赤ちゃんの成長はめまぐるしく、あっという間に大きくなっていきますね。

特に1歳までは身長と体重もみるみる成長し、日に日に姿を変えていると言っても過言ではありません。

そしてそんな成長は外見だけでなく、お口の中にもあらわれていきます。

個人差はありますが、赤ちゃんはだいたい生後6ヵ月ごろから乳歯がはえてきます。

乳歯が生えてくるといよいよ歯磨きの練習ですが、赤ちゃんのお口の中というのは非常にデリケートです。

強く磨きすぎると歯や歯茎を傷つけてしまうこともあります。

赤ちゃんの歯磨きをスタートするにあたって、ある程度歯磨きに関する知識はつけておきたいものですね。

この記事では赤ちゃんの歯磨きのやり方、また、成長に合わせたお口のケアの仕方などについてお伝えしていきますので、よければ一緒に見ていきましょう。

 

成長に合わせた歯磨きとお口のケア

歯ブラシの画像

赤ちゃんは成長していくたびに様々なこと理解できるようになりますが、お口のケアはその成長に合わせたやり方でおこなっていく必要があります。

もちろんはじめはママさんパパさんがお口をキレイにしてあげますが、最終的には自分でできるようになってもらわなければなりません。

また、歯磨きをすることに対して嫌がる赤ちゃんは多く、親御さんを悩ませてしまうこともあるでしょう。

絶対に嫌がらないようにする方法というものはありませんが、ママさんパパさんが工夫してあげることで嫌なイメージを持ちにくくしてあげることはできます。

ここからは時期別でのお口のケアの方法や注意点などをみていきたいと思います。

 

歯が生える前からお口のケアをしよう

歯が生えていない時期でも、お口の中のケアは積極的にしていきましょう。

小さな赤ちゃんはお口の周りを触れるのが好きなので、遊びながら触ってあげると喜んでくれると思います。

できるだけ小さい時期にそうやって遊びながらお口の中を掃除してあげることで、お口のケアをすることに良いイメージをつけやすいです。

そしてそれを習慣づけてあげることで、いざ歯磨きを始めようと思った時、赤ちゃんの歯磨きに対する抵抗感を少なくすることにも繋がるでしょう。

 

歯が生える前のケアの仕方と注意点

歯がまだ生えていない赤ちゃんのお口のケアは、ガーゼを使っておこなっていきます。

ミルクや離乳食後、まず最初にお口の中をゆすぐ目的でお茶を飲ませてあげましょう。

そして赤ちゃんをママさんパパさんの膝の上であお向けに寝かせ、ぬるま湯で湿らせたガーゼでお口の中の掃除をしていきます。

この時、ガーゼは人差し指に巻いて、優しく優しく撫でるように赤ちゃんの口内を拭いていきます。

注意点は力を入れてこするように拭かないことと、先ほども言いましたが遊びながら楽しくおこなっていくことです。

もし赤ちゃんが嫌がった時は無理には続けず、様子を見ながらできるだけ機嫌の良いときにやってあげましょう。

また指を奥まで入れすぎると嘔吐してしまうことがありますので、入れすぎないように注意してあげることも大切です。

 

乳歯が生えてきた頃のケアの仕方と注意点

乳歯が生えてきたら、いよいよ少しずつ歯磨きの練習をしていきます。

ですが練習と言っても機嫌の良いときに歯ブラシを歯に「ちょん」っと当てる程度でよいです。

この時期のお口の掃除も主にガーゼや綿棒を使っておこなっていきます。

生えたての乳歯はまだ柔らかく、歯ブラシで磨くとその刺激で後々不都合がでてくる場合があります。

また、まだ短い歯だけを磨くことは難しく、磨こうとすると歯茎にも当たってしまいます。

赤ちゃんの歯茎はとてもデリケートで傷つきやすいく、傷つけてしまうと細菌感染してしまうこともあります。

ですので歯磨きの練習というよりは、歯ブラシを持たせてあげて歯ブラシを口の中に入れることに少しずつ慣らしていく練習をしていきましょう。

注意点は歯ブラシを持たせているときはしっかり見ててあげることと、歯ブラシは喉をつかないようにストッパーがついたものを与えてあげてください。

 

生後10ヵ月ごろの歯のケアの仕方と注意点

月齢が10ヶ月ごろになったら本格的に歯ブラシを使って歯磨きの練習をしていきます。

磨く力加減は思っている以上に優しく弱い力で磨いてあげます。

感覚的には磨くというより撫でるような意識でおこなうのが良いでしょう

歯の面に対して歯ブラシを直角に当て、できるだけ歯茎に当たらないように磨いてあげます。

奥歯を磨くときは、歯ブラシを持っていない手で赤ちゃんのお口を(口の脇)を軽く広げて磨いていきます。

磨き終わったら最後の仕上げとして、お口の中をガーゼで軽く拭いてあげましょう。

このぐらいの時期から赤ちゃん用の歯磨き粉を試してみるのもいいですが、まだ必要な時期ではないので無理に付けなくてもよいです

まだ口をゆすげないので、もし歯磨き粉をつける場合はなるべく少量にしておきましょう。

 

1歳ごろの歯のケアの仕方と注意点

1歳ごろの赤ちゃんの歯磨きも生後10ヵ月の頃と同様にやさしく丁寧に磨いてあげます。

このくらいの頃になると、自分で歯を磨くような仕草を見せる赤ちゃんもいます。

そのような仕草ができたら、いっぱい褒めてあげましょう。

注意点としましては、立っている時などはできるだけ歯ブラシを渡さないようにしてください。

一度癖づいてしまうと歯ブラシをおしゃぶり感覚で持って、歩きながらくわえたがる赤ちゃんもいます。

 

また、赤ちゃんが1歳ごろになると「歯磨き後のうがいっていつからするんだろう?」という事が気になってくるママさんパパさんも多くおられるようですね。

確かに早い子だと1歳くらいでうがいができるようになる子もいるようですが、そんなに焦る必要はありません。

うがいは2歳ごろを目安に考えておけば良いと思います。

それまでは仕上げとしてガーゼでキレイに拭き取ってあげたらいいですよ。

うがいに関する記事も書いているので、よければ見ていただければと思います。



スポンサードリンク


歯磨きをする時に役に立つ豆知識

CHECK

歯ブラシは2つ用意する

赤ちゃんは自分で歯ブラシを持ちたがる子が多いです。

歯を磨いてあげたいのになかなか歯ブラシを返してくれない!といった状態になることは珍しくないでしょう。

また、赤ちゃんは歯ブラシをを噛むことが好きな子も多いです。

噛んでしまうと毛先が変になって磨きにくくなることもあります。

ですので、歯ブラシは「赤ちゃんが持っておく用」と「ママが磨いてあげる用」で2本用意しておくとスムーズに歯磨きをすることができると思います。

 

歯磨きをするタイミング

歯を磨いて虫歯菌の繁殖を防ぐのに最も効果的なタイミングは就寝前と言われています。

眠っている間はどうしても口の中の唾液が少なくなり、虫歯菌が活動・繁殖しやすい状態になります。

できるだけ虫歯菌に悪さをさせないように、お昼寝前と夜寝る前に歯を磨いてあげる習慣をつけてあげましょう。

 

フッ素を使う

フッ素配合のスプレーやジェルは赤ちゃんだけではなく、大人が使うこともありますね。

このフッ素は歯磨きの仕上げ(最後)に歯ブラシに少しだけつけて、歯にチョンと塗るだけで虫歯予防になるという便利なものです。

一度試してみて赤ちゃんが嫌がらないようであれば、使っていくようにすると良いでしょう。

ですが嫌がるようであれば、無理に使うことはありません。

 

おわりに

 

赤ちゃんの歯磨きをするにあたって大切なことは、歯磨きタイムが楽しい時間だとイメージできるようにすることだと思います。

ママさんパパさんが一緒に楽しく歯磨きをしてあげて、自然に磨けるようになっていくのが理想ですね。

どれだけママさんパパさんが工夫してあげても、嫌だ!!と泣く赤ちゃんもいると思いますが、決してムキにはならずに優しく対応してあげてください。

歯磨きは誰だっていつかは一人でできるようになるのです。

焦らずにその子のペースに合わせて、習慣づけてあげましょう。

以上が赤ちゃんの歯磨きのやり方に関する記事となります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。