赤ちゃんの最初の歯が生えてくるのは生後6ヵ月頃です。

歯が生えてくると気になるのは「歯磨き」に関することですね。

赤ちゃんは歯磨きを嫌がる子が多く、根負けして「いつかはするだろうから、今は無理にすることないか」と歯磨きを断念してしまうママさんパパさんもおられるのではないでしょうか。

また、「本当に大丈夫なのかな?」と気になったから、この記事を読んでおられると思います。

この記事では赤ちゃんのお口ケアの必要性について見ていきたいと思いますので、今一度赤ちゃんの歯磨きについて一緒に考えてみましょう。

歯磨きをしていないのは危険?

疑問を抱く女性

昔は低年齢の子供がひどい虫歯になるという事態が多く見られました。

ですので歯磨きを嫌がる子供には、「抑え付けてでも歯を磨いてください」と言う歯医者さんは多かったようです。

まだ小さい子供だからといっても、泣く子を抑え付けるというのは保護者の方や歯医者さんにとっても容易なことではなく、また子供にとっても大きな負担となっていました。

ですが現代では、歯磨きを嫌がる赤ちゃん・子供に対して「歯磨きを嫌がる時に無理に磨こうとするのは逆効果ですよ」と言う歯医者さんも多くおられるようです。

これは赤ちゃんが一度「歯を磨く」ということに嫌なイメージを持ってしまうと、歯磨きを受け入れさせるのに余計に根気が必要になるからです。

またもう一つの理由として、昔と比べて今の赤ちゃん・子供の虫歯率が減少しているからという実情もあるようですね。

確かに歯磨きは虫歯のない歯を維持するのに大切なものなので、後々は習慣にしていく必要があります。

ですが近年、低年齢の子供の場合は歯磨きよりも食生活に気をつけたほうが虫歯になりにくいということがわかってきました。

「歯磨きは少しずつ慣らしていけばいい。それよりも食生活面でのコントロールを主にやっていきましょう。」という方向に変わってきているのです。

 

生えたての乳歯は磨く必要がない

CHECK

実は生後10ヵ月ごろまでの乳歯はまだまだ歯が弱い状態なので、あまり歯ブラシで刺激を与えてしまうのは好ましくありません

まだ歯が柔らかいので歯ブラシの刺激で不都合が起こることがあるのです。

また、生えたての短い歯をピンポイントで磨くことは難しく、歯ブラシで磨こうとすると歯茎に必ずあたってしまいます。

この頃の赤ちゃんの歯茎は非常にデリケートな為、歯ブラシの毛先は歯茎を傷つけてしまい細菌感染をしてしまうこともあります。

歯がある程度伸びて硬くなるまでは、ガーゼや綿棒を使ってお口の中を優しく拭き取るだけにしてあげましょう。

 

赤ちゃんの歯ブラシへの慣らし方

赤ちゃん 歯磨き

歯を磨かなくても歯磨きをするための予行練習を少しずつしておくと、いざ歯磨きをはじめようとした時に歯ブラシを受け入れてくれやすくなります。

最初はママさんパパさんが赤ちゃんの口の中を指で触ることから始めましょう。

できるだけ遊びながら触ってあげて、お口の中を触ることは楽しいこととイメージできるようにしてあげるのがコツです。

そしてガーゼや綿棒などでお口の中を掃除してあげて、お口の中をキレイにする習慣をつけていってあげます。

生後6ヵ月ごろからは実際に歯ブラシを渡して、とりあえずはお口の中に歯ブラシを入れることから始めます。

この時はまだ歯を磨こうとせず、オモチャ感覚で触らしてあげましょう。

そして歯ブラシは赤ちゃんが誤って喉を突いてしまわないように、ストッパーがついている歯ブラシを選んで買ってあげてください。

自分で歯ブラシを口に入れることができるようになれば、それだけで歯ブラシに対する抵抗感は少なくなるでしょう。

歯ブラシを口の中に入れることに慣れてきたら、赤ちゃんの機嫌が良いときに少しずつ歯に歯ブラシを当てる練習をしていきます。

こうして徐々に歯ブラシに慣れさせていくことで歯磨きへの抵抗はすくなくなり、歯ブラシの受け入れもスムーズになりやすいですよ。

 

おわりに

 

確かに歯磨きは虫歯予防をするのに必要で大切なものです。

最初はできるだけ食生活面で管理してあげながら、徐々に歯磨きに慣れていってもらいましょう。

赤ちゃん・子供が絶対に歯磨きを好きになる!というような方法はありませんが、できるだけ嫌がる気持を軽減させてあげることはできると思います。

年齢が1歳半をすぎたあたりから虫歯菌は子供の口の中で徐々に繁殖しはじめます。

そのころになるまでに歯ブラシに慣れることができたらいいですね。

できるだけ焦らず、ゆったりした気持ちで楽しく歯磨きを覚えていってください。

もう一度言いますが、大事なのは怒らずにママさんパパさんが一緒に楽しく歯磨きをしてあげることですよ。

以上が赤ちゃんの歯磨きの必要性についての記事になります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。