おむつのサイズってどのように決めるの?

サイズを替えるタイミングとしてはどんなことが挙げられるのか。

パンパースにはサイズ毎に目安となる体重や月齢が記載されています。

ですが実際には、月齢に対しての赤ちゃんの体重は個人差があるので目安は当てにならないこともあります。

あくまで「この月齢ではこの体重の子が多いですよ」というものなのです。

また、パンパースのオムツには新生児用、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ、ビッグサイズと大きさがありますが、Lサイズまでは、テープタイプとパンツタイプの二つの種類があります。

このテープタイプとパンツタイプはどのように使い分けるのかを疑問に思っている方もおられるのではないでしょうか?

今回この記事では、パンパースのオムツのサイズ選びについてや、テープタイプとパンツタイプの使い分け方などについてお伝えしていきたいと思います。

 

おむつのサイズ選びは赤ちゃんの月齢を目安にすることも

 

先ほどパンパースに記載されている月齢の目安は、あくまで「この月齢では、このぐらいの体重の赤ちゃんが多い」というものだと言うことはお伝えしました。

ですが状況によっては記載を目安にせざるを得ない時もあります。

赤ちゃんがの体重がうまく測れず、はっきりした体重が分からなかったりする場合は記載されている月齢をまずは目安にすると良いと思います。

ですがやはり赤ちゃんによって体格の違いはありますので、まずは記載されている月齢を目安に、少ない枚数で売られているものを買ってみて、赤ちゃんにフィットしているかを確認してみましょう。

特に新生児の頃に使用する新生児用オムツはメーカーによってサイズ感やお通じの漏れ具合などが赤ちゃんによって違い、相性があるようです。

それではここからはパンパースにはどんなサイズがあるか、また、それぞれのサイズの体重、月齢の目安を見ていきたいを思います。


スポンサーリンク


新生児サイズ

 

体重の目安:5㎏まで

月齢の目安:生後1ヵ月

 

パッケージの表記を見ると、新生児用オムツの対象となる体重は5kgまでとなっていますね。

赤ちゃんの体重が5㎏になるまでは使えるということですが、一般的に赤ちゃんは2.5kg~3.5㎏ほどで産まれてくる子が多いと思います。

そしてお母さんの母乳やミルクで日に日に体重が増えて、生後1ヶ月~2ヶ月ほどで大体5㎏になります。

赤ちゃんによっては稀に生後3ヵ月になるまで体重が5kgにならない子もいますが、逆に生後1ヵ月にならないうちに5kgを超えてしまう子もいるようです。

ですがどちらにせよ、新生児用のサイズはそこまで長くは使用しないので、あまり大量に買い溜めはしない方が良いかもしれませんね。

 

体重が5㎏未満でもサイズアップが必要なことがある

赤ちゃんの体重が5㎏にならなくても、新生児用のサイズが窮屈になってしまう場合があります。

特に太もも部分が合わなくなることが多いようですね。

太ももの肉付きがよい赤ちゃんの場合、5㎏に達していなくても太ももにオムツの跡がついてしまう子がいます。

その場合、他のメーカーの新生児用オムツを試すのも良いと思いますが、思い切ってサイズアップをしてしまうのもよいかもしれません。

他のメーカーに替えてもすぐにサイズアップは必要になると思います。

 

関連記事

オムツサイズの替え時とは|サイズアップの目安について

 

Sサイズ

 

体重の目安:テープタイプ・4~8㎏
:パンツタイプ・4~8㎏

月齢の目安:生後1~3ヵ月

 

Sサイズのパッケージの表記を見てみると、テープタイプ、パンツタイプともに対象となる体重が4㎏~8kgとなっています。

生後1ヵ月ほどの赤ちゃんでも体重が6kgになる子はいるようで、体格が大きい子であれば生後1ヵ月の頃からSサイズを使用する子もいます。

実際にパンパースの月齢で見た目安でも1ヶ月~3ヶ月となっています。

ですが中には生後9ヶ月ほどの赤ちゃんでも体重が7kgほどしかない子もいるようですので、個人差によってSサイズを長く使う場合もあるようですね。

 

Mサイズ

 

体重の目安:テープタイプ・6~11kg
:パンツタイプ・6~10kg

月齢の目安:生後3~15ヵ月

 

Mサイズのパッケージの表記を見てみると、テープタイプの対象となる体重が6~11kg。

パンツタイプの対象となる体重が6~10kgとなっており、対象体重が若干違います。

月齢の目安も生後3ヵ月~15ヶ月とかなり月齢の範囲が広いですね。

これはやはりそれだけ赤ちゃんによって体格の差があるからでしょう。

私にも1歳6ヶ月の娘がいまして、先日1歳半検診に行ってきたのですが、同じ位の月齢の子ばかりのはずなのに、すごく体格に差があってびっくりしました。

一概には言えませんが、男の子の方が体格が大きい子が多かった印象があります。

ちなみに私の娘は1歳6ヶ月(月齢で18ヶ月)ですが、体は小さい方で現在ちょうど9kgです。

なのでまだMサイズのオムツを履いています。

ですが何か体に問題があるというわけではなく、健康ですごく元気です。

このように月齢の目安は、一般的にはこのくらいの子が多いという目安ですので、実際には目安と当てはまらない場合もあります。

 

SサイズとMサイズの大きさは変わらない?

パンパースでは数年前にSサイズが改良され大きくなったようで、大きさ的にはSサイズもMサイズもあまり変わらないようです。

だったら値段に対してオムツの枚数が多いSサイズを買った方がお得なような気がしますが、一つだけオムツの機能の面では違うところがあるようですね。

それは吸収力の違いです。

Sサイズに比べてMサイズでは吸収力が24%アップしています。

赤ちゃんは月齢を重ねるとともにオシッコの量が増えていきますので、そのことを考えるとMサイズが履ける体重になったらMサイズを履かしてあげた方がオムツ漏れも防止できるので良いのかもしれませんね。

 

Lサイズ

 

体重の目安:テープタイプ・9~14㎏
:パンツタイプ・9~14㎏

月齢の目安:生後12~36ヵ月

 

パンパースLサイズの対象となる体重はテープタイプ、パンツタイプともに9kg~14㎏で、月齢の目安は12ヶ月~36ヶ月となっています。

主に1歳ごろから使用するお子さんが多いようですね。

また、テープタイプからパンツタイプへは、どのようなタイミングで切り替えたらよいのか疑問に思っているお母さん方もおられるのではないでしょうか?

切り替えるタイミングや理由はお母さんによって様々だとは思いますが、パンツタイプはテープタイプに比べて比較的履かしやすく、オムツ漏れをしにくいです。

よく動くようになってオムツ漏れが目立ってきたら、パンツタイプへの替え時かもしれません。

また、つかまり立ちができるようになるとパンツタイプの場合、立ったままオムツ交換できるので外出先でもオムツを交換するのが非常に楽です。

馴れると本当にサッと替えることができるので、しっかりつかまり立ちをするようになった頃もパンツタイプに切り替えるタイミングだと思います。

 

ビッグサイズパンツ

 

体重の目安:12~22㎏

 

パンパースのビッグサイズの対象となっている体重は12㎏~22㎏です。

ビッグサイズまでいくと月齢の目安はあってないようなものです。

平均的には30ヶ月(2歳半)頃からの子が多いようですが、赤ちゃんによっては18ヶ月(1歳半)頃からビッグを使用する子もいるようですね。

Lサイズからビッグサイズに切り替えるタイミングとしては、やはりオシッコの量でしょう。

赤ちゃんは成長するにつれオシッコの量が増えていきますので、オシッコ漏れが目立ってきて対象となる体重になっているのであれば、ビッグサイズに替えてみましょう。

 

おわりに

 

パンパースのオムツサイズの目安についてお伝えいたしましたが、いかがでしたでしょうか?

オムツのサイズやサイズアップの目安は体重や月齢だけではなく、赤ちゃんの太ももの太さやオムツ漏れなども見てあげて判断する必要があります。

また、お腹まわりが窮屈になるのもサイズアップの目印となることがあります。

オムツはまとめ買いをするほうが金銭的にお得な場合もありますが、なるべくお子さんの成長をしっかりと見てあげて買いすぎて余ってしまうことがないようにしたいですね。

以上がパンパースでのオムツサイズの目安についての記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。、