寒い季節は防寒として使用し、夏は紫外線防止や虫除け、冷房による冷え対策に使うことができるレッグウォーマー。

見た目も可愛らしく、最近ではオシャレアイテムの一つとしてブーツから出して履いたり、スキニーの上やミニスカートに合わせて履くファッションも見かけます。

また、様々な素材があり、冬場はウールや毛糸など暖かい素材で、夏場は薄手のコットンなど涼しい素材を選んで使い分けるのがおすすめです。

ハイハイ期の赤ちゃんには膝の保護にも使うことができます。

そんな赤ちゃんのおしゃれ&便利アイテムであるレッグウォーマーですが、購入してみると履かせる向きがわからない。

また、赤ちゃんのムチムチの足に食い込んでしまうけどどうしたらいいのか。

このような悩み・疑問に直面してしまうママさんが結構おられるみたいですね。

この記事では、レッグウォーマーの向きについてや、食い込む場合の対処法について見ていきたいと思います。

 

レッグウォーマーの向きはあるの?

 

レッグウォーマーの形と言えば筒状になって上下にゴムが付いてるものですね。

柄があるものは上下が分かりやすいと思いますが、無地やストライプのものなどはどちらが上なのか分からなくなってしまうことがよくあります。

購入後の袋から開けてすぐは分かっていても、洗濯していざ履かせようとした時に分からなくなってしまうことも多いようです。

それではどうやって上下を見分けるのでしょうか?

レッグウォーマーのゴムの部分は上下ゴム口のキツさが違い、一般的にはキツい方を上に履かせてズレ落ちるのを防ぎます。

ですが商品によっては逆のものもあるようで、柄付きのものでない限りは絶対にどちらが正しいという事もないようです。

赤ちゃんの成長は早くすぐにサイズアウトしてしまうこともあるため、わざと柄が無いものをあらかじめ選んでおいて小さくなってきたらキツイ方(上の向き)を下にして履かせるママさんもおられるようですよ。

成長に合わせてこまめに買い替えるのもいいですが、工夫して長く履けるのであればどんな履き方をしても私は良いと思います。

 

食い込む場合の対処法について

 

フィット感はレッグウォーマーを購入する際に最も気をつけたいことです。

赤ちゃんの体が大きくなるスピードはそれぞれで違います。

おすすめの月齢などが記載された商品もありますが、それはあくまで目安にすぎません。

大きすぎると脱げてしまい、きつすぎると赤ちゃんが動きづらくなってしまいます。

必ず我が子の太もものサイズをあらかじめ測っておき、その子に合ったものを選ぶようにしたいですね。

そして実際にお店に足を運んで出来る限りフィット感を確認してから購入するようにし、もし一度試着などができない場合でもセンチなどの細かいサイズも確認してから購入しましょう。

多くのレッグウォーマーは太もも部分にゴムが入っており、そこで固定するように作られています。

太もも部分のゴムがきついと皮膚に食い込んで、血行不良や内出血の原因となってしまいますので注意して選んであげてください。

 

大きめブランドを探す

同じような赤ちゃん用レッグウォーマーでもメーカーが違うと着心地も違います。

口コミを見るとベビーレッグスはアメリカ製なので大きめなのかと思いましたが、ゴム口がしっかりしているそうで、ゴムの跡がくっきり残ります。

しっかりとしているのでズレにくいですが、ややキツイのかもしれません。

生地も厚めです。

ハイハイを始めた赤ちゃんのサポーターとしてはおすすめできるのではないでしょうか。

そしてユニクロは生地も薄手でゴムも緩めです。

ゴムの締め付けが気になる方にはおすすめですが、動くとズレるかもしれません。

このようにどんな状況で履かせるかによってメーカーをかえるというのも一つのやり方です。

むっちりあんよとレッグウォーマーの組み合わせがとっても可愛い赤ちゃん。

いろいろアレンジが効くレッグウォーマーはいくつか持っておくととても便利です。

 

ゴム部分を折り返して使用する

また見た目にはあまりよくないのですが、きつくなってきたらゴム部分を折り返して使用するといった使い方もあります。

特に家の中で使用するものに関しては、合わなくなったからといってすぐに捨てるのはもったいないですね。

太ももに食い込んでゴムの跡がつくようになってきたら、一度ゴムの部分を折り返して使ってみましょう。

そして夏に履かせるような場合であれば、ひざ下まででとどめておくという履かせ方もあります。

いろいろと工夫をして長く履かせることができれば、経済的にもなりママさんも嬉しいですね。

あと対処法というわけではありませんが、少し観点をかえて手作りをしてみるというのもいいですよ。

意外と簡単に作ることができるので、手作り方法についても見ていきましょう。

 

レッグウォーマーの手作り方法

 

ハイソックスの場合

大人用のハイソックスをリメイクして、赤ちゃん用のレッグウォーマーを作ると適度にゆるいものができます。

作り方は思いっきり簡単で、材料は

 

・好みの柄のハイソックスと

・ゴム

・裁縫道具

 

これだけです。

作り方

ハイソックスを足首のあたりを切る。

ゴムが入るぐらいの幅で折り、縫っていきます。

そしてゴムを通して完成です。

とても簡単に作れますし、少し手間をかければオリジナルの可愛いレッグウォーマーを作ることが出来ます。

 

好きな生地でレッグウォーマーを作りたい場合

材料は

 

・好きな生地 20㎝×50㎝程(60~70のサイズ)

・太ももの太い所に合わせたゴムを1つ

・足首に合わせたゴムを1つ

 

作り方

縦は赤ちゃんの太ももから足首までの長さ、横は赤ちゃんの足回り+5㎝程で生地をカットする。

生地を縦に折り縫い合わせる

上下、端から2㎝くらいあけ縫い合わせる

上下折り返して、それぞれゴムを通す部分を作る

ゴムを通して完成です。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

レッグウォーマーは本当にたくさんの種類があるのでたくさん買ってあげたくなりますね。

ですが、できるだけ赤ちゃんの肌に合ったものやフィット感を優先して選んであげましょう。

そして赤ちゃんの成長は早く、サイズが合わなくなってしまってもできるだけ工夫して長く履けるようできたらよいですね。

そうゆう時はこの記事をぜひまた参考にしてください。

以上がレッグウォーマーの向きと、食い込む場合の対処法に関する記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。