便秘の起きてしまう原因は、60%が食べ物だと言われています。

知らず知らずのうちに便秘の原因となる食べ物を食べ、便秘に悩まされている人は多いのではないでしょうか。

日常生活で悩みの一つとなってしまっている便秘は、もしかしたらアナタが日頃何気なく口にしているもので起きているかもしれません。

便秘解消のためには、まず便秘の直接的な原因となっている食べ物や飲み物を知ることで、改善できる可能性があります。

今回はこの「便秘の原因となる食べ物、飲み物」について紹介していきたいと思います。

 

 

便秘になりやすい成分の入ったもの

 

 

タンニンを含んだ食べ物と飲み物

 

タンニンを多く含むものを摂取しすぎると便秘の原因となります。

タンニンを含んだ食べ物や飲み物と言われても、ピンとこない人の方が多いと思いますが、タンニンを含んだ代表的な食べ物として「干し柿」や「赤ワイン」などが挙げられます。

 

このタンニンという成分には便を止める作用があり、下痢を起こした時には薬として使われることもあるのですが、便秘には逆効果となり便秘を悪化させてしまうことがあります。

特に赤ワインは美容や健康にも良いと言われ、「どうせお酒を飲むなら赤ワインを飲もう」と積極的に飲んでいる女性の方もおられるではないでしょうか。

もし便秘に悩まされているのなら、少し意識して違うお酒に変えてみるのも良いでしょう。

 

 

カフェインを含んだ飲み物

 

カフェインの入ったものも摂り過ぎると、便秘の原因になります。

カフェインはほどほどに摂る分には、腸を刺激して便意を起こすこともあるのですが、摂取しすぎると腸の動きを鈍くしてしまいます。

日ごろ、緑茶・紅茶・コーヒーなどををよく飲む便秘気味の人で、自分は過剰摂取しているなーと思う人は摂取量をひかえてみてくさい。

 

肉類

 

お肉類は誰もが好きな食べ物と言えますよね。

ですが肉類も便秘の原因となってしまいます。

普通に食べる分には問題ないのですが、それだけを毎日食べ続けると便秘の原因になってしまいます。

最近、糖質制限が流行りだし、毎日お肉メインに食べている人が増えているようですね。

糖質制限自体は悪いものではないと思うのですが、「糖質制限=お肉」というわけではありません。

やはり他の栄養素もとる必要があります。

その話をすると長くなりすぎるので、ここでは割愛しますが、やはり野菜などからのとれる栄養素や食物繊維葉も便秘を改善できる効果があります。

 

身体を冷やすもの

 

身体を冷やすことも便秘の原因の一つとして挙げられます。

 

夏場ですと、アイスクリームやカキ氷などの直接的に身体を冷やす食べ物ももちろんですが、茄子やきゅうりといった夏野菜を食べ過ぎるのも身体を冷やしてしまう原因となります。

 

特に生野菜や海藻類などは、身体を冷やしてしまう効果があると知らない人も多く、身体に良いからと大量に食べてしまうと便秘の原因になってしまう可能性があります。

便秘という症状の場合では、生野菜よりも温野菜をおすすめします。

温野菜は内側から身体を温める効果もあり、身体を温めることは腸の働きを活発にして便秘解消に繋がります。

※また体温は1℃下がると、免疫力が30%下げてしまうこともあり、風邪などの病気にかかりやすくもなってしまいますので気をつけましょう。

 

 

まとめ

 

 

いかかでしたでしょうか?

今回は「便秘の原因になる食べ物、飲み物」について紹介しましたが

 

・タンニンを含んだもの

・カフェインを含んだもの

・お肉

・身体を冷やすもの

 

これらの過剰摂取には注意しましょう。

 

ですがあくまで、摂りすぎは注意というだけで摂ってはいけないものではなく、偏らずにバランスよく食べれば便秘の原因にはなりません。

また、便秘で悩んでいる人は次のような便秘解消法もおすすめですので、良ければ見てみてください。

 

便秘をすぐに解消できる食べ物、食べ方について紹介

便秘にすぐ効くマッサージ方法

便秘をすぐに解消できる体操と運動

便秘をすぐに解消できるツボ

便秘になる原因はストレスって本当?

 

生活習慣を見直すことは、便秘だけではなく健康的にも良くなります。

少しずつでいいので改善できるところは改善して、便秘に悩まない生活を目指しましょう。