勾配とは斜面の程度、つまり傾きのことを言います。

また、建築物でバイアフリー設計をするにあたり、スロープの勾配(傾き具合)はバイアフリー法で定められている基準があります。

ご家族に車椅子に乗っている方がおられる場合は、この基準を知っておくと何かと便利な時もあります。

この記事では車椅子のスロープの勾配、建築基準法についてお伝えしていきたいと思います。

 

バリアフリー住宅での定められた勾配

 

建物でバリアフリー設計をする場合、車椅子を使用する高齢者や障碍者が円滑に移動できるようにバイアフリー法で定められた基準があります。

また、それは屋内と屋外では基準が異なります。

 

法律で定められた屋内での勾配は「1/12(12分の1)」を超えないこと。

法律で定められた屋外での勾配は「1/15(15分の1)」を超えないこと。

法律で定められた高さが16㎝以下の場合の勾配は「1/8(8分の1)」を超えないこと。

 

このようになっています。

そしてそれ以上の勾配があるスロープについては、手すりを付けることが法律で定められています。

ですが、いきなり1/12(12分の1)や1/15(15分の1)と言われても「訳が分からない!」という人がほとんどなのではないでしょうか?

では次にスロープの勾配の計算の仕方について見ていきましょう。

 

スロープの勾配の計算方法

 

では先ほど見ていただいた法律で定められた勾配「1/12(12分の1)」の場合で見ていきましょう。

1/12の勾配をわかりやすく説明すると

 

12㎝進むごとに高さが1㎝上昇、または下降する。

また、12m進むごとに高さが1m上昇、または下降する。

 

単純に表すとこのような計算になります。。

ですので、

 

6㎝進むごとに0.5㎝(5mm)上昇・下降

または6m進むごとに0.5m(50㎝)上昇・下降

 

このような場合も1/12となります。

ちなみに角度で表すと「4.76度」言われていますね。

 

スロープがあるから車椅子が利用できると決めつけてはいけない

 

車椅子に乗りなれている方であれば、「1/12」や「1/15」の勾配は問題なく走行可能だと思います。

ですが実際、高さが16㎝以下の場合で認められている「1/8」の勾配(上りの場合)は結構傾斜があるので、走行するのは慣れている方でも少々キツイかもしれません。

助走をつけてなんとかいけるかなーといった感じです。

ですが無理をしてしまうと転倒などの事故が起きる危険性もあります。

勾配がきつい場所はできるだけ、誰かに手伝ってもらいましょう。

 

あと一つ気を付けていただきたいことが、車椅子に乗っていない方は車椅子が利用可能な勾配を分かっていない場合があります。

例えば勾配に関係なくスロープがあれば車椅子は利用できるだろうと思っている人がいるのです。

実際に一人で出かけようと思った時、目的地の施設などに事前に電話して「車椅子はいけますか?」と尋ねて「いけますよ」と確認をとり、いざ現地へ行ってみると一人では到底上がれないような勾配だったということは結構あるようです。

ですのでそのような場合は、「介助者がいなくても一人で走行できる程度の勾配(傾斜)ですか?」と聞いてみると良いかもしれませんね。

 

おわりに

 

以上が車椅子の勾配に関する記事となります。

最近では介助者が一緒であれば使える持ち運びのできるスロープなどもあるようで、車椅子を利用している人にとって便利な世の中にはなってきていると思います。

ですが、車椅子の方が上れないようなスロープがまだまだ目立つのも実情ではないでしょうか。

できるだけ危険と思ったときは周りの人に助けてもらって安全に走行しましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。