかをしっかり確認するようにしましょう。

付け方を間違えて、ブレーキを踏んだ時にチャイルドシートが前に倒れてきたということも稀にあるようです。

そうゆうことが苦手というママさんはご家族や知人に付けてもらう、確認してもらうなどをしてもらうのが良いですね。

以上がチャイルドシートを前向きに時期や月齢の記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。