赤ちゃんは産まれてすぐから約3歳頃まで毎日オムツを使います。

昔は1歳ごろにおむつが外れる子も珍しくなかったようですが、最近では3歳~3歳半くらいが一般的と言われています。

赤ちゃんは日々成長し、特に産まれて間もない頃から1歳を迎えるまでには急激に体が大きくなります。

気付けば、「あれ?オムツのサイズ小さい?」なんてことはよくあるでしょう。

サイズアウトした(体に対して小さい)オムツを履いているとおしっこやウンチが漏れたり、肌がかぶれたりする原因になってしまいます。

 

また、同じ体重であっても赤ちゃんによって体型は異なり、細い子やぽっちゃりした子、お腹まわりが大きい子や太ももが太い子など様々です。

ですので赤ちゃんによっておむつサイズの替え時というのは違ってくるのですが、どのタイミングでオムツをサイズアップするのかわからず悩んでいるママも多いのではないでしょうか?

この記事では赤ちゃんのオムツの替えるサイズアップのタイミングについてお伝えしていきたいと思います。

あらかじめ替えるタイミングや目安を知っておくことで、サイズが合わなくて慌てたり、オムツを買いだめしすぎて余らしたりしてしまうことを少なくできるかもしれません。

また「テープタイプからオムツタイプへ切り替えるのいつごろ?」ということにも触れていきたいを思いますので、よければ参考にしていただければとおもいます。

 

オムツのサイズにはどんなものがある?

悩む女性

オムツのサイズは基本的に

 

・新生児用:生後1ヶ月(~5kg程)

・Sサイズ:生後1~3ヶ月(4~9kg程)

・Mサイズ:生後3~15ヶ月(6~12kg程)

・Lサイズ:生後12~36ヶ月(9~14kg程)

・ビックサイズ:生後24~36ヶ月以上(12~20kg程)

※これはテープ・パンツタイプを含めた平均値です。実際はメーカーによって、またテープタイプかパンツタイプかによって若干異なります。

 

この5サイズです。

また新生児用には特別小さめのものがあり、1.8㎏ほどの子が使えるものもあります。

一般的にどのサイズを使うかは月齢ではなく、外袋に記載されている体重を目安に決めます。

メーカーによっては同じサイズでも細めな設定のメーカーや、ゆったりした設定にしているメーカーがあり、特に産まれたばかりの赤ちゃんが使用する新生児用のオムツは、赤ちゃんの体型によってメーカーを決めているママが多いようですね。

 

新生児用はあまり買いだめしない

CHECK

赤ちゃんのオムツのサイズの中で、一番使用期間が短いのが新生児用です。

そして買いすぎて余らしてしまいがちになってしまうのもこの新生児用です。

体重が3000g超で産まれた子なんかは、本当にすぐSサイズにサイズアップすることになってしまいます。

小さめで産まれた子であっても、そこまで長く使わないことがほとんです。

安売りしている時はなるべくいっぱい買っておきたい気持ちになりますが、新生児用に関してはあまり買いだめしないことをおすすめします。


スポンサーリンク


おむつのサイズを替える(サイズアップ)の目安は?

 

おむつのサイズアップのタイミングというのは、赤ちゃんによって違います。

それは赤ちゃんの体が大きくなっていくスピードには個人差があるからです。

SサイズからMサイズにサイズアップするタイミングはどの赤ちゃんもあまり差がないとは思いますが、MサイズからLサイズにサイズアップするタイミングは赤ちゃんによってまったく異なってきます。

Mサイズのオムツの対象となる体重は10㎏までとなっていることが多いですが、早い子だと1歳を迎える前に10㎏を超えてしまう子も珍しくありません。

ですが、遅い子だと1歳半くらいでやっとそのくらいの体重になる子もいます。

実際にうちの娘は1歳6ヵ月を過ぎたばかりですが、やっと9㎏ほどになりました。

 

また、赤ちゃんによっては体重が10㎏に全然達していないのに、太ももがきつくなったり、お腹まわりがきつくなったりしてMサイズのオムツが合わなくなったりすることもあります。

太ももまわりがキツイとギャザーが寝てしまい、オムツ漏れの原因にもなります。

このように対象となる体重をオーバーしてないのに、太ももやお腹まわりがきつくて跡がついてしまっているような場合は他のメーカーを試してみるのもいいかもしれません。

おむつはサイズが同じでもメーカーによって太ももやウエストが太かったり細かったりと異なります。

ちなみにMサイズで一番太ももやウエストがゆったり(大きく)設定されているのはムーニーのようですね。

ですがそれでも合わない場合もありますので、その時はLサイズに切り替えましょう。

 

テープタイプとパンツタイプのサイズアップの見極め方

テープタイプの場合、基本的にはテープを貼る場所についている目盛りで判断します。

テープを貼る時に一番外側の目盛りの部分になってきたらサイズアップのタイミングです。

またお腹まわりの大きさが足りなくなったら背中側に隙間ができるので、そこも見極めるポイントです。

 

パンツタイプの場合はゴム跡がついていたら、そのオムツがきつくなったというサイン。

また、しっかりオムツを上げているのにウエストのところからおへそが丸見えになってしまった状態になれば股上が足りていないということです。

このような場合はサイズアップしましょう。

 

新生児はおしっこやうんちが替え時の目安になることも

おむつはサイズによっておしっこを吸収できる容量が違います。

赤ちゃんは成長していくにつれ、おしっこやうんちの量がだんだん増えていきますので、漏れるようになってきたら吸収量を上げるためにも、サイズアップをする必要があります。

また新生児用やSサイズのおむつには、ゆるめのうんちをガードできる機能が備わっていることがありますが、、これは低月齢の赤ちゃんはうんちが水っぽいためです。

ある程度固まったうんちになってきたら次のサイズも使えますよというサインなので、これも目安にするとよいのではないでしょうか。

 

テープタイプからパンツタイプに替えるのはいつ?

おむつ

テープタイプからパンツタイプへの移行は、ハイハイでの動きが活発になってきた時です。

赤ちゃんが動きまわるようになると、テープタイプのオムツは交換しにくいです。

よく、つかまり立ちをする頃がパンツタイプへの替え時と言われてはいますが、「最近動きまわっておむつが交換しにくいなー」と思ったらそのタイミングでパンツタイプに替えたほうが断然楽なので、おすすめですよ。

また、動きたいのに無理矢理動きを止めてオムツ交換していると、おむつ交換することに対して嫌なイメージを持ってしまい毎回嫌がるようになってしまうこともあります。

赤ちゃんのためにもなるべく早くパンツタイプに替えてあげるのがよいのではないでしょうか。

パンツタイプは慣れてくれば動きまわっていようがサッと履かせられます。

もう一つ言えば、おやつやおもちゃなどで一瞬でも他のもに集中させておいてサッと交換すれば更に交換しやすいですよ。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんのおむつサイズの替え時は赤ちゃんよって違うので、おむつ跡がないか、背中側に隙間ができていないか、おへそがコンニチワしていないかなどを目安と考え、適切なオムツサイズを選んで赤ちゃんが快適に過ごせるようにしてあげたいですね。

また、おむつを交換する時というのは赤ちゃんの肌に触れる大切な時間でもあります。

おしりをキレイにしてあげることはもちろんですが、おしりがかぶれていないか、できものができていたりしないか、お腹のはり具合に違和感はないかなどのこともしっかりチェックしてあげましょう。

以上が赤ちゃんのおむつサイズの替え時についての記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。