レッグウォーマーは赤ちゃんの足を保湿・保温したり、紫外線対策をするために必要なアイテムです。

体温調節がまだうまくできなく肌がデリケートな月齢の赤ちゃんを育てるママさんパパさんにとっては、常備しておくととても心強いものですね。

ですが購入しようとお店に足を運ぶと、いろんな種類やサイズがあってどれを選んで良いか迷うこともあるのではないでしょうか?
赤ちゃんは同じ月齢でもそれぞれ個人差があり、体のでかさはもちろんのこと足の長さや太さも様々です。

この記事では赤ちゃんに履かせるレッグウォーマーのサイズ選びのポイントについて見ていきたいと思います。

 

意外と夏場も役立つレッグウォーマー

赤ちゃんが寝そべる画像

冬場に赤ちゃんの体が冷たくなっていないかを確認することはよくあると思いますが、夏場であっても体温を確認することは大切ですね。

体を触って冷たくなっていたり、熱くなっていたりするとなんらかの対処をしてあげなければいけません。

冬場は厚着をさせて温めてあげたり、夏場は涼しいところ過ごさせてあげたりするのではないでしょうか。

赤ちゃんのうちは家に居ることが多いため、特に夏場はオムツと簡単なシャツだけを着せて過ごさせている場合もあると思います。

そのような状態でクーラーの効いた室内に赤ちゃんを寝かせておくと、知らないうちに赤ちゃんの足がすごく冷たくなっていた!!となることもあります。

定期的に足を触って確認し、冷たいようならレッグウォーマーを履かせてあげても良いかもしれません。

ちなみに足の色が紫色になっているようなら、これはかなり冷えている証拠ですので気を付けてみてあげましょう。

靴下を履かせるという手もありますが赤ちゃんは足をバタバタさせて脱がせてしまう子も多いので、足をバタつかせる子にはレッグウォーマーがおすすめです。

 

サイズ選びはどうしたらいい?

悩む女性

赤ちゃんの足のサイズは個人差があり、同じ月齢でもレッグウォーマーのサイズは異なってきます。

お店に足を運び既成品を購入して使うのなら、サイズ選びは慎重に行いましょう。

気をつけるポイントとしては、長さよりも太さです。

長すぎる分にはクシュクシュと弛ませて履かせてあげれば良いですが、太すぎるとすぐにズレてしまい脱げてしまうこともあります。

だからと言って履き口のゴムがきつすぎると、足の血行が悪くなったり内出血の原因になってしまうこともあるので注意が必要です。

おすすめできるものとしては、よく伸びる生地でつくられたレッグウォーマーです。

購入を考えてお店で品定めする際は、できるだけ実際にさわったり試着をして決めましょう。

一方、最近は通販で赤ちゃんグッズを購入する人が増えてきています。

この場合、試着ができないので、自身で事前にサイズを計測するしかありません。

少し足回りに余裕を持ったサイズを選び購入するのが良いかもしれませんね。

そしてもちろん赤ちゃんはどんどん成長するものですで、成長に合わせてレッグウォーマーのサイズも変えていきましょう。


スポンサーリンク


店舗でサイズを計測してもらう

赤ちゃんの足の計測

完全にピッタリのものを購入するのなら、実店舗でサイズを計測してもらうといいかもしれません。

その方がピッタリ、しっくりくるものを購入できます。

ベビー用品を売っているお店には、赤ちゃんのサイズを測るためのメジャーなどが置かれていることがほとんどです。

一度スタッフの人にサイズを測れるか聞いてみましょう。

また、あらかじめ大きめのサイズをいくつか購入しておくのもおすすめです。

大きめのサイズはいつかは使える時期がくるので、あらかじめ買っておくとその都度お店に足を運ばなくて済みます。

また、成長に合わせて何段階か調節できるようなものがあれば、一つ購入するだけでいいので、このような便利なサイズのものを購入するというのもいいかもしれません。

 

素材を確認する

赤ちゃんにレッグウォーマーを履かせるのなら、素材にも気をつけましょう。

赤ちゃんの肌はデリケートなので、レッグウォーマーの素材によっては肌荒れを起こしてしまうこともあります。

時々、脱がして肌に異常がないか確認してみましょう。

赤くなったり、かゆみがともなったりしていると、赤ちゃんが無意識に足をバタつかせることがあります。

赤ちゃんも違和感からこのような行動を取ることがあります。

素材は当然、肌に優しいものにしましょう。

毛糸で手編みをして履かせるというお母さんも多くなっていますが、チクチクしてかえって肌荒れを起こしてしまうことがあります。

もし手編みをする場合のおすすめの素材は綿素材です。

ガーゼのハンカチのような肌触りの良い素材を使いましょう。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

レッグウォーマーは冬場はもちろんですが、夏場に役に立つ場面もあります。

特に小さいお子さんを育てているママさんパパさんはこまめに体温を確かめてあげましょう。

ちなみにレッグウォーマーをまったく使用せずに子育てをする親御さんもおられるので、絶対に必要というわけではありません。

ですが、レッグウォーマーをつけた赤ちゃんはすっごく可愛いですので、機能性とはまったく関係ありませんがそうゆう意味でも一度履かしてみることをおすすめします。笑

以上が赤ちゃんに履かすレッグウォーマーのサイズ選びのポイントについての記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。