赤ちゃんに歯が生えてきたので、歯磨きをスタートしよう。

そう思って赤ちゃんの歯を磨こうとしても、なかなかうまくいかないのではないでしょうか?

ほとんどの赤ちゃんは歯磨きをしようとしても、ジッとしてくれなかったり、嫌がったりしてしまいます。

スムーズに歯磨きをさせてもらえず、日々頭を抱えているママさんは多いでしょう。

ですがそんな赤ちゃんに根負けしてしまい、結局いつも歯磨きをやらずじまいとなってしまっては虫歯や歯周病になってしまう恐れがあります。

また、虫歯になると治療にもいかなければいけません。

小さい子供にとって虫歯治療はすごく怖いもので、お子さんにとって大きな負担になってしまうことは間違いないでしょう。

できるのであればちゃんと歯を磨いてもらって、そのような事態にならないようにしてあげたいですね。

この記事では、赤ちゃんが歯磨きを嫌がる時にできる対策方法について見ていきたいと思います。

 

赤ちゃんはなぜ歯磨きを嫌がるのか?

悩む女性

赤ちゃんが歯磨きを嫌がってしまう理由には様々なものがあると思います。

歯ブラシが気持ち悪く感じたり、ただジッとしているのが退屈で苦痛に感じたりなど、赤ちゃんによって理由は異なるでしょう。

また、最初は嬉しそうに歯磨きをしていたのに途中から嫌になってしまう子も少なくはありませんね。

赤ちゃんにも嫌がるにはそれなりの理由があります。

ですがまだ言葉が話せない赤ちゃんに理由を聞くことはできません。

何が嫌なのかをママさんパパさんが探ってあげて、そして「歯磨きが楽しいもの」と思わせてあげる努力が大切になってきます。

 

やってはいけないこと

赤ちゃんの画像

ここで赤ちゃんが歯磨きを嫌がるキッカケとなってしまう可能性のあるものについて見てみましょう。

次のようなことは歯磨きをする時にしないようにしてください。

 

・歯磨きをさせてくれないから怒ってしまう

・ジッとしていないから押さえつける

 

歯磨きをさせてくれないから怒ってしまう

赤ちゃんの歯のために歯磨きをしてあげたいのになかなか歯を磨かせてくれない。

ですがだからと言ってムキになり怒ったりすると、赤ちゃんは余計に歯磨きを嫌いになってしまいます。

怒ってしまうと「歯磨きは嫌なもの」というイメージを赤ちゃんに植え付けてしまうのです。

そうなってしまうと逆効果で、ママさんパパさんにとっても歯磨きをさせるのに余計に根気が必要になってしまいます。

嫌がる時は無理にしようとしないで、一旦仕切りなおしましょう。

そしてできるだけ歯磨きは楽しいこと!イメージ付けてあげることが大切です。

 

ジッとしていないから押さえつける

押さえつけてしまうのも赤ちゃんが歯磨きを嫌いになる要因となることがあります。

 

・動きたい、遊びたい

・この体勢は嫌だ

・もう歯磨きに飽きた

 

このように赤ちゃんがジッとしていられない理由は様々だと思いますが、だからと言って押さえつけてしまうと赤ちゃんは体の自由を奪われて怖くなってしまいます。

また赤ちゃんにとって押さえつけられるという行為は、痛いことをされると勘違いしてしまうことがよくあります。。

これは赤ちゃんが病院での検診や必要な注射をする時などに、押さえつけられることが多いので怖いとイメージ付いてしまっていることが多いためです。

言葉を喋れるようになったお子さんが痛いことをしていないのにも関わらず、押さえつけられると「痛いー痛いー」と泣いてしまうのはそのためです。

この押さえつけるという行為も、赤ちゃんに「歯磨きは嫌なこと」と思わせてしまうキッカケになりかねません。


スポンサーリンク


赤ちゃんが歯磨きを嫌がらないための対策

CHECK

歯磨きはママさんパパさんがやり方を工夫してあげることで、好きにさせることは可能だと思います。

ここからは、「こうゆうやり方もありますよ」というような方法をいくつかご紹介していきます。

 

歯磨きはできるだけ早くスタートする

赤ちゃんに歯磨きを好きにならせるコツの一つとして、できるだけ早くから歯磨きをスタートすることがあげられます。

赤ちゃんの1本目の歯が生えてくる時期(生後6ヵ月頃)から始めるのが良いでしょう。

生後6ヵ月頃の赤ちゃんは口の中を触られることが好きな子が多いので、この時期から歯磨きをスタートさせることで嫌がらずに歯ブラシを受け入れてくれやすいです。

はじめはオモチャ感覚で歯ブラシを持たせてあげるのも良いかもしれません。

また、歯が生えてくる前から、ガーゼなどでお口の中を拭いてあげる習慣をつけておくのも非常に効果的です。

お口の中をキレイにする癖をつけておくことで、歯磨きをすることに対しての抵抗を少なくしてあげることに繋がるでしょう。

 

歯磨きをさせてくれたら褒めまくる

少しでも歯磨きをさせてくれたら、いっぱい褒めてあげましょう。

ちょっと大げさすぎるかなーと思うくらいに褒めてあげると良いです。

そしてママさんパパさんはすごく嬉しそうにしましょう。(実際に嬉しいと思いますし)

ママさんパパさんが嬉しそうに褒めてあげることで、赤ちゃんも嬉しい気持ちになります。

また、少し物事がわかるようになってきたら、歯磨きがしっかりできたことに対してご褒美を用意してあげるのも良い方法です。

好きなキャラクターのシールなどはすごく効果的ですよ。

 

ママさんパパさんも一緒に歯磨きをする

ママさんパパさんが一緒に楽しく歯磨きをしてあげることで、歯磨きは楽しいことだと認識させることができるでしょう。

また、赤ちゃんは好奇心旺盛でママさんパパさんの真似をすることが大好きですよね。

積極的に赤ちゃんの前で楽しそうに歯磨きをしている姿を見せてあげて、良いお手本になってあげましょう。

一緒に歯磨きをするときは、赤ちゃんの好きな歌などを歌いながらしてあげるのもかなり効果的です。

 

赤ちゃんの好きなぬいぐるみを使う

赤ちゃんのお気に入りのぬいぐるみを使うのも非常に効果的です。

ママさんがぬいぐるみを使って歯磨きごっこをしてみたり、パパさんもいる時であれば赤ちゃんとぬいぐるみとで一緒に歯磨きをさせてあげるのも良いでしょう。

これ、意外と効果抜群です。

赤ちゃんの好きなぬいぐるみやパペットをうまく使って、歯磨きがやりたくなる気持ちを誘発してあげてみてください。

 

好きなキャラクターの歯ブラシを与えてあげる

最近ではいろいろなキャラクターの歯ブラシがありますね。

赤ちゃんによって好きなキャラクターは異なると思いますが、今の時代、好きなキャラクターの歯ブラシが存在しないということはまず無いと思います。

薬局などになくても、ネットで探せばすぐに見つかるでしょう。

この方法は定番中の定番だとは思いますが、赤ちゃんには好きなキャラクターの歯ブラシを買ってあげてください。

好きなキャラクターの歯ブラシを見るだけで、歯磨きをさせてくれることもあります。

 

赤ちゃんが動きたがったらすぐにやめる

赤ちゃんが歯磨きをさせてくれた時、少しでも動きたい素振りを見せたらすぐに歯磨きをやめてあげましょう。

「後すこしで全部磨けるのにー」という時でも最後までやりたくなる気持はわかりますが、ぐっと気持を押し殺して赤ちゃんの好きにさせてあげましょう。

意地になってしつこく磨こうとしてしまうと、赤ちゃんが次から歯を磨かせてくれなくなる可能性があります。

ただ、言葉を少し理解できるようになり、ご褒美で誘導できるようになったら「あと少しでご褒美だよー」と言ってみて様子を見るのは良いかもしれません。

 

歯磨きをさせてくれない時は歯ブラシを変えてみる

赤ちゃんが歯磨きを嫌がる理由が、ブラシの質感であるときがあります。

現在歯ブラシには、毛先がやわらかいもの、おしゃぶりの形に近いもの、ブラシが360度ついているものなど様々なタイプがあります。

歯ブラシを口の中には入れてくれるが、磨くのは嫌がる!という場合は、一度歯ブラシを変えてみるのも良いかもしれません。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんが歯磨きを嫌がることは珍しいことではありません。

歯磨きを好きにさせるには、「どうやって楽しいイメージをつけるか」が最大のコツだと思います。

1歳半ごろからは虫歯菌が口の中に繁殖していくと言われています。

できるだけそれまでに、歯磨きに馴れさせてあげられると良いですね。

ただし、イヤイヤ期に入ってしまうと今回の記事で紹介したことがまったく通用しないこともあります。

イヤイヤ期は赤ちゃんならほとんどの子が通る反抗期に似た状態です。

その時期は歯磨きだけではなく何でもイヤイヤ言う状態になりますので、また違った対策が必要となってくるでしょう。

歯磨きは親と赤ちゃんの楽しいコミュニケーションの一つ考え、一緒に楽しくおこなっていきましょうね。

以上が歯磨き嫌がる時にできる対策方法に関する記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。