便秘の原因は食生活や生活環境など、人によって様々です。

そしてその原因の一つに「ストレス」で起こる便秘があります。

ストレス社会の現代では、ストレスが原因で便秘になっている人は非常に多いようですね。

 

ではこの便秘を解消するにはどうしたらよいのでしょうか。

 

ストレスが原因で起こる便秘は、他の便秘とは解消方法が違います。

特に薬の使用には注意が必要です。

 

この記事ではそのようなストレスが原因で起こる便秘の解消法や注意点などを紹介していきます。

 

 

便秘とストレスの関係とは

 

 

ストレスは自律神経のバランスを崩し、腸に異常を起こします。

腸内では正常な蠕動運動ができなくなり、腸がけいれんを起こしてスムーズな排便ができなくなってしまいます。

これを「けいれん性便秘」と言います。

 

このようにストレスを感じて起こる便秘は、仕事や学校が休みの時(特に連休の時など)に解消される事が多く、
これは「副交感神経」が優位にたった状態になっているからです。

 

自律神経には緊張時やストレスを感じた時に働く「交感神経」とリラックス状態の時に働く「副交感神経」があります。

交感神経が働いている時は腸に異常を起こしてしまいますが、副交感神経が働いている時は腸が活性化して便を出しやすくしてくれます。

 

 

ストレスで起こる便秘の原因

 

 

脳と腸は非常に深い関係を持ち、この二つはダイレクトに繋がっているとも言われています。

ゆえに腸は「第二の脳」「考える臓器」とも言われ、脳で感じたストレスの影響を最も受けてしまう場所なのです。

 

なぜそのように影響をうけてしまうのかというと、それは腸の神経細胞の数が関係しています。

腸ほど神経細胞の数が多い臓器はなく、ストレスを感じた脳は自律神経を通じてそのまま腸に影響を及ぼして便秘を引き起こしてしまいます。

 

よく胃や内臓がストレスに弱いと言われるのはこのような理由からです。

このようにストレスによって起きた便秘を「ストレス性便秘」と言います。

 

 

ストレス性便秘の特徴とは

 

 

ストレスが原因で起こるストレス性便秘の特徴は

 

・毎回ウサギや鹿のようなコロコロした便が少量ずつでる

・残便感が残る

・お腹が痛いのに便がでない

・便秘と下痢を繰り返す

 

などの症状があります。

 

またこのストレス性便秘は、緊張してしまうような場所やストレスを感じんてしまうような場所に行こうとする時、腹痛を起こしてトイレから出られなくなってしまうような状況を引き起こしてしまうことがあります。

 

治療法として期待できるような方法は今だに無く、最近ではそのような症状を抑える薬などはあるようですね。

 

 

便秘になりやすいストレスについて

 

 

ストレスになるといっても自分がどんなことでストレスを感じているかがわからないという人も多いようですね。

その場合、下記のような感情があるとストレスを感じていると言えます。

 

・会社などの人間関係に疲れている、まためんどくささを感じる

・現在慣れない環境にいて、落ち着かない

・毎日何事にもやる気を出せない

・仕事や学校に行く事を苦痛に感じる

・少しのことでイライラしていまう

・ついつい昼間に会社などで起こったことを思い出して夜眠れない

・言いたいことを主張するのが苦手

 

 

ストレス性便秘の解消法は?

 

 

ストレス性便秘はストレスが原因で起こっていることは説明しましたが、この便秘を解消するにはやはり原因となっている「ストレスをなるべく発散する」「ストレスを溜めないようにする」しかありません。

なるべく休みの日にはゆっくりと過ごしてみたり趣味などを堪能したりして、リラックスできて楽しい時間を過ごすことが大切と言えるでしょう。

またスポーツなどで体を動かすことやマッサージをしてもらうこともストレスには効果的のようですよ。

ストレスを感じているなと思ったときは、深く考えずにとりあえず楽しい事を考えるようにしましょう。

 

 

ストレス性便秘で下剤を使うのは危険

 

ストレス性便秘は腸が痙攣を起こしていますので、下剤のように刺激を与えて腸の運動を促すような薬を飲むと逆に悪化してしまう可能性があるので、使用はしない方が良いと言えます。

この便秘では一般的に整腸剤を使って治療をおこなっていきます。

市販で売っている薬を使用したいという場合は、整腸剤や乳酸気サプリなどを試してみましょう。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

このようにストレス性便秘は、ストレスが原因で腸がけいれんして起きています。

ですが社会で生活している以上、ストレスを感じない生活なんていうのは難しいですので、どうやってストレスを発散し、解消していくかを考えることが大切と言えます。

薬には頼らず、休みの日などは自分のストレス解消のために積極的に行動してみましょう。