白内障とは眼の中にある水晶体が白くにごる病気で高齢者に多く、近ごろは「80歳までにすべての人がかかる病気」と話題にもなっています。

発症する可能性は中年にさしかかる頃から始まり歳を重ねるとともに増えていきます。

40代では約4割、50代では6割以上、60代では7割以上、70代で8割以上の方が発症し、80代以上になるとほぼ全員の方が何らかの白内障を発症しています。

また女性に多く見られ、なぜ女性の方の発症率が高いかは現在、医学上では説明できないとされています。

 

白内障の症状とは

 

・目のかすみ

・明るいと場所だとまぶしくて見えにくい

・今までの眼鏡をかけても見えにくくなった

・視力が落ちてきた
このような症状が主なものです。

原因ですが、眼の中にある本来は透明だった水晶体が白くにごり光の乱反射を引き起こしたことによるものです。

白内障が進行していくと視力そのものが低下していき失明にいたるケースもあります。

目のかゆみや痛みといった眼そのものに感じる症状は白内障とは無関係です。

 

白内障による症状はどうやって発症するのか

 

まずは眼と水晶体の説明をいたします。

水晶体とは、眼の黒い瞳の中にあり直径約10ミリ、厚さ約3ミリの大きさをしており円形かつ透明な凸レンズ状の組織です。

人間の眼を、普通のカメラとしてイメージすると水晶体は眼でレンズとしての働きをしています。

レンズとしての水晶体が、毛様体筋という周りの筋肉の動きで厚くなったり薄くなったりすることによって、眼球の後ろにある網膜上にピントを合わせます。

白内障はこの水晶体が白くにごることで発症します。

 

水晶体はなぜ白く濁るのか

 

水晶体を構成しているタンパク質に何らかの変化がおこり白いにごりが出てくるようです。

組織の酸化によるものではと言われています。

この疾患はまだ明確になっていないのが現状ですが、高齢化による新陳代謝の低下組織そのものの劣化があるのではと考えられています。

白内障の分類で述べていますが、原因はさまざまです。

 

白内障の種類とは

 

白内障の分類で、進行度や処置が違ってきます。

進行度による分類として。

 

初発白内障

 

初発白内障は、初期の白内障です。

水晶体の外側にある皮質の部分に少しだけ白いにごりが生じている状態です。

水晶体の周辺が少し白いだけなので、見え方にほとんど影響はなく自覚症状を感じることはまれで、視力の低下もない状態なので検査するまでわからない事が多いです。

 

未熟白内障

 

未熟白内障は、白いにごりが水晶体の外側から広がり内側におよび、中心部の核にまで達する状態です。

視界のかすみ、ぼやけ、二重に見えるといった自覚症状があらわれてきます。

この時点で眼科を受診し、発見されることが多いです。

そして日常生活に不具合があれば、医師と相談し手術をおこなうことを検討するでしょう。

 

成熟白内障

 

成熟白内障は、白くにごる症状が水晶体全体にあらわれている状態です。

ここまで進行すると、他人が白内障患者の眼を見ても瞳の中心部である瞳孔が真っ白に見えます。

視界が白いもやにつつまれたようになるだけではなく視力の低下が著しくなります。

もしこの状態で手術をせずに、成熟白内障が進行してしまうと水晶体がどんどん大きくなっていきます。

大きくなった水晶体は眼球内を圧迫します。

その結果眼圧が高くなり、眼の後ろの網膜側にある視神経乳頭を圧迫してしまうことによって緑内障になる可能性があります。

緑内障になると、視野が欠けたり狭くなったりしてしまいます。

そうならないように、対策を立てるべきです。

 

加熱白内障

 

加熱白内障は、白内障が進行した最終段階です。

水晶体が真っ白になった状態で、視力もほとんどなくなります。

これは失明する一歩手前で、前段階である成熟白内障で大きくなった水晶体は今度は小さくなり、さらに硬化していきます。

そして水晶体が固くなることによって、水晶体の核を砕いて取り除くという本来行われている手術ができなくなります。

 

白内障のにごりはじめる部位による分類

 

皮質白内障

 

皮質白内障は、水晶体の外側にある皮質から徐々に白くにごりはじめる白内障で、ほとんどの人がこのケースです。

皮質がにごっても、水晶体の外側なので自覚症状はほとんど無く、進行度としては初発白内障にあたります。

 

核白内障

 

核白内障は、水晶体の中心部から、白くにごりはじめる白内障です。

水晶体の中心部には核があり、その部分が赤茶色になってくるために視界が赤茶っぽく見えます。

また、近くが見やすくなることもありますが目が良くなったわけではないので注意します。

 

後嚢下(こうのうか)白内障

 

後嚢下白内障は、後嚢とよばれる水晶体を後ろ側で包んでいる袋があり、この水晶体の背側で後嚢と接している部分から白くにごってくる白内障です。

この、後嚢下からにごりはじめる白内障は周辺からではなく、中心部からにごりはじめるために進行が早く自覚症状も早くあらわれます。

また視力が早く落ちるのが特徴です。

他の病気が原因の合併症からの白内障やステロイドが原因の白内障などに多いとされています。

 

原因で分類

 

一般的に白内障といわれているものが加齢性白内障です。

白内障の中で一番多く、およそ9割を占め、加齢によって発症します。

高齢になるほど発症率があがり、そして誰にでもなる可能性がある白内障でその他として、合併症や後遺症にともなう白内障もあります。

アトピー性皮膚炎や糖尿病、風疹の後遺症や眼病の後遺症眼の怪我のあとでもなることがあります。

ステロイドのような薬の副作用や放射線を大量に被ばくした場合でも可能性があります。

 

白内障の診察と検査とは?

 

白内障の検査は眼科医が細隙灯顕微鏡で水晶体を診ることで行われます。

これは暗い診察室で台に顎をのせ、顔を固定し眼に光を当てる検査です。

眼科を受診した場合は、たいてい行われる検査ですので思い当たるのではないでしょうか。

水晶体の状態は、この検査で判明できまた、視力の低下の有無を調べる視力検査も行われます。

視力の低下があれば、進行度の判断に関わってきます。

 

白内障の治療について

 

初期の白内障であれば、投薬治療で進行を遅らせることが可能です。

ただし白くにごった水晶体を元の透明な状態に完治させることはできません。

この場合は医師の指示通りにきちんと点眼薬を点眼する必要があります。

また、加齢とともにどうしても病状は進行していきますので定期的な経過観察が必要です。

初期以降の白内障であれば、手術が行われます。

 

 

白内障の手術

 

 

白内障の手術は、眼内レンズとよばれる人工の水晶体を白くにごった水晶体を取り出したあとの場所に入れる事になります。

まず細い管を眼に刺し、水晶体を超音波の振動で壊し吸引します。そのあとに眼内レンズを挿入します。

眼内レンズはバネのような構造をもち、水晶体のあった場所の中心におさまるようにできています。

手術といっても、難しいものではなく、日帰りで20分程度の短時間で終わります。

たいていは目薬による麻酔で十分ですし痛みもほとんどありません。

両眼とも白内障を発症している方は、おそらく片眼ごとの手術になるでしょうが、両眼を同時に行うのも可能です。

不具合の可能性を考慮し片眼ごとの手術を医師もすすめてくるでしょう。

なお眼内レンズを入れたあとは、水晶体の時とは違い、ピント調節ができなくなります。

眼内レンズによって見えやすい距離や機能が違います。

よって自身の生活環境や習慣を考慮し、眼科医と相談しながら決めることになります。

今はさまざまな眼内レンズがあり、素材や機能がちがっています。

まずは単焦点眼内レンズが保険適用されているので第一選択肢になるでしょう。

乱視矯正用眼内レンズもあり乱視を矯正できるものです、これも今では保険適用されています。

また多焦点眼内レンズはいろいろありますが、現在日本では2焦点のタイプが主流です。

近い場所にピントが合うポイント、遠い場所にピントが合うポイント!この二つの焦点を持っています。

イメージとしては遠近両用メガネでしょうか。

これは保険適用外なので、相応の出費になります。

そしてトラブルが発生した場合は自己責任となってしまいますので、もし希望する際は必ず医師と相談のうえ決めるべきです。

 

白内障の手術後は

 

白内障の手術は日帰りで終わる簡単なものですが、手術後にはさまざまな注意点があります。

日常生活に制限がかかるものもありますが眼の手術のあとはきちんとフォローしないと肝心の見え方に影響が出る可能性がありますので絶対に守ってください。

特に眼を押さえつけるのは厳禁です。

術後一週間で日常生活に対する制約はなくなり普通に過ごせるでしょう。そして3ヶ月ほどは毎日の点眼や定期的な診察があります。

 

白内障を予防するには

 

白内障は加齢とともに進むもので予防策は万全なものではなく進行や発症を遅らせる効果しか望めません。

白内障は水晶体が白くにごることで進行しますが水晶体が白くにごるのは、水晶体の細胞内で酸化作用がおこり組織が変性することによっておこるとされています。

強い放射線が影響を与えるのはこのためです。

同様に強い紫外線も影響を与えていると考えられています。

よって強い紫外線を眼に入れないようにすることは予防に繋がる可能性があります。

また歳をとるごとに生活習慣病も増えていきますが、糖尿病などは白内障の発症リスクを高めるものでありまたストレスや乱れた生活環境、不健康な食生活も
体内での酸化作用の要因です。

つまりは健康的な生活を目指すことが白内障のみならず他の病気の予防にもつながります。

お年寄りはもちろんですが、中年に差し掛かったらこのようことを意識してみてはどうでしょうか。

 

おわりに

 

白内障は高齢になれば、誰でも発症する可能性のある病気です。

悪化すれば失明にいたる可能性もありますがその前に発見し治療すれば大丈夫です。

白内障を診断する検査は簡単ですし、手術も安全とされています。

気になる方は定期的に検査をすることをおすすめします。

またメガネやコンタクトレンズを作るときにも眼科であれば検査するはずなので眼科の診療所やクリニックで気軽に相談してみましょう。