2017年6月10日に映画「22年目の告白―私が殺人犯です―」が公開となりました。

この映画では、初共演となる藤原達也伊藤英明のW主演が話題となっており、また監督には「ジョーカー・ゲーム」「SR サイタマノラッパー」を手がけた入江悠が監督を務めます。

 

時効を迎えた連続殺人犯による「告白」により、新たな事件が巻き起こっていく様子を描く本作ですが、この作品には原作があるようですね。

元となったのは2012年に韓国で公開された映画「私が殺人犯です」。

「22年目の告白―私が殺人犯です―」は、この韓国映画をリメイクし制作された映画となるようです。

W主演が注目となる本作ですが、今回は他のキャスト陣や簡単なあらすじについて紹介していきたいと思います。

 

 

あらすじ

 

 

1995年に阪神大震災と地下鉄サリン事件の混沌で起こった同一犯による5件の連続殺人事件が日本中を震撼させた。

殺害方法は決まって背後からの絞殺。

犯人はどの事件でも被害者と親しい者に殺す瞬間を見せつけるが、目撃者を殺さずに犯行の一部始終をメディアで証言させえるというような、独自のルールのもと犯行を重ねていく。

この犯人の異常で挑発的とも言えるルールにより、瞬く間に世間の注目をあびることとなる。

そしてこの連続殺人事件を担当したのは牧村航捜査官。

牧村の熱心な捜査活動により、犯人をあと一歩というところまで追い詰めるも、犯人の仕掛けた罠にはまってしまい打ち負かされたあげく、上司を殺されてまう。

そして捜査もむなしく、事件は時効迎えてしまう。

事件から22年後のある日、日本中を震撼させる一冊の本が出版される。

それはなんと95年に起こった連続殺人事件の犯人と名乗る男が書いた手記「私が犯人です」という本だった。

そして出版記念会見に堂々と姿を現したのは、曾根崎と名乗る男。

かつての異常な手口、ルールのもと行われた連続殺人事件の犯人と名乗る人物が発表した本にマスコミや世間は注目し、曾根崎は時の人となっていく。

そしてこのことがきっかけに新たな事件が巻き起こっていく。

 

 

「22年目の告白―私が殺人犯です―」のキャスト一覧

 

 

曾根崎 雅人

演:藤原 竜也

 

曽根崎雅人は22年前に起きた連続絞殺事件の犯人を名乗り、「私が犯人です」という本を発表した人物。

この曽根崎雅人の役を演じるのは、これまでにも数々の映画作品に出演し、「バトルロワイヤル」「デスノート」などで主演を務めた藤原竜也さんです。

その高い演技力から定評がある藤原竜也さんだけに、今回の「犯人と名乗る男」という役をどのように演じるか楽しみですね。

また、伊藤英明さんとの初共演に関して藤原竜也さんは

「伊藤さんとは、共演が初めてですのでとても楽しみです。
対峙し合う真逆のキャラクターを演じますので、刺激を受けながら俳優として良い関係性を築きたいと思っております。」とコメントされています。

 

 

牧村 航

演:伊藤 英明

 

今回、藤原竜也さんとは初共演となる伊藤英明さん。

これだけいろいろな映画に出ているお二人なだけに、初共演というのは意外ですね。

伊藤英明さんというと「海猿」をイメージされる人も多いと思うのですが、2012年に主演を務められた「悪の教典」では、今までのイメージとは違うキャラの熱演に驚かされましたね。

今回は刑事役を演じることと藤原竜也さんとの共演について伊藤英明さんは

 

「時効を迎えてしまったという刑事の無念さを表現していきたいと思います。
今回初めて共演する藤原竜也さんをはじめ素晴らしいスタッフと共に良い作品作りをしていきたいと思っています。」とコメントされています。

 

 

岸美晴

演:夏帆

 

岸美晴は22年前、5歳の頃に連続殺人犯によって父親を殺された女性。

月日が立ち、時効を迎えたことで警察に捕まえられなくなったことを悔やみ、曽根崎を憎む人物。

この岸美晴の役を演じるのは、女優・タレント・ファッションモデルとして活躍されている夏帆さんです。

夏帆さんは本作の監督である入江さんと以前にもドラマで一緒に仕事をしたことがあるようで

 

「入江さんとは、以前ドラマでご一緒したときから、いつかまた、今度は映画でお仕事がしたいとずっと思っていました。
なので今回、念願叶って、というわけです。
役柄上、はしゃぎだしたい気持ちをおさえながらも、入江さんの何気ない一言にハッとなる瞬間がたびたびあり、とても充実感のある現場でした。」とコメントされています。

 

 

小野寺 拓巳

演:野村 周平

 

小野寺拓巳は伊藤英明さんが演じる牧村航の妹(里香)と交際している男性。

22年前に起きた阪神淡路大震災で家をなくし、住むところを求めて里香の兄である牧村航のアパートへやってきた。

震災の時の悪夢が忘れられず精神状態が安定しない里香の支えになり、将来的には里香と一緒になることを考えているのだが…。

 

牧村航の妹の恋人である小野寺拓巳の役を演じるのは俳優として活躍されている野村周平さんです。

野村周平さんは「ビリギャル」「ちはやふる」などの映画出演が記憶に新しいイケメン俳優ですね。

今回「22年目の告白」の出演について「藤原さんや伊藤さんをはじめとする先輩方と一緒に作り上げた作品をぜひ楽しみにしていてください!」とコメントされています。

 

 

牧村 里香

演:石橋 杏奈

 

牧村里香は牧村航の妹であり、唯一の家族。

22年前の阪神淡路大震災の恐怖が月日がたった今も忘れられず思い出してしまいます。

恋人である小野寺には結婚を求められているが、「自分だけが幸せになっていいのか」と思い悩んでいる。

牧村航の妹、里香を演じるのは、女優・タレント・ファッションモデルとして活躍されている石橋杏奈さんです。

石橋杏奈さんは映画「Heart Beat~ハートビート~」や「ゆめのかよいじ」で主演を務め、今回は主要人物の妹役を演じます。

石橋杏奈さんは本作の出演について

「今はまだ言えないようなハードな撮影の連続でしたが、私自身、毎回現場に行ってお芝居するのが楽しかった作品です。
きっとスリルいっぱいの作品になっていると思います。
私も楽しみです。」とコメントされています。

 

 

春日部 信司

演:竜星 涼

 

春日部信司は牧村刑事の部下であり、警察署組織犯罪対策課の刑事。

すぐにカッとなり頭に血が上りやすいまだ若い刑事ですが、牧村とはコンビを組んむことが多く、牧村を尊敬しています。

この若い熱血刑事を演じるのは、俳優として活躍されている竜星涼さんです。

 

竜星さんは特撮ヒーローものである「獣電戦隊キョウリュジャー」での「キョウリュウレッド」役の出演をはじめ、映画「シマウマ」や「泣き虫ピエロの結婚式」などで主演を務めた実力派俳優です。

今回この刑事役としての出演について竜星さんは

「熱い夏にあつい男を作っていきました。
常にバディとして一緒のシーンが多かった伊藤英明さんには、主役としての責任感や役に対する向き合い方など沢山の事を学ばさせて頂きました。」とコメントされています。

 

 

戸田丈

演:早乙女 太一

 

戸田丈は暴力団橘組の組員で顔面ピアスだらけだが、橘組が運営する喫茶店で働く男。

またこの戸田丈という人物は22年前の事件に深く関わりを持っている。

この役を演じるのは、俳優である早乙女太一さん。

早乙女さんは過去に「クローズEXPLODE」「HiGH&LOW THE MOVIE」などの映画にも出演されていますね。

また入江監督とは一緒に仕事をすることが多いようですが、いつも走っている役をされているようで

「入江監督から求められていることは、もしかしたら芝居ではなくて俺の脚なのかなと(笑)」

というようなコメントをされています。

 

 

滝幸宏

演:平田 満

 

滝幸宏は牧村刑事の元上司で、曽根崎が起こしたとされる事件(現時点)の最後の被害者。

牧村刑事の妹である里香とその恋人が次に犠牲になる標的なったことに気づき、牧村とともに助けに向かうのだが、そこには衝撃のラストが待っていた。

この役を演じられたのは、ベテラン俳優の平田満さんです。

平田さんはよくサスペンスドラマ、刑事ドラマなどに出演されているイメージがありますね。

今回もサスペンス映画での刑事役のようで期待できそうです。

 

平田さんは今回の出演について

「撮影は夏でしたが、いやぁよく走りました!刑事ものってこれだよなぁ、と思って若い気で
全力疾走しました。
ところが哀しいかな年ですね、
何日間か走ってるうちに頑張りすぎて肉離れを起こしてしまいました。
実は短い場面なんですが、どこで肉離れを起こしたか当ててみるのもおもしろいかもしれませんよ。」とコメントされています。

 

 

山縣明寛

演:岩松 了

 

山縣明寛は共立中央病院で院長を務める人物。

曽根崎に最愛の妻を殺された過去を持っています。

殺人犯を惑わせるために警察により妻の殺害を隠され、そのことが原因で新たな被害者を生んでしまいます。

こちらの役は俳優である岩松了さんが演じられます。

岩松さんは以前にも入江監督が手がけた「サイタマノラッパー2」に出演されているようですね。

今回の出演について岩松さんは

「入江監督と久しぶりにご一緒できて嬉しかったです。
撮影中はなんと言っても雨の中のシーンが大変でした!
縛られてて動けないし、暑い日だったのに最後は震えが止まりませんでした。」とコメントされています。

 

 

橘大祐

演:岩城 滉一

 

橘大祐は暴力団橘組の組長を務める人物。

22年前に連続殺人犯により最愛の妻と幼馴染のホステスを殺され、彼もまた連続殺人犯を追い詰めようとする一人である。

 

この役を演じたのは、ベテラン俳優の岩城滉一さんです。

この方は組長役がすごく似合いますよね。かっこいい方です。(個人的意見)

今回の出演について岩城さんは

「95年の連続殺人事件で大切な人を奪われた男、橘大祐を演じさせて頂きました。
犯人への抑えきれない復讐心を持ち続けて生きてきた男です。」とコメントされています。

 

 

仙堂俊雄

演:仲村 トオル

 

仙堂俊雄は報道番組「NEWS EYES」のメインキャスターを務める男。

彼も曽根崎を追う人物の一人で、時効により法律で裁くことのできなくなった曽根崎をメディアの力を使い裁こうとする。

この役を演じるのは、俳優の中村トオルさんです。

中村トオルさんも刑事ドラマなどによく出演されているイメージですが、今回は報道番組のキャスター役で犯人を追いつめます。

今回の出演について中村トオルさんは

 

「撮影は、いろいろな意味で難易度の高いものでしたが、結果、クオリティーの高い作品になったと思います。
是非、また入江組に参加したいです。」とコメントされています。

 

 

おわりに

 

 

今回この「22年目の告白―私が殺人犯です―」に参加されたキャスト陣は、「藤原達也」さん「伊藤英明」さんをはじめ、経験豊富で実力のある俳優さんやベテラン俳優さんが多く見られますね。

サスペンスのような「雰囲気がものを言う」という映画やドラマでは、出演されている方々の演技力は必須だと思います。

本作ではこのように実力派俳優さんの方々が集まったことから、非常に期待できる作品になっているのではないでしょうか。

今、上映中の映画「22年目の告白―私が殺人犯です―」。

気になりましたら、ぜひ観に行ってみてください。