赤ちゃんの歯磨きにフッ素配合の歯磨き粉が良いと最近よく耳にしますね。

虫歯を予防するのに効果的と言われるフッ素。

このような歯磨き粉はいつから使用するのか、気になっているママさんも多くおられるようですね。

また、実際フッ素には「どのような効果があるのか?」また「赤ちゃんの体に危険(悪影響)はないのか?」といったことも気になるのではないでしょうか?

この記事ではフッ素とはどのようなものなのかや、フッ素配合の歯磨き粉はいつから使用するのかについて見ていきたいと思います。

フッ素による虫歯予防の効果とは

CHECK

虫歯を予防するのにフッ素が良い理由は、歯の修復を促す効果があるからです。

モノを食べると口の中には、虫歯菌が活発化することによって「酸」が発生します。

この酸は歯の成分を溶かしてしまうものなのですが、通常は唾液の働きによってそれを防いでいます。

もう少し詳しく言いますと、溶けだした歯の成分(ミネラル)を唾液が元の状態に戻してくれているのです。

そしてこの唾液による働きを「歯の再石灰化」と言います。

またこの再石灰化は、歯を元の状態に戻すだけではなく歯の修復をするという働きもあります。

フッ素はそんな歯の再石灰化を促進させる効果があるので、初期虫歯の予防や治療を期待でき、健康な歯を維持するのに有効だと言われているのです。

他にもフッ素には虫歯ができるそもそもの原因である虫歯菌の活動を抑えてくれる効果もあるので、虫歯菌の出す「酸」の発生を制御し、歯のミネラルを守ることが出来ます。

 

フッ素による体への影響について

 

このように虫歯菌の活動を抑えて虫歯の予防に効果的なフッ素ですが、体への悪影響は本当にないのでしょうか?

フッ素という物質について聞いたことがある人なら「フッ素って危ないものじゃないの?」と思う人もいるでしょう。

本来フッ素とは「猛毒」です。

しかしそんな猛毒を歯科医師は推奨したりはしないでしょう。

虫歯予防に用いられるフッ素は正確には「フッ化物」というもので、猛毒であるフッ素とは違います。

厳密に言うとフッ素を構造内に含む物質(化合物)で、フッ素のような猛毒はありません。

もちろん歯科医師の指導のもとで使用量や使用方法を守ることが大前提ですが、人体に悪影響をもたらすものではないのです。

 

赤ちゃん・子供の歯磨きにフッ素を使用するのはいつから?

悩む女性

現代の市販されている歯磨き粉には、ほとんどのものにフッ素が配合されています。

先ほど述べたように体に悪影響がないとは言え、絶対に使用する必要はあるのでしょうか?

これだけほとんどの歯磨き粉にフッ素が含まれているということは、やはり虫歯菌に効果はあると言えます。

ですがこのフッ素という物質の効果を発揮させるためには、歯ブラシで歯の汚れをきれいに落としてフッ素を歯の表面に付着させる必要があります。

歯に汚れが付いていて、フッ素と歯が直接的に接触できない状態では本来の効果が期待できないのです。

ですので、しっかり歯を磨けるようになった頃に使用するのが良いでしょう。

1歳ごろのお子さんの場合は、むしろ何も使わずに水だけでもキレイに汚れを落とすことができると言われています。

もし歯磨きをすることにも慣れてきたので、少しずつでも歯磨き粉を付けることに慣れさせていきたいといったような時は、年齢やできることに見合った歯磨き粉を選んであげると良いでしょう。

例えば、歯磨きには慣れてきたけど「うがい」はまだうまくできないといった場合であれば、泡が立ちにくいタイプの歯磨き粉を選んであげると良いです。

1歳頃の子供に使用する歯磨き粉は、基本的に飲み込んでしまっても問題ないとされています。

ですが残った歯磨き粉が気になる場合などは、泡が立ちにくい歯磨き粉であれば歯磨き後にガーゼなどで拭き取ることもできます。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

このようにフッ素が配合された歯磨き粉は虫歯予防に有効ですが、まだ歯磨きが上手にできない頃から無理に使う必要はないでしょう。

キレイに歯が磨けるようになったら積極的に使用すると良いと思います。

また赤ちゃんには歯磨き粉ではなく、フッ素スプレーというスプレータイプのフッ素アイテムもあるようです。

このフッ素スプレーは低濃度なものなので、うがいをする必要もなく安心して使用できるもののようです。

どうしても赤ちゃんの虫歯が気になるママさんは、このようなものありますので一度使用してみるのも良いのではないでしょうか。

以上が赤ちゃんのフッ素配合の歯磨き粉についての記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。