赤ちゃんの歯磨きをスタートするのは、一本目の歯が生え始める頃からです。

歯が生え始める時期には多少個人差がありますが、だいたい6ヵ月頃と言われています。

歯が生えるか生えないかという時期の赤ちゃんは、口の周りを触られることが好きな子が多いので、できるだけ早いうちからお口の中をキレイにする習慣をつけることが歯磨きを嫌がらないようにするコツでもあります。

そして歯磨きをスタートしたら、必ずと言っていいほど遭遇する疑問がでてきます。

 

そう!!

 

「赤ちゃんが歯磨きした後ってうがいはどうすればいいの?」という問題です。

もちろん歯が生え始めた頃の赤ちゃんに無理にうがいを教えようとしても、まだ理解することは難しいでしょう。

それではうがいはいつから覚えていけばいいのか?

この記事では赤ちゃんが歯磨き後のうがいを練習しだす時期や、その練習方法などについて見ていきたいと思います。

 

歯磨き後のうがいはいつから?

子供のうがい

赤ちゃんがうがいをできるようになる時期というのは個人差があります。

早い子だと1歳を過ぎたあたりでできるようになる子もいますが、基本的には2歳頃と考えておくのが良いでしょう。

周りでうがいをできるようになった子がいても、「うちの子も早く覚えさせないと」と焦る必要はありません。

 

大事なのはその子のペースに合わせて教えてあげることです。

 

うがいができないからと怒ったり無理やり覚えさせようとすると、赤ちゃんがうがいを嫌がるようになってしまいます。

そうなってしまっては、ますますうがいを覚えてもらうのに根気が必要になってしまうでしょう。

最悪の場合、歯磨きすら嫌がるようになることもあるかもしれません。

間違っても怒ったりはせず、その子のペースに合わせて楽しく覚えていくことが、うがいができるようになる最大の近道なのではないでしょうか。

 

うがいの種類

疑問を抱く女性

一言に「うがい」と言っても、うがいには二通りのやり方があります。

それは「ブクブク(くちゅくちゅ)うがい」と「ガラガラうがい」です。

一般的に歯磨きの後におこなうのは「ブクブク(くちゅくちゅ)うがい」の方ですね。

この記事を見ているママさんパパさんも、子供の頃はお母さんに「くちゅくちゅぺーしてっ!」と言われた記憶があるのではないでしょうか?

ブクブク(くちゅくちゅ)うがいは主に、口の中にいる細菌や食べた物のカスを洗い流すためにおこなううがいですので、歯磨きでとれた食べ物のカスなどを洗い流すためにこのうがいをする必要があるのです。

 

ですがだからと言って「ガラガラうがい」は覚えなくていいのかと言うと、そういうわけではありません。

ガラガラうがいもしっかりと覚えなければなりません。

ガラガラうがいは「口の中」ではなく「のど」を洗い流します。

のどには風邪の原因となるウイルスが付着しやすいので、そのようなウイルスが肺に入っていかないようにガラガラうがいで洗い流す必要があるのです。

ブクブク(くちゅくちゅ)うがいをできるようになったら、その流れでガラガラうがいの練習もしていきましょう。


スポンサーリンク


うがいの練習方法

CHECK

それでは「ブクブクうがい」と「ガラガラうがい」の練習方法について見ていこうと思います。

うがい練習をするためのアドバイスとして、うがいの練習はお風呂でやるのがベスト!!です。

何が起きても焦らずうろたえず練習できます。

うちでは練習用に2Lペットボトルのミネラルウォーターを常にお風呂場においてました。

 

ステップⅠ

うがいを練習するための初めの一歩として、まずはお水を「ぺっ」と吐き出せるようにしましょう。

口から「ダァー」と垂れ流すのではなく「ぺっ」ですよ。

口に水を含ます時にはコップを使いますが、おこなう場所はお風呂です。

こぼれても良いので、もし赤ちゃんが自分でコップを持ちそうなら持たすことで同時にコップから水を飲む練習にも繋がるでしょう。

まだ自分で持てなさそうな場合は、ママさんパパさんがコップから口に含まさせてあげましょう。

少し離れたところに目標物を置いて、それに向かってなるべく遠くに「ぺっ」と吐き出すようにするのも良い練習になります。

何事もまずはママさんパパさんが楽しそうにお手本を見せてあげて、赤ちゃんにもなるべく楽しく真似してもらってください。

 

ステップⅡ

お水を「ぺっ」と出せるようになったら、次のステップです。

次は含んだ水を口の中にためる(滞在させる)練習をします。

この時、ママさんパパさんは「んーっぺっ」という感じで、言葉を発しながら赤ちゃんにお手本を見せてあげます。

「んー」と言葉を発している間は、口の中に水をためている(滞在させている)よと、赤ちゃんにわかりやすいように表現してあげるのです。

そして徐々に「んー」を長くしていき、口の中で水を滞在させる時間を長くしていきましょう。

 

ブクブク(くちゅくちゅ)うがいの練習

水を口の中にためることに慣れてきたら、いよいよブクブクうがいの練習です。

ママさんパパさんは口の中に水を含み、大きく頬をうごかしながらブクブク(くちゅくちゅ)とさせて赤ちゃんに見本を見せてあげます。

これも赤ちゃんと向き合って楽しく練習していきましょう。

普段から口に水をずに「ブクブク」と言いながら、頬を動かして遊ぶのも効果的な練習になりますよ。

 

ガラガラうがいの練習

ブクブクうがいができるようになったら、ガラガラうがいも練習していきましょう。

まずは口に水を含んだまま、上を向く練習からはじめます。

上を向く時ママさんパパさんは「あー」と言葉を発しながら顔を上に向けてゴロゴロと軽く音を鳴らし、赤ちゃんにお手本を見せてあげます。

それができるようになってきたら、次はそのままお水を「ぺっ」と吐くようにお手本を見せてあげます。

顔を上に向けて「あー」と言いながら、顔を下を向けるタイミングで「ぺっ」と水を吐き出すようにしましょう。

だんだん慣れてきたら、上を向いて「あー」と息を吐くときの力を少しずつ強くしていきます。

 

うがいができるまで歯磨きはどうしたらいい?

はてなの画像

うがいができなくても、歯磨き粉などを使わずに歯を磨く練習はしておきましょう。

うがいができないうちは、磨いたあとにものを飲み込んでも特に問題はありません。

ですが歯磨きも嫌がる時は無理にさせず、はじめはガーゼなどで口の中を拭いて汚れをとってあげてください。

まずは口の中をキレイにすることに慣れていくことが大事です。

そしてなるべく積極的にママさんパパさんが歯を磨く様子を見せてあげることで、赤ちゃんに興味を持たしてあげましょう。

赤ちゃんは好奇心のかたまりですので、ママさんパパさんの真似をすることが大好きですよね。

その好奇心をうまく利用して、楽しくできるようにさせてあげましょう。

 

おわりに

 

赤ちゃんがうがいを覚えられる年齢には個人差があります。

他の子より覚えるのが遅くても問題はありません。

ゆっくりその子のペースに合わせて練習して、ママさんパパさんは怒らずになるべく赤ちゃんが楽しく覚えられるように教えてあげることが大切です。

うがいはいずれは必ずできるようになることです。

焦らずに徐々にできるように赤ちゃんと一緒に楽しく練習していきましょう。

以上が歯磨きの後のうがいに関する記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。